ここから本文です

顔の脂は水でこまめに洗うかティシュなどでふきとるかどちらがいいですか また、...

hijoooo89さん

2007/5/2420:43:47

顔の脂は水でこまめに洗うかティシュなどでふきとるかどちらがいいですか
また、水で洗ったとしても余計な皮脂まではおちないですか

閲覧数:
2,637
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cobratakumaさん

2007/5/2420:53:58

今、若い女性を中心に、あぶらとり紙を愛用する人が増えている。あぶらとり紙は、ほぼ正方形で手のひら大の薄い紙。化粧を落とすことなく顔の脂を取り除ける、なかなかのすぐれものだ。
 あぶらとり紙は、今から90年ほど前、京都の化粧小物の老舗「よーじや」で生まれたといわれている。
「あぶらとり紙が生まれたのは先々代の時代。芝居の役者に『ドーランを塗ると顔に脂が浮いて困る』と相談を持ちかけられて、脂を取るための紙を提供したのが始まりです」(よーじや・海東忠彦さん)
 もともとあぶらとり紙は、金箔を薄く打ち延ばす際に、金箔を挟む金箔打紙として使われた和紙。寺社が多い京都では、建物の装飾などに使用するため金箔の需要が高く、金箔打紙も豊富にあった。この金箔打紙は、布などに比べて繊維が細かく、吸収力が高いため、脂だけをきれいに取るのにうってつけだったのだ。
 とはいえ、当時のあぶらとり紙は、顔全体を覆うほどの大きさ。利用する人もほとんどが役者だった。しかし1921年、手帳ほどの大きさに裁断したあぶらとり紙を発売。すると、携帯にも便利になり、役者だけでなく舞妓や芸者など花街の女性たちの間にも広まった。その後改良を重ね、現在の使いやすい手のひら大になった。
 それからしばらくは、ごく一部の人に愛用されていたにすぎなかったが、1990年代の初めに、雑誌やテレビで取り上げられ、人気に火がついた。この頃、若者の間で、清潔さや美しい肌であることが注目され始めたことも関係しているだろう。顔の脂はニキビや吹き出物の原因にもなる。だから、脂浮きした肌を嫌悪する若者たちがあぶらとり紙に飛びついたのだ。
 この思わぬ流行により、発祥の店「よーじや」の来客数は、以前の10倍以上に跳ね上がり、京都の土産物としても大人気。大手化粧品メーカーも追随し、今では男性向けの商品も販売されているほど。きれい好きの日本人に合ったあぶらとり紙は、単なる流行を超えて、暮らしに欠かせないものとして定着しつつあるようだ。

化粧くずれの度にファンデーションを重ねるとよけいにきたなくなってしまいムラ焼けや、肌荒れの原因になります。洗顔をしてつけ直すのが一番ですが、お出かけ先ではなかなか難しい。そんなときに簡単で尚且つきれいに仕上がる方法があります。まず化粧は落とさないで 1..顔の脂を押さえとる 2.「明」を数滴化粧くずれの部分にピタピタとつけてなじませる 3.パウダーを軽く押さえる。「明」は小さなポリ容器に入れていつもポーチに入れておくと便利。簡単に化粧直しができ、まだらにならず綺麗に仕上がります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2007/5/2420:56:15

どちらもあまり落ちないような気がしますが・・・
あんまりこまめにおとすのもよくないでしょうが、余計な皮脂を落としたいんだったら、あぶらとりがみがいいと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

arinana22さん

2007/5/2420:46:32

佐伯チズさんが、ティッシュで脂を取ると
水分まで奪われてカサつきの原因になると仰っていたので
洗うほうがよいのかなって思います。

洗いすぎなければ必要な皮脂を落としてしまうことはないと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する