ここから本文です

桜の木で地上から30cm位の所で、樹液がかなり出てます。去年、地植えして背丈が1...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

zzkotatumusizzさん

2007/8/615:33:44

桜の木で地上から30cm位の所で、樹液がかなり出てます。去年、地植えして背丈が1m位なのですが、葉は異常ないかと…。桜の木でも(名前は?)実がなる種類です。この樹液はどうしてでるのですか?対処法は?

閲覧数:
2,905
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kondou557さん

編集あり2007/8/623:13:21

サクラの地際(地上30㎝程度も含む)から樹液が出ているのなら、多分『コスカシバ』による被害だと思いますヨ。
防除法としては、樹皮の上から『金槌』などで、樹皮下の幼虫を圧殺(叩き殺す)する方法もありますが、
殺虫剤などを注入する方法が、確実だと思います。

↓コスカシバ:あいち病害虫情報(果樹のモモの場合の防除法です)
http://www.pref.aichi.jp/byogaichu/seitaitoboujyo/2-momo/momo-kosuk...
↓コスカシバ:樹木の病害虫
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/nourin/ringyo/byotyu/by-kosukasi...
↓コスカシバ:北海道立林業試験場
http://www.hfri.pref.hokkaido.jp/konchu/data/cho-ga/shogarui/kosuka...
↓サクラ属樹木の害虫:北海道立林業試験場(上記の元ネタ)
http://www.hfri.pref.hokkaido.jp/konchu/kensaku/namaki/jushu/kouyou...
↓桜の病害虫&対策方法
http://www.town.kawazu.shizuoka.jp/kankou/flower/etc/mame/sakurabyo...
抜粋: コスカシバ
状態 樹幹にせん孔し樹勢を弱らせるだけでなく、樹脂病や胴枯死を併発して枯死に至らせる。
時期 5月下旬~10月(最盛期8月下旬~9月上旬)
対策
① 食入孔から樹脂(ヤニ)が出ているので、これを目印に注射器を用いて「スミチオン乳剤」100~300倍を注入する。
② 切開部には「トップジンMペースト」を塗布し、腐巧菌などの侵入を防ぐ。
③ 幹などに石灰や薬剤を塗布し再侵入をを防ぐ。
以上の行程を6~9月にかけて少なくとも2回行なう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

jinnaimitakaさん

2007/8/617:50:37

樹液の出ている付近におが屑のようなものが落ちていないでしょうか?
落ちているとすればコスカシバと呼ばれる害虫の仲間でしょう。この害虫は木の幹に穴を開けて食い進みます。
これでないとしたら蝉の害やただ傷ついただけということも考えられます。追加のデータがあればもっと精度の高い診断ができます

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する