ここから本文です

SEO対策のため、被リンクをどのように増やすべきなのか、悩んでいます。

chatnoirtamaさん

2014/7/2517:26:27

SEO対策のため、被リンクをどのように増やすべきなのか、悩んでいます。

私はペット関連の小さな会社を営んでおりますが、会社のホームページのSEO対策で、以前は有料の被リンクを買い、狙ったキーワードで検索エンジンの1ページ目に掲載できていました。しかし、昨年の中頃に70~80位まで一気に順位を落とされ、それ以後は少し持ち直して、現在は30~50位をウロウロしている状況です。

この間、最近のグーグルや、SEO対策の潮流について自分なりに勉強し、かつてつけた有料の被リンクも外し、ページの内容もサイト来訪者に満足してもらえるように、一生懸命改善したつもりです。現在上位表示されている他社のサイトにも、決して引けをとらないコンテンツだと自負してます。HTMLも最新のHTML5に書き換えてもらいました。

けれども、順位は今以上に上がる気配がありません。こういう場合、どうすれば元の通り、1ページ目に戻すことができるでしょうか。現時点で優秀と思われるSEO会社の被リンクをもう一度買ったほうがよいのでしょうか。これまでの流れを見ていると、私には、グーグルが私の会社のサイトのコンテンツ内容をきちんと評価できているとは到底思えないのです。

ウェブ販売部門の集客はサーチエンジンからが大半なので、切実な問題です。キーワード広告は予算的に難しいのです。自力でSEOをしておられ、うまく行っていらっしゃる他業種の方のお知恵を拝借できればありがたいと思います。また、他にいい方法があれば、どなたかご教示頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

閲覧数:
15,568
回答数:
7
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/8/107:52:38

サイトの検索順位を上げるのには、被リンク、ソーシャル、サイトの内部対策など、いろんなことを考えなければなりませんが、その中でも、圧倒的に重要なのは、現在も間違いなく被リンクの数と質です。

Yahoo!、googleをはじめとする日本の検索システムの大半を握るgoogleは、創業以来、検索順位の決定要因として、あるウェブページが受ける「リンクの数と質」(=被リンク)に大きく依存してきました。しかし、順位の決定をリンクの数と質にあまりにも依存しすぎたため、これを逆手に取ったウェブサイト運営者による自演リンクを使ったスパムを誘発してしまいました。そのため、googleはここ数年、検索順位の決定要因として、リンクに依存する割合を下げようと努力していますが、いまだ、リンクの数と質を凌駕するほどの、有効なウェブページの重要性評価指標を築ききれていません。

さらに、googleはここ最近、莫大な費用を投じて、自作自演リンクのような検索順位を操作しようとする行為を、アルゴリズムの変更やペナルティの発動を用いて排除しようと躍起になっていますが、それは上記の事情が理由です。彼らにとって自らの広告媒体としての検索結果ページの品質を高めるには、自作自演リンクで順位を上げる行為は見逃し難いからです。だから、必死になって(広報役のマット・カッツ氏によるハッタリも織り交ぜながら)自作自演リンクを排除するためのアルゴリズムの変更を加え続けているのです。

しかし私は、googleがウェブページの重要性の評価基準として、リンク以上に重要視すべきものの開発に成功することは、今後しばらくはないと見ています。もちろん、これまでよりも重要度は下がることは間違いないです。しかし、それでもリンクが最も重要な評価指標であることには変わりありません。順位決定要因の70%を占めていたものが、せいぜい50%台になるくらいのものです。なぜなら、被リンクの数と質によるウェブページの重要性評価の仕組みは、もともと学術論文における他の研究者からの引用数による評価システムから転用したものであり、その有用性は学問の世界でも完全に確立した完成度の高いものだからです。だから、googleが検索順位の決定要因としてのリンクから過度に離れることは、即、検索品質の低下=検索結果ページの広告媒体としての商品価値の低下、ひいてはユーザー離れ=adwordsの広告単価の低下を引き起こし、googleの収益悪化に直結する結果を招きます。googleが被リンクを捨てることは、結局、彼ら自身の首を締めることになるのです。そして、それは彼ら自身が一番わかっていることと思われます。

もっとも、上に述べたようにウェブページの検索順位を上げるために被リンクをつけることは重要ですが、それは「自然な被リンク」である(というようにグーグルのロボットから見える)ことが重要です。なぜなら、自然な被リンクは「質の良い被リンク」の要件を全て満たすからです。だから、ウェブマスターとしては、「自然な被リンク」を得るための方法を知る必要があります。特に有料リンク業者とその保有ドメインがグーグルに個別に把握されつつある現在では、無料の方法を駆使することが重要です。

以下にいくつか、簡単に有効な「自然被リンク」を得られるサイトを記します。

・SEO対策キング→http://seotaisakuking.com/
・リンクMAX→http://www.linkmax.biz/
・リンクシステム→http://link-get.info/


この登録をした後は、他の方もおっしゃっていたように、無料ブログを用いて大量の発リンク用ブログを作ってください。こちらについては手間がかかり維持も大変ですが、効果はてきめんです。外注もアリだとおもいます。無料ブログでは1ブログ1発リンクと下の方がおっしゃってますが、経験上、私もこれを支持します。どうしても複数の発リンクをしたいときは、リンク先をバラして下さい。それでもせいぜい3リンク程度までです。

頑張って下さい。

  • 質問者

    chatnoirtamaさん

    2014/08/0115:57:03

    なるほど、グーグル側の都合について、これまで考えたことありませんでした。目からうろこです。

    確かにグーグルも営利企業ですから、自分の商品価値を下げるようなことをしたくないですよね。

    無料の自然な被リンクが増えるのはすごくありがたいです。というか、これすごくないですか?早速やってみます。

    無料ブログは……なんか大変そうですね(笑)。時間を見て、やってみます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2014/7/3115:39:31

SEO会社のコンサルティングサポートを利用してみてはいかがでしょうか。
なにか対策してもらう、ではなくHPの何が悪いかを的確に判断してもらいます。

今は外部対策より内部対策と呼ばれるHP自体の構造の改善が重視されているので、
優秀なSEO会社は被リンクはほぼ推奨していないと思います。
ご自身で内部対策をされているようですが、やはりプロに判断してもらったほうが
その後の知識にもなりますし、お勧めです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2014/7/3023:45:21

まず、SEOですがセルフSEOがお勧めです。但し、SEO業者は部分的には利用するべきでしょう。自分でやってもいいのですが、それなりに競争の高いキーワードで自前でSEOをすべてやろうとしたら、初期投資で数客万円、メインテナンスにも数十万円はかかり、そのため、結局自分もSEO業者になってしまうメディア運営会社も多いのです。僕は業界関係者なので、その辺の事情はわかっています。

SEOをなるべくお金をかけないで実施する方法は、まずは、内部対策を実施することです。その上で、自社サイトやブログ、知り合いのサイトから被リンクを少しづつ張ってもらいます。ここで3位以内に入れれば、もう業者は必要ありません。しかし、ほとんどの場合、これだけでは50位にも入りません。そこで、次の対策が順番に必要になってきます。

1. 被リンクの増強
2. コンテンツの増強と内部のサイト対策の再度見直し
3. 被リンクの増強
4. コンテンツの定期的増強
5. 内部飲み直しと競合とのバランスで被リンクの増強

中程度のキーワードなら3番までで、しばらくは上位に居座れます。
しかし、競合度の強いキーワードだと、すべて内製化するにはコストがかかり
すぎ、またGoogleのペナルティを受ける可能性も極端に高くなります。

そこで、お勧めは段階的且つ分散的にSEOを実施することです。被リンクを貼る場合でも、コンテンツを増やす場合でも段階的に少しづつやっていきます。また、被リンクを張ってもらう場合でも、業者に頼む場合は分散した方が得策です。

よく、ワンストップでやりますとか、うちにすべておまかせ下さいというSEO業者がいますが絶対信用しないで下さい。そういう業者に限って自社のWebサイトは段階的、分散的にSEOを実施しているはずです。

SEOを実施して、多くの集客に繋がるといいですねえ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nishimurapwさん

2014/7/2911:58:39

はじめに、「かつてつけた有料の被リンクも外し」とありますが
Google ウェブマスター ツールに警告が届いて、ペナルティをうけたのでしょうか?
また、ペナルティを受けたあと被リンクを解除し再申請をしましたでしょうか?

「SEO会社の被リンクをもう一度買ったほうがよいのでしょうか」
今後は被リンクを購入することはさけて、
どのように自然な被リンクを獲得するかを考えた方がいいですね。

コンテンツもふやしているとのことでしたが
他社サイトと比べて決して引けをとらないコンテンツを作るより
あなたのサイトならではのユーザーが求めるコンテンツを書くことをお勧めします。

最近はコンテンツの内容が重視されているので
コンテンツライティングに力をいれているSEO会社が増えてきているようです。

ってことで、焦らずひとつずつ積み上げていきましょう!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2014/7/2904:53:00

既に色々とお調べになっているようなので、
私の知恵ごときで参考になるかどうか分かりませんが、
初心に帰って無料でできる範囲から
色々な所にサイトの登録をするだけでも変わってきますよ。
私も以下のような関連サイトなどにコツコツ登録しておる所です。
よかったら参考にしてみてください。
http://www.kurikore.com/rank.cgi?mode=r_link&id=8977

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2014/7/2718:14:53

chatnoirtamaさん

SEOについて、
お悩みなのですね。


■被リンクのふやし方■

コンテンツに自信があられるのですね。
最高じゃないですか。

あとは

・あなたの商材等に興味がある方に
・たくさんみていただく

これだけです。
ではどうするか。

キーワード広告に予算が避けない場合、
方法は5つです。


1.独創的なサービスでプレスリリースをする
2.タイトルを工夫し「ニッチなユーザー」に訴求する
3.Twitterを活用する
4.Q&Aサイトを活用する(Yahoo!知恵袋、Naverまとめ)
5.Facebookでファンクラブをつくる


1.独創的なサービスでプレスリリースをする

ⅰ独創的なサービスや
ⅱ社会のためになるサービスをつくる
ⅲこれをユーザーではなく
ⅳ報道機関(プレス)に広報します=プレスリリース
ⅴうまくいけばニュースになり
ⅵニュースサイトからの
ⅶ質が高いリンクを得ることができます

→参考書籍を紹介しますね http://goo.gl/Q6hWyY
→無料プレスリリースサイトはこちら http://goo.gl/Qzc2IF

2.タイトルを工夫し「ニッチ」なユーザーに訴求する

ⅰユーザが検索している「ニッチな」キーワードを調査し
ⅱタイトルにし
ⅲコンテンツを作成すると
ⅳ検索順位をあげることができる

※ニッチなキーワードの調査方法
http://goodkeyword.net/
このサイトにあなたの扱っている商材名等を入力ください


3.Twitterを活用する

ⅰTwitterであなたの扱っている商材名等を検索し
ⅱフォローする(友達になる)
※ホリエモンおすすめのマーケティングです

4.Q&Aサイトを活用する

ⅰ困っている人の質問に答える
ⅱ原則、商用利用不可(自社サイトは宣伝できません)が
ⅲあなたのサイトが回答に適切ならOK

5.Facebookでファンクラブをつくる

ⅰFacebookにて
ⅱあなたの扱っている商材に関するファンクラブをつくる
ⅲ有益な情報を発信して口コミで拡散してもらう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。