ここから本文です

右胸の内側にしこりをみつけて、今日乳腺外科に検査に行ってきました。検査は、超...

karikari319さん

2007/6/1519:51:45

右胸の内側にしこりをみつけて、今日乳腺外科に検査に行ってきました。検査は、超音波だけで、先生がしこりの影?を見て これは、まずガンのしこりということはないですね~と言いいました。

念のため絶対にガンではないですか?と聞いたところ絶対とは言えないですが、ガンのしこりは下の方にいびつな形で、うつりますが、あなたのは横にまるくなっているので、これは まずガンである可能性はほとんどないですよ、と言われました。マンモグラフィーの必要はないとのことでした。3ヶ月後にもう一回診せに来るようにということで、予約をして来ました。 安心はしたのですが、なんとなーく少し心配なような。。。みなさんの意見をお聞かせください。

補足みなさん、とても良い回答ありがとうございます。とても参考になり、どの方の回答も親身になってくれていて、感動しました。どの方のもベストアンサーです!

閲覧数:
42,979
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

karimero0301さん

編集あり2007/6/1523:02:37

乳腺の専門医がそう仰っているのですから安心していいと思います。

私も左胸に数年前からシコリがあり(触った感じでは境界線のハッキリしたコリコリしたものです)
自分では境界線が明瞭でいびつでないものは良性の腫瘍だと聞いていたので安心して病院に検査に行ったのです。
(実は乳癌検診は一度も受けていなかったのでそれまで放っておいた形になってしまったのです)

ところが私はその1年前に甲状腺の悪性腫瘍(甲状腺癌)の手術をしていた為、念のためにということでエコー検査をした後
マンモグラフィーの撮影もしたのです。
「形はいびつじゃないし動きもいいから大丈夫だと思う・・・」とやはり医者は言いました。→乳癌は硬くて動きが悪いそうです。

専門医はまず触診で判断しますので、手で触った感触で悪性のものと良性のものは大体区別がつくようですよ。
100%大丈夫とは言えませんが、やはり乳癌は境界線が不明瞭で形がいびつで、短期間に大きくなるので
良性腫瘍とは見分けがつくようですね。

でも私の場合は更に更に、念のために・・ということで穿刺(注射を刺し)してシコリの細胞をとって病理検査までさせられました。
結果は「線維線腫」という良性の腫瘍です。(乳腺にできるシコリの殆どがこれだそうです。)半年に一度の経過観察でいいのです。

※質問者さんも同じ線維線腫ではないでしょうか。
<参考URL>

http://www6.ocn.ne.jp/~oppai/fibroadenoma.htm

>まずガンである可能性はほとんどないですよ
と言われたのならほぼ良性のものと考えていいと思います。もし怪しいと感じたら3ヶ月も間を空けずに経過を見ると思います。

でももしどうしても心配でしたら、念のためにマンモグラフィーの検査と細胞の検査をしていただいたらどうでしょうか。

マンモグラフィーでもある程度診断はつくようです。普通は苦痛が伴うようですが私の場合は胸が大きめなので全く痛みはありませんでした。
(胸をギュッとプラスチックのような板に挟みこまれるのですがこの検査は胸が小さい人ほど痛いそうです。
あと、生理後の胸のはってない時ほど痛みは少ないのです。マンモの検査をする時は生理が終わった直後が苦痛がありません。)

レントゲン写真はビックリするほど鮮明に撮れていてやはり検査技師が驚くほど全く苦痛がありませんでした。
細胞を採る時もシコリの部分に麻酔をしますので全く痛みがありませんでした。
(細胞診の結果は1週間で出ます。その期間ちょっと不安でしたけど)

それで良性の腫瘍と診断がつけば安心しますから、良く考えて医者に相談してみたらどうでしょうか。

※生理前の胸がはっている時にはシコリが大きくなっている感じがしてびっくりしますが、生理が終わるとまた元の大きさに戻っています。
これも良性腫瘍の特徴みたいです。ただし線維線腫は良性でも大きくなることがありあまり大きくなるようでしたら
切除手術は必要みたいです。乳癌の場合は大きくなる一方で小さくなることはありません。

質問した人からのコメント

2007/6/19 16:58:13

降参 ありがとうございました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2007/6/1719:20:32

乳腺の専門医がそう仰っているのですから安心していいと思います。

私も左胸に数年前からシコリがあり(触った感じでは境界線のハッキリしたコリコリしたものです)
自分では境界線が明瞭でいびつでないものは良性の腫瘍だと聞いていたので安心して病院に検査に行ったのです。
(実は乳癌検診は一度も受けていなかったのでそれまで放っておいた形になってしまったのです)

ところが私はその1年前に甲状腺の悪性腫瘍(甲状腺癌)の手術をしていた為、念のためにということでエコー検査をした後
マンモグラフィーの撮影もしたのです。
「形はいびつじゃないし動きもいいから大丈夫だと思う・・・」とやはり医者は言いました。→乳癌は硬くて動きが悪いそうです。

専門医はまず触診で判断しますので、手で触った感触で悪性のものと良性のものは大体区別がつくようですよ。
100%大丈夫とは言えませんが、やはり乳癌は境界線が不明瞭で形がいびつで、短期間に大きくなるので
良性腫瘍とは見分けがつくようですね。

ところで、質問者様?
回答者の編集時間を確認して下さい。

Kさんは、他人の回答を見て長文にしています。
高グレードの方にしては、せこいワザを使います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2007/6/1520:55:48

専門の医師が診ていったのなら大丈夫ですよ。
乳ガンについては、早期治療がポイントです。
自己検診はかかせませんが「しこり」イコール乳ガンとは限りません。
乳房のしこりの95%は良性だというデータもあるほどなのです。

30歳を過ぎた人は、毎月生理の終わった日から1週間目の日に、閉経した人は毎月、日を決めて「乳ガンの自己検診」を行いましょう。
自己検診で、もし「しこり」が見つかったとしても、目の前が真っ暗になって落ち込んでしまうのは、早計です。
なぜならガンによるしこりは、いわば少数派で、しこりの原因はほかにもいろいろな場合が考えられるからです。

「乳ガン自己検診法」

・乳房にしこりがある
乳がんに見られる最も重要な症状は乳房のしこりで、90%以上の人に認められます。しこりが5mm~10mmぐらいの大きさになると、注意深く触るとわかります。 乳房に痛みの無いしこりを認めたら、乳がんを疑って専門医を受診しましょう。ただし、しこりがあるから全て乳がんであるというわけではありません。

・えくぼのようなへこみがある
乳がんが乳腺の外に広がって乳房提靱帯に及ぶと、その部分の皮膚が萎縮して、へこみができます。しこりの周囲の皮膚を指で軽く寄せると、その中央がへこんでえくぼの様に見えます。圧迫しなくても自然にへこむ場合もあります。

・腫れがある
広がったがんによって皮膚の下にあるリンパ管が部分的に、あちこちふさがり、溜まったリンパ液のため皮膚が盛り上がって毛穴がへこむために、まるで、オレンジの皮のように皮膚が黄色、毛穴がめだってきます。

・部分的に赤みをおびている
がんが広がる事によって、皮膚の微少血管もふさがるので充血が起こり、その部分が赤みをおびてきます。

・皮膚がくずれて潰瘍ができている
がんが皮膚に及ぶと、皮膚がくずれて腫瘍や潰瘍ができたりします。

・乳頭にへこみやかたよりがある
ここ数ヶ月間に乳頭にこうした変化が起こってきている人は要注意です。がんが乳頭の裏にでき、裏側から乳頭をひっぱられて現れる症状です。 乳頭は乳輪の中心にあってやや下の方を向いているのが一般的ですが、がんの出来ている方の乳房では、乳頭の向きがかたよっている事があります。 これも、がんの出来ている方に乳頭がひっぱられるからです。

・乳頭がただれている
授乳に関係無い時期や年齢なのに、痛みの無いただれや湿疹のようなものが乳頭にできたら、乳頭のがんであるページェット病の疑いがあるので、要注意です。

・妊娠・授乳期ではないのに分泌物が出る
片方の乳頭で1個または2~3個の近い乳管口からだけクリーム状や透きとおった液体が出てくる場合には注意いてください。 特に血の混じったような液体が出てくる場合には、しこりを作らないタイプの早期乳がん(非浸潤性)の唯一の症状であることもありますから、注意してください。

「定期健診」
30歳を過ぎた女性は、1年に1回の専門医による定期健診を受けてください。自分では見つける事が困難な小さなしこりが発見される事があります。
また専門医がしこりを触診する事で「乳がんの疑いの有無」がある程度はわかります。

・乳房撮影(マンモグラフィー)
乳腺や脂肪組織などの軟部組織を写しやすくするために、低電圧のⅩ線で撮影する被曝量を少なくした装置で、コントラストのはっきりした写真が撮れる画像診断図です。画像には、病変部そのものの像(直接所見)と、病変があるために2次的に現れる像(間接所見)とがあります。

・乳管撮影
乳頭から異常分泌が認められた場合、行います。分泌のある乳管口に細い針を入れ、0.5~1mlの造影剤を注入し乳房撮影を行う方法です。

・超音波検査(エコーグラフィー)
乳房の皮膚の上から超音波をあて、反射した音波の強さを画像として記録し診断します。この検査法では、触診ではわからない小さなしこりを発見する事が できます。また、乳腺組織の発達している女性では、乳房撮影(マンモグラフィー)よりもこの超音波検査の方がしこりを発見できます。

・皮膚温測定(サーモグラフィー)
乳房から発生する赤外線を感受する装置を使い、乳房内の血管の分布状態やしこりの温度変化を熱画像でとらえるものです。しかし、炎症があるだけでも陽性変化をするなど、現時点では信頼性に欠けます。

・腫瘍マーカー検査
乳頭の分泌液を採取し、腫瘍から生産された特有の物質であるCEAの値を 調べます。その他に、血液中の乳がんかから分泌される特異物質(腫瘍マーカー)を検査します。

・穿刺吸引細胞診
分泌のある乳管口から微少なファイバー製の内視鏡を入れて直接乳管内を観察し異常があればその部位の細胞を採取して調べます。

http://www.kokumin.co.jp/shop/xhand/index.html
http://www.fine-club.com/health/pickup/062.html
http://www.bamcreation.com/607.htm
http://gan-clinic.jp/cancer/c_nyugan.html

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2007/6/1520:03:31

私も同じようなしこりを見つけてお医者に行ったところ、
同じようなことを言われた気がします。
ガンのしこりは、もっと硬く、ゴリゴリしていて、動きも少ない。とのことでした。
私の場合は、こりこりしたものはあったものの、痛みはなく、横にずらせるというか、
動きが多少あったんです。それは「乳腺が発達したもの」と言われました。
ホルモンの関係や、サプリメントなどで、乳腺が発達したりすると
いままで気づかなかった乳腺が触れるようになるみたいです。
良性のしこりであったら定期的な検診で見守って行けばよいと思います。
3ヵ月後に再検査されるようですし、とりあえず、安心してみては?
お医者さんの言ったことですから、心配ないのではないでしょうか?

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する