ここから本文です

解決済みのQ&A

アスコルビン酸とビタミンCの違いについて

miso_soup4649さん

アスコルビン酸とビタミンCの違いについて

DHCなどのサプリの名前は、ビタミンCとある。

でも、医者から処方される薬には「アスコルビン酸」とある。

名称の使い分けは、何か特別な意味があるんですか?

  • 質問日時:
    2007/7/17 21:42:51
  • 解決日時:
    2007/8/1 03:31:24
  • 閲覧数:
    3,260
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

regrettable_errorさん

医者から処方された薬は、薬事法で厚労省から製造販売承認を受けた「医薬品」です。

したがって、この場合、日本薬局方収載の「アスコルビン酸」若しくは「アスコルビン酸(ビタミンC)」という「一般的名称」で表示されています。

「医薬品」ですから何らかの「効能・効果」の表示があるはずです。

一方、サプリは「医薬品」ではありません。栄養成分を含んでいること以外に「効能・効果」を表示することはできません。

表示できる栄養成分として、厚労省が「ビタミン何々」と指導しているので、そのような表示になっています。どちらも法令違反はありません。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

taaaaooowww8989さん

「アスコルビン酸」=「ビタミンC」なのです。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する