ここから本文です

『下水汚泥の放射能汚染度、東京は福島に次ぐ高濃度!』1月 26th, 2014. ⇒ これ...

質問者

blue_train22さん

2014/1/2911:44:01

『下水汚泥の放射能汚染度、東京は福島に次ぐ高濃度!』1月 26th, 2014.

これでもまだ原発再稼働ですか?
原発輸出ですか?
秘密保護法も憲法改悪も含めて、

政府は気が狂っているのでは?


国政選挙がまだ先の今、少なくとも都知事選で、安倍政権・自民党に「NO!」を突き付けないといけないのではありませんか?


・・・

『下水汚泥の放射能汚染度、東京は福島に次ぐ高濃度 国土交通省調べ(FGW)』1月 26th, 2014.

「国土交通省が公表した2013年度(4月~12月末)の全国の「下水汚泥等中放射能濃度測定結果」では、全般的に汚泥中のセシウムなどの放射性物質濃度は低下しているが、都道府県別でみると東京が福島に次ぐ高濃度であることがわかった。下水汚泥の放射能濃度は、大気・水質汚染を凝縮しており、福島から200km圏にある東京の汚染の高さを反映している。

全国比較でみると、最も高い放射能値を検出したのは、福島市堀河町週末処理場で、昨年12月16日採取の汚泥から、1kg当たり2万8030ベクレルのセシウムを検出した。ただ、同地では昨年8月26日の県さでは、7万7500ベクレルだったので、ほぼ3分の1近くに減ったことになる。

茨城、栃木、群馬などの福島近接の各県の濃度もおおむね低下し、1000ベクレル前後になっている。これに対して、東京では江戸川区葛西水再生センターでの12月1~2日採取分が3040ベクレルと、都道府県別では福島に次ぐ高さとなった。同地では4月7~8日に7800ベクレルを検出しており、それよりは半分以下にまで下がっているが、他県と比べると依然、相対的に高いレベルにある。

都内の他の処理場でも、立川市の錦町下水処理場で10月29日採取分が2959ベクレルだったほか、おおむね1000ベクレルを上回る水準だった。東京の処理場の汚染度が高いのは、処理量の多さが影響しているとみられる。」


・・・

◆舛添要一氏
・後援会代表が元暴力団幹部!
・数々の女性問題などの醜聞/スキャンダル!
・政治と金の問題がいくつも発覚!
舛添要一氏には都知事候補として、人としての資格がない!

オリンピックで世界が東京を注目するというのに、
こんな人を当選させたら、東京都民の恥!


・・・

■「即時原発ゼロ」小泉氏と細川氏;

「これは日本の存亡をかけた選挙だ」
「原発ゼロで東京は発展できる。実現可能な夢だ」
「原発ゼロの方向を明確に示し、自然エネルギー大国日本を打ち出す」
「原発即ゼロで新しい未来を築くことがはっきりしている候補は、あまりいない」
「今回の都知事選は、国政に最も影響を与える。将来の日本に影響を与える。」
「原発ゼロを東京から世界に向けて発信できる」
「原発は安全?安い?冗談じゃない。原発は安全でもない。原発は一番コストがかかっている。」
「その費用を負担するのは、これからの若い人たちではないか」


・・・

◆細川/小泉連合には、大義がある。良識や正義がある。本物の成長戦略と夢もある。

彼らの「即時原発ゼロ」主張とは、実は、腐敗しきった電力業界の大行政改革であり、本物の成長戦略でもある。速やかな原発ゼロによってこそ、電力業界の規制緩和と、公正な電力自由化が可能になり、大規模な次世代産業の育成と雇用の創出が期待できる。
日本国が、すでに遅れている再生可能エネなどの次世代産業のグローバル競争に勝ち残るためには、「即時原発ゼロ」こそがまさに必要。

電力の最大消費地の東京都と、原発立地県の新潟県の両知事が「原発ゼロ」を主張すれば、柏崎刈羽原発の再稼働を止めることができる。いまだに反省のない原発依存の東電の経営体質を根本から改革する大きなきっかけとなる。
もし東電が原発依存から脱却すれば、それは地方にも波及し、日本国全体が生まれ変われる。これから大地震がいくつも襲ってくる日本列島で次の深刻な原発災害を未然に防止できる。
東京から国を変えることができる。日本を救うことができる。


・・・

◆東京の「即時原発ゼロ」は十分に可能!

東電の火力燃料消費はすでに劇的に減少。原発ゼロでも電力は大幅に余っている!
・東電は震災後のたった数年で約880万kWの先端火力(LNG/石炭)を新設/増強。
・東電の最大電力需要は約900万kW(13.5%)減少。電力需要実績(上期)も12.5%減少。
・東電の離脱需要は560万kWにも達し、年120万kWずつ離脱。異業種からの参入が相次いでいる。
・全国で太陽光を中心に再生可能エネが2013年4月から毎月58万kWずつ急増中。2012.7月から2013.10月までに580万kW以上が運転開始。

すでに、2013年の東電の一番高い石油消費量は前年比約45%減少。石油火力設備の半分以上が休止し余っている。原発ゼロでも、もし円安で燃料単価上昇がなければ、すでに東電の燃料費は震災前に戻った可能性すらある。

東電管内ではすでに実質的に原発は全く不要!




投稿画像

東京都江戸川区、 福島県福島市、 東京都、 新潟県 についての質問

閲覧数:
1,883
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

c20ck12さん

2014/2/405:28:28

まず、東京の下水汚泥が福島に次ぐ高濃度に成る背景があり、それは福島第一原発事故の収束は全く見込みが無く、悪化の一途を辿っておるから、太平洋へ流出していた放射性物質汚染水が東京湾から更に河川へ逆流しておる事も考えられるし、 東京の地下水脈も福島の地下水脈繋がっており、地下水脈から齎された地下汚染水も入り込んでおる可能性が高く、また大気へ放出され続ける放射性物質が東京まで飛来して沈着した事は確実に言えると思うのであります。
そこで、福島第一原発事故の深刻性を順に述べると以下の様な事が言え、この深刻な事態が東京へも御裾分けされておると思うのであります。
(1) まず、黒煙を上げて核爆発を起こした3号機では、その建屋内の床を流れる水漏れは2,400万Bqと成っており、人が立ち入る事が出来ない状況と成っており、原発事故究明のための科学的な現場検証など不可能で、汚染水は地下から海に垂れ流されておるのであります。
3号機の建屋内の床を流れていた水について東電は2014年1月19日に、水から極めて高い濃度の放射性物質が検出されたと発表せざるを得なく成つたのであります。
現場は線量が高いためロボットで流れている水を採取し、放射性セシウムは240万Bq/l、放射性ストロンチウムなどβ線を出す物質は2,400万Bq/lであり、これは明らかに地下の高線量汚染水の逆流で建屋へ湧き出したと見た方が自然であります。
水の温度は20度で原子炉に注ぐ水や雨水より放射性物質の濃度や温度が高く、元の地下に戻って大量に太平洋へ垂れ流しておる事は明白であります。
(2) また、2号機観測用井戸に置ける高線量汚染水問題が極めて深刻であり、遂に300万Bq/lの大台を超えて、青天井化しておるとの私の懸念は、2013年11月から言い続けておった通りに、悪い意味で予想が的中して仕舞い、非常に残念であります。
即ち、ストロンチウム90を中心とするβ線を出す放射性物質の検出数値が2013年11月4日現在で54万Bq/lであったのが、2014年1月16日の数値が270万Bq/lと成っており、2ヶ月半で6倍の数値に跳ね上がり、現下に置いても更に上昇中と考えております。
一連の数値の推移を見ると、2013年11月9日と2013年11月10日、2014年1月9日〜1月20日の数値の極端な上昇が、飛んでも無い異変が2度有ったと思わざるを得ないのであります。
それ以降は、日増しに線量を上昇させ続け、2014年11月4日の数値の6倍程度へ2ヶ月半の間に上昇しており、今後も放置し続けると青天井に上昇を続ける事は火を見るよりも明らかと思うのであります。
恐らくは、格納容器のモノでは無く、間違い無くメルトアウト(メルトスルー)した溶融燃料が地下深くに落ち続けて、複雑に巡り回っておる地下水脈に次々と接触して汚染水を生成させ続けておる事が原因であると思うのであります。

http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-876.html (参考)

そして、この汚染水が太平洋へ流出しており、他にもトリチウムが累計で4京Bq、ストロンチウムが2京Bq、セシウムが1京Bqを流出させ続けており、まさに【国際犯罪】と言うべき海洋汚染を起こしており、太平洋の海産物を口には出来ない事を意味すると共に、風雨等で関東を含む東日本全域に戻って来ておる事も、地下水脈を通じて東日本全域の水脈を汚染しておると言わざるを得ないのであります。
(3) また、タンク&建屋汚染水が漏洩しており、フレンジ型のボルト組合せのタンクを中心に四十数トンも漏洩しており、1/2号機ベント用輩出筒の数値は25SV/hと人間が20分間居ただけで100%死亡する数値も発表されております。
(4) 従って、こう言う事態の影響を東京を中心に東日本全域が受けており、原発再稼働や輸出を行い、また【特定秘密保護法擬き】を施行させようとし、更には国防軍の創設や徴兵制の施行及び軍法会議による徴兵忌避者への死刑を含む、日本国憲法の根幹であり民主主義の根幹でもある【国民主権】、【平和主義】、【基本的人権の尊重】の憲法の三大原則と【憲法の最高法規性】を完全否定して、都合の悪い情報の隠蔽を成して国民を危険に晒して抑圧する、こう言う【憲政史上最悪の正統性無き偽国家権力】が暴走しており、今回の都知事選挙でユダヤ企業の集計機器不正プログラミングのメーカーのムサシ、CIA旧支配層側&日本支部の電通&その支配下の御用マスコミ、不良朝鮮人グループの清和会、北朝鮮カルト教団の創価学会、選挙管理委員会等による【不正選挙】を封じ込め、安倍晋三偽内閣&創価学会=公明党・みんなの党等の不良朝鮮人共から、日本民族が日本国を取り戻す最初で最後の民主主義の手続きによる選択が2014年2月9日に成され様としておるのであります。当然に、新世界支持層は良識派のジェイ・ロックフェラー&ジェイコブ・ロスチャイルド連合であり、CIAの支配権を抑えつつあり、【不正選挙】が発動し難い状況ではありますが、やはり清和会、創価学会、ムサシ、電通、官房機密費貰いまくりの御用マスコミ等を監視し続けて、100%の民意が反映される【不正選挙】無き東京都知事選挙に成って貰いたいと、そして東京都民では無くなったものの私も某真性右翼団体の勉強会に出席した後も選挙結果が判明し、細川護煕元総理が当選するのを見極めてから、帰宅致す事にしております。
故に、私が其の間の投稿は変則的な時間帯に成ると思うのであります。
(5) 同じ霞ヶ関官庁の国土交通省の発表を真に受ける事は無く、事態は発表より格段に深刻であると言う認識で居て正解と考えております。
【《全般的に汚泥中のセシウムなどの放射性物質濃度は低下》しているが、都道府県別でみると東京が福島に次ぐ高濃度であることがわかった。

全国比較でみると、最も高い放射能値を検出したのは、福島市堀河町週末処理場で、昨年12月16日採取の汚泥から、1kg当たり2万8030ベクレルのセシウムを検出した。ただ、同地では昨年8月26日の県さでは、7万7500ベクレルだったので、ほぼ《3分の1近くに減った》ことになる。

《茨城、栃木、群馬などの福島近接の各県の濃度もおおむね低下》し、1000ベクレル前後になっている。これに対して、東京では都道府県別では福島に次ぐ高さとなった。《半分以下にまで下がっている》が、他県と比べると依然、相対的に高いレベルにある。

《東京の処理場の汚染度が高いのは、処理量の多さが影響している》とみられる。】

http://inventsolitude.sblo.jp/article/53148788.html ( おやじが次々死んでいく怖すぎる現実
福島第一原発事故後1年を経過したころから女性の突然死、20代、30代、40代の方の突然死も報じられ始めた。幼児、小学生、中学生、高校生、大人、老人と、もう無差別だ。)

以上の《 …》は全く東日本全域に置ける被曝健康被害や被曝突然死等の問題が深刻に成る一途を辿っておる事から、明らかな出鱈目であり、《減った》、《下がった》のオンパレード(=東大話法)であり、最期の《処理量の多さが影響》なと誰が信じるか、やはり霞ヶ関は解体する必要があると尽々思うのであります。
太平洋や大気へのトリチウム、ストロンチウム、セシウム等の放射性物質の漏れっぱなし状態が先に述べた様に深刻であり、【石棺化】等で完全に覆っていないために永続的に放射性物質が放出され続けており、明らかに数値の改竄を自白しておる様なモノと断言するモノであります。
(6) 舛添要一は「政治と金と女と丸暴の問題」を抱える都知事候補としても人間としても認められない生命体であり、【不正選挙】によっても当選させた事に成ると東京都民や日本民族が世界中の笑い者に成る事は明白であります。
【即時原発ゼロ】こそ未来を開く大前提であり、自然エネルギー大国に成る事は日本国の責務であり、これを世界に拡める国家こそ日本国であり、国政に大きな影響を与える重要な選挙がこの都知事選挙であります。
原発が安全で安いは冗談でも無い!一番高く危険であり、ゴミの処分も出来ないし、負担を若い世代に押し付ける事に成るので、今すぐゼロにするのは当たり前であります。
(7) それに対して細川護熙元総理は、如何なる政党の支持も断り、全ては小泉純一郎元総理と連携し、これに大同小異で一致団結して、当然ではありますが戦いを優位に進めつつあると思うのであります。
細川・小泉連合には大義が在り良識や正義が在り、さらに、彼らの「即時原発ゼロ」主張とは、実は、腐敗しきった電力業界の大行政改革であり、本物の成長戦略でもある。速やかな原発ゼロによってこそ、電力業界の規制緩和と、公正な電力自由化が可能になり、大規模な次世代産業の育成と雇用の創出が期待できるのであります。
日本国が、すでに遅れている再生可能エネなどの次世代産業のグローバル競争に勝ち残るためには、「即時原発ゼロ」こそがまさに必要なのであります。
東京都知事と新潟県知事が【即時原発ゼロ】で連携して、安倍晋三偽内閣を打倒し、東電やその他の既存電力会社にトドメを刺して【電力の完全自由化】を行う事こそ、日本国を原子力災害の無い国に変えて行く原動力に成るのであります。
(8) なお東電の離脱需要は560万kWであり、発災後の3年弱で先端火力を880万kWを新設・リプレースしており、最大需要電力の900万kWを合わせると、既に東電管内の原発の総出力量を大きく上回っており、20基近い原発が不要と成ったと言う現実なのであります。
故に、柏崎刈羽原発の再稼働などとほざくのは基地外であり、柏崎刈羽原発の総出力だけでは無く、また東電管内だけでは無く、日本国の半数の原発の全廃が東電管内での電力増強だけで出来ており、また、日本国全土では2,000万kWの電力増強が在り、最大需要電力の2,000万kWの減少により、原発40基分が先端火力に置き換わっており、今後も大量増設が予定され54基が不要な事は確実に言えるのであります。

投稿画像

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2014/2/501:00:00

遅刻回答ご容赦下さい。関東地方のセシウム汚染を侮っている回答者がいるので、ご存知とは思いますが、実際のフォールアウト量が如何に多かったかだけを示します。BAは影&表のカテマスに差し上げて下さい。

2011年3月14日11時1分に起きた3号の炉心爆発で放出された放射能は、3月15日昼頃に、首都圏上空を通過しました。上空に滞留した目には見えない放射能と3号機の爆発の煽りを食らって使用済み核燃料プールが冷却不能に陥って翌日に大爆発を起こした4号機から放出された大量の放射能が北東気流“やませ”に乗って襲来し、3月21日、冷たい雨に混ざって降り注ぎました。その量は日本人がこれまでに経験したことのない桁違いの多さでした。

広島大学の調査研究には、広島原爆投下後に降った黒い雨に含まれていたセシウム137の量として減衰補正を加えて以下の数値が報告されています(P34の表1)。↓
http://city.youth-service.com/01publication/0301BlackRain2010.pdf

爆心地付近=0.13×10^8Bq/km^2
土壌10サンプル平均=0.15×10^8Bq/km^2
黒い雨壁面=4.85×10^8Bq/km^2
核実験フォールアウト(1980年以前)=37×10^8Bq/km^2

それに対して、2011年3月の文部科学省定時降下物モニタリングは次の通り。↓
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/3000/2411/24/1060_03_gek...

東京新宿=8.1×10^9Bq/km^2(広島原爆黒い雨の540倍)
山形市=1.0×10^10Bq/km^2(広島原爆黒い雨の670倍)
宇都宮市=5.7×10^9Bq/km^2(広島原爆黒い雨の380倍)
前橋市=4.7×10^9Bq/km^2(広島原爆黒い雨の310倍)
さいたま市=5.3×10^9Bq/km^2(広島原爆黒い雨の350倍)
ひたちなか市=1.7×10^10Bq/km^2(広島原爆黒い雨の1000倍)
福島県双葉郡=3.34×10^12Bq/km^2(広島原爆黒い雨の22万倍)

爆心地から250キロも離れた東京新宿にも1平米8100ベクレルのセシウムがフォールアウトしました。これは大本営発表ですからこれ以下であったとはまず考えられません。東京都の面積2187km2を掛けると18兆ベクレルが降臨したと考えるのが合理的です。茨城県6095km2には100兆ベクレル以上が、爆心地から半径30km以内の避難区域と太平洋には約1京ベクレルがフォールアウトしたと考えられます。核実験時代の3700ベクレル/m2は数年間の値であり、過去最大は1963年の1年間で1900ベクレル/m2だったとされています。これと比較して、東京新宿は2011年3月21日~22日迄のたったの24時間に北東域流の“やませ”に乗って2倍以上のセシウム137が降臨したのです。大本営発表ですからこれ以下だったというのは想定外です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

member0311さん

2014/2/415:53:50

セシウム汚染をそんなに驚くことはありませんし、健康への影響もありません。1950年代後半から数十年間、当時の米ソ中国等の核実験でセシウムやストロンチウムで世界中が汚染しています。日本に降ったセシウムは、測定結果によると1平方メートル当たり10~100Bqでしたが、特に健康への影響は出ませんでした。もちろん汚染がない方がいいですが、あまり放射能に神経質になると他の大切なことが分からなくなります。東京地区の河口でセシウム濃度が高くなったのは、広い範囲に降ったセシウムを川水が運んで濃縮されたためでしょう。また、都知事選の小泉・細川さんを応援されていますが、脱原発で来年も火力用燃料代3.8兆円を海外に払うつもりですか?その場合の影響を真剣に考えてほしいと思います。なお、福島原発事故の放射線では誰も亡くなっていませんが、厳しすぎる安全規制のため風評被害が起こり、長期避難で高齢者が多数亡くなっています。この事実を公平に判断してほしいと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2014/2/217:05:49

国民の命<<<<<<<<<<<<<<<金儲け……だだし東電幹部の命はこれに当て嵌まらず。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2014/2/216:13:59

ロシアの極秘文書を見た!!

これは!
小泉との共同合作か?

細川の、北極圏でシロクマが大量死してるW

嘘話発言に勝るもの無しWWW


安心安全WWW

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2014/1/2911:52:10

脱原発は賛成ですがね、あの細川殿にまた任せたら大変な事になるんじゃないでしょうか。
痛い目は2度見ないといけないんでしょうか、選択肢が少ないですよね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する