ここから本文です

アウトドアブランドの順位

kongetuokさん

2013/11/1301:40:14

アウトドアブランドの順位

世界にはさまざまなアウトドア(系)ブランドがありますが、ブランドの価値、順位はどんな感じでしょうか?
イメージで構いません。みなさんの回答お待ちしております。
各ブランドのイメージやコンセプト、登山などでの人気なども教えて頂けるとうれしいです。
適当に思いついたブランドを書き留めておきますが、こいつは加えるべきだろうというものがあれば教えてください。

順不同
Phenix
patagonia
MAMMUT
patagonia
NORTH FACE
mont-bell
HELLY HANSEN
Moutain Hard Gear
Marmot
Columbia
deuter
GREGORY

あくまで僕個人のイメージとしては、
コスパ重視→モンベル
おしゃれ系→ノースフェイス
高性能高価格→ヘリーハンセン
もしかして自転車好き?→ドイタ―
もしかしてスキーヤー?→フェニックス
ワンポイントに→コロンビア
玄人→マウンテンハードギア

こんなとこです。回答お待ちしています。

補足マウンテンハードウェアですね。これは失敬。
いくつか補足しておきます。
当方登山はしませんが、標高800m近くに住んでいるため今年はちょっといいものを買おうかな(普段着で)と思って質問しました。
ヘリーハンセンは、ヨットをやっている友人がお勧めしたので書きました。
この中では、モンベルとドイタ―、グレゴリーは使ったことがあります。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
224,262
回答数:
10
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/11/1423:01:27

いや、もう、根本的な話なんだけど、その会社が最初に始めた(最初に売り出した)物が何かを調べればおのずと答えはでるわけですが・・

例えば、町中の高級ブランドのエルメスは言わずと知れた、皮のなめしです。
エルメスはスカーフからペンにいたるまで様々作っていますが、初期のそれが一番の強みです。

どんなメーカーにおいてもそうです。
ブランドの名前が売れて、あれもこれも手を出すと、アホな人はブランド名だけで買って優越感に浸る。
でも、実際には帰納的に劣るという事実に気付かずに居る人もいるようですが・・。


ヘリーハンセンは海上での防水、防寒着からスタートしたメーカーです。
つまり、それこそが世間から認められて、売れて、会社が拡大したわけです。
それ以降に出した同ブランドの他製品というのは機能性ではなく名前で売れたわけです。

山の強い風雨と、海の強い風雨はまるで違います。
海では波に打たれますから、それこそびしょぬれ、まるでプールに服ごと入るようなものです。
でも、山でそういった体験はまずないでしょう。ですから、用途の違うものに飛びついたところで、
紳士靴メーカーのスポーツ靴でサッカーをやるようなものです。ボールをけるために作った靴でないとうまくボールは飛ばないのです。

グレゴリーはバックパック(つまり、リュック)のメーカーです。
ノースフェイスは雪山を想定したダウンジャケットや寝袋のメーカーです。

イメージ先行で機能性や専門性のない物を選んで、したり顔するのははっきり言ってアホですよ。
金がなくて仕方なくというのならまだわかりますが、何も調べずに有名ブランドに走るのはただのミーハーですし、
使いこなすのは無理でしょう、そういうのは豚に真珠って言うんですよ。
よく町中でそういうアホを見かけるものです。

物はTPOを守ってこそ初めて最大限の力を発揮するのです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「アウトドアブランド」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ooyamadaaさん

編集あり2013/11/1619:14:31

お聞きの「ブランドの価値、順位」からは離れますが・・
友人がそんな感じの標高の所に住んでおり、そこを訪ねる私は手持ちの山着がちょうどいいので最近はそればっかりになっておりまして、ご事情理解できます。

アイテムによるかとは思いますが
山に強いメーカーですと、動きやすくて重ね着に向いており携行に優れてもいますので(軽い)、いいかもしれませんね。
この間会ったその山域にお住まいの方の部屋着は、R2(パタゴニア)にウールの靴下でしたよ。(山歩きはした事ないそうです)

zenith0555さん

2013/11/1320:40:03

書きだすとキリが無いので、ウェアやバックパック類に絞って書きます。あと、あくまで自分の見識です。

北欧勢:過酷な環境ゆえに質実剛健なものが多いが、それでいて洗練された北欧デザインを持ち合わせている。
HOGLOFS:北欧の老舗総合登山用品メーカー。
NORORA:日本に進出してきたのは去年なので、知名度は低いが、北欧の大手登山ウェアメーカー。
Peak Performance:北欧の総合ウェアメーカー。

欧州:特にヨーロッパアルプスを抱える国は優れた製品を生み出してきた老舗メーカーが多い。
berghaus:イギリスの老舗総合登山用品メーカー。舶来品の中では比較的値段が安いように感じる。
Rab:イギリスの登山用品メーカー。元はダウン製品の製造から始まった。
karrimor:イギリスの老舗パックパックメーカー。欧州ではdeuterと並ぶ位らしい。
NONTURA:イタリアの登山ウェアメーカー。
TATONKA:ドイツのバックパックメーカー。ドイツらしく、質実剛健な造り。日本での販売価格は思いのほか高くないように感じる。
MILLET:フランスを代表する総合登山用品メーカー。国家認定ガイド協会ご用達のブランドだったはず。

アメリカ・カナダ:言わずと知れたアウトドア大国。
Marmot:元はダウン製品から始まったアウトドアメーカー。世界に先駆けてアウトドアウェアにゴアテックスを採用した。
MOUNTAIN EQUIPMENT:ここもダウン製品を得意とするメーカー。
ARC'TERYX:カナダの登山用品メーカー。日本では高級登山ブランドというのが一般認識。値段は高いが、それに釣り合う機能とのこと。
OUTDOOR RESERCH:アメリカの登山ウェアメーカー。
OSPREY:自分の中ではGREGORYと並ぶバックパックメーカー。

オセアニア:高い山が無いので、登山用品メーカーは少ない。
macpac:ニュージーランドのバックパックメーカー。アズテックと呼ばれる独自繊維を使った製品作りで有名。

日本:
fine truck:某大手登山用品メーカーの技術者の方が立ち上げた会社。これまでとは異なるアプローチで登山用品造りに挑む姿勢が好きで、愛用しています。ネックは値段が高いこと。
mizuno:一般的には総合スポーツ用品メーカーというイメージが強いが、実は昔から登山用品も作っていた。最近になって、再びラインナップを拡充中。モンベルよろしく、こちらもコストパフォーマンスが良いので、愛用しています。

自分は値段に見合うだけの機能(加えるならデザインも)を備えているかどうかで判断します。

2013/11/1320:14:47

こう言う質問する人はだだのミーハー野郎だな!!
ブランドに順位など着けても何の意味も無いが?
商品の値段が高ければ品質が良いとか使い易いと言う訳では無い。

haru_no_kumaさん

編集あり2013/11/1421:16:40

登山は遊び・趣味なのでコストパフォーマンスはあまり気にしません。
気に入ったらどこのブランドでも買ったらいいと思います。
挙げられているメーカーはどれも大手の有名なとこなので好きなのもあれば話にならないのも多いです。
ブランドで買うのは間違いでよく素材を見て買うのがよいです。
メーカーで選ぶと騙されます。情弱です。

普段着でアウトドアの服を着るなら体を鍛えないと似合わないですよ。

babinchomanさん

編集あり2013/11/1313:23:50

アウトドアブランドと言っても、カテゴリーが様々で、ひとくくりには考えてられません。順位も明確にはありません。
上州屋で売ってるのも、石井スポーツで売ってるのも、スポーツデポで売ってるのも、アウトドアブランドですからねぇ。

>コスパ重視→モンベル
日本のブランド。だから安くできている。

>おしゃれ系→ノースフェイス
TNFはかなりガチな登山ブランドですよ。

>高性能高価格→ヘリーハンセン
登山には適しません。海の物。

>もしかして自転車好き?→ドイタ―
わりと合ってます。質実剛健なザック屋さん。

>もしかしてスキーヤー?→フェニックス
テニスもやってるよ。登山ではグレード低い用品。

>ワンポイントに→コロンビア
街のオシャレ着

>玄人→マウンテンハードギア
マウンテンハードウェア?玄人は他にも着ますよ。わりと新しいブランドだし。


登山用品のブランドを実際に考えるなら、神保町を1日かけてじっくりと歩く事ですね。
また、特定の道具、用途に絞らないとキリがないです。

石井スポーツ行ったら、知らない世界が待ってますよ(笑)
パイネ、テルヌア、メスカリート、AKU、ICIオリジナル・・・
ミズノだっていいもの出してますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。