ここから本文です

解決済みのQ&A

就職の志望動機で 「微力ながら貢献したい」というのは良くないですか?

ichigo_1234567654321さん

就職の志望動機で
「微力ながら貢献したい」というのは良くないですか?

  • 質問日時:
    2007/10/1 22:44:37
  • 解決日時:
    2007/10/16 03:36:33
  • 閲覧数:
    30,095
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

kancyan_cさん

たぶん良くないです。
会社のどのような部分にどのように貢献できるのか、具体的にすべきです。

「どのようなことに貢献したいですか?」と聞かれて答えられますか?
「微力なら要らない」といわれたらどうしますか?

自分なら、このようなことに、このように貢献できると、具体的に、前向きに答えたほうが
いいでしょう。
具体的に述べられるということは、その会社のことを良く調べられているということです。
抽象的なことはだれでも言えますから・・

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

career21_blogさん

悪くありません。

「微力ながら」、というのは謙遜した表現として一般的な決まり文句です。
政治家でも使います。

「未熟者ですが」とか、「至らぬところも多々ございますが」と、よくビジネスマンは謙遜して言います。
それに対して、「未熟ならいいよ」とか、「至らないならダメ」と言う人は、マトモな大人ではいません。

それと同じで「微力ながら」に対して、「微力ならいらない」という人はいません。

就職なのに「多大な貢献をしたい」と言うほうが変です。
入社したときは微力なのは当然です。会社もそう思っています。
ただし、微力だし未熟であっても、一生懸命がんばって成長する人を、企業は求めています。
もちろん、最終的には大きな貢献をしてほしいと思っていますが、最初は微力であるのは当然でしょう。

そもそも、丁寧であるということ以上に意味の無い、決まり文句です。
面談してもらって「忙しいところすみません」と言ったら、「謝るくらいなら来るなよ」と言う人もいません。
決まり文句であって、特に解釈はありません。
それをどう解釈するか、という議論がそもそもおかしいのだと思います。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する