ここから本文です

大人になって楽器を始める人がムカつきます。 絶対に上手くならないのになぜ始...

アバター

ID非公開さん

2014/8/620:27:57

大人になって楽器を始める人がムカつきます。

絶対に上手くならないのになぜ始めるのでしょうか。

いっておきますが、楽器というのは人に聴かせても恥ずかしくないくらいまでは上手くならないと意味ありません。騒音以下です。それこそ暴走族のバイクの騒音の方がマシです。

しかし大人になってから楽器を始めた人で上手い人はいません。
もちろん楽器によるでしょうが、有名な楽器(ピアノ、ギター、バイオリン等オーケストラでつかう楽器等々)は絶対に上手くなりません。
上手くなれたとしても幼少から始めた人の小学生低学年時代にすらおよびません。

大人になってからヘラヘラ楽器始める人が本当に嫌いです。
私はおかしいですか?

補足ヤマハ等が金儲けのために「大人からの〜」等と宣伝した教室が増えていますが、ただの金儲けの養分と使われるだけです。
大人から音楽を勉強した人は絶対に上手くなりません。音楽の世界は児童教育至上主義です。

また、「聴かせる目的ではない」「弾くのを楽しみたいだけ」という意見もありますが、基本的に大人から始めた人にはそんな権利はありません。
そんな自己満で幸せになってるのは勝手ですが、子供の頃から音楽やってた人からは心の中で見下されています。
例えるなら、「ボロアパートに住んで月一回の100円の日本酒で幸せを感じているような人を、高級億ションの最上階に住むような人が心の底から嘲笑している」感じです。恥ずかしいでしょ?

閲覧数:
112,155
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

chitose2231さん

2014/8/712:46:28

クラシック音楽の器楽(特に、ヴァイオリン・ピアノ)は、プロになろうかな、と思って練習した人だけが、他人に聴いて貰って不快な気持ちにさせない程度に弾けるようになる可能性があるものです。アマチュアだからという言い訳は、醜悪であることを隠すことは出来ません。

また、弾けていない事が解らず、弾けもしないのに大口を叩くのは、滑稽ですらあります。

>上手くなれたとしても幼少から始めた人の小学生低学年時代にすらおよびません。
★自分では上手いと思っている人は大勢居ますよ。

>大人になって楽器を始める人がムカつきます。
★大人になってからとは限りません。
解らない人には一生解らないのです。大人になってからだと、弾けるようにはならないだけではなく、弾けていないという事が解る様になる人の割合がグッと減る(ほとんど居なくなる)ということですね。

子供の頃からヴァイオリンを弾いていて、音大(芸大)を卒業して、ヴァイオリンの先生をしていると、ネット上で宣伝している人の例を2例挙げてみましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=kq4rmn-Z1uE
https://www.youtube.com/watch?v=iLiXT8swETI
両名とも私が5歳の時より下手です。

しかし、
『罪を憎んで、人を憎まず』
『騒音憎んで、弾き手は憎まず』
だと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2014/08/0716:06:14

    なんですかそのyoutubeの演奏は
    それで先生を名乗るとは生徒も気の毒だ
    ゴミ以下の演奏ですね

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2014/8/13 14:43:00

大人になってから始めた人はまず耳が育ちません。
これは音程や音質の聞き分けという意味でもそうですが、「上手い演奏とは何か」が一生わからないのです。‘上手い’がわからなければ上達する事は不可能。いつまでたっても自己満足の下手な演奏です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2014/8/1111:21:15

たしかに、大人は下手です。
けれど、大人だって忙しいし、趣味でやっているのはいいじゃないですか?
大人は大人で楽しくやっているので、それは大人の勝手じゃないですか?
それとも、趣味でやってるし、下手だから大人はやっちゃいけないというのではないでしょう?
私はまだ子供でバイオリンをやっていますが、発表会などで大人はやはり、下手です。母も下手だといってます。
決してあなたに逆らおうと思っていませんが、大人にだって弾く権利はあるはずです。あなたがバイオリンをやっているならあなたが大人よりうまくひけばいいじゃないですか。やっていないなら、あなたのいっていることは、ことは心のなかでつぶやいてください。この言葉にムカつきますとおもいます。すみません。あなたはおかしくありませんが、子供がおとなの下手さをカバーしてあげればそれで、ムカつきはおさまりますよ。それこそ、思いやりというものです。←上から目線で申し訳ないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

taro_tp_mさん

2014/8/1016:31:10

楽器でもバイクでも何でもいいのだが、道具を使いこなす高度な技術があれば、多くの人から称賛される。道半ばのものは当然低くみられる。道具を使う時に音が出れば、周りの迷惑になる。

子供は上手になるのが早いので、迷惑をかける期間が短い。上達しなくて興味を失った子供はすぐやめるのでこれも迷惑をかける期間が短い。
基本的に大人は十分な練習時間が取りにくいし、体も頭も固く、いろいろな反応も鈍くなっているので上達が遅く、また幼少期から始めた人の領域に到達することはあり得ない。質問者さんの指摘は当たっている。

だからと言って大人から新しく楽器を始めることを完全否定することに個人的には賛同できない。自分の体だけでは表現できないことを道具を使って表現したいと思うのは人間の共通の性ではないかと思う。人間の基本的欲求は認めなければいけない。

一方、大人になって始めた人は、その行為が周りに迷惑を与えないように最大限の注意を払うべきであるし、その行為がある種、自己満足を満たすためであること、周りに迷惑を与えている可能性が高いことを認めなければいけない。(その状態を認めないで上達なんてあり得ない。)
大人になって始めた人でも、たとえば年下の先生から人格を否定されるような言葉を浴びてでも上達したいと思って練習している人は個人的に尊敬する。先生から言われたことを何一つ聞かず、好き勝手に練習(練習ではないが)している人には、自分が周りからどう見られているかについて早く気づいて欲しい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hkashi04さん

2014/8/1015:46:29

質問者の嫌いだという感情を持つ事自体は別におかしいとは私は思いません。

正直個人の思いに対しておかしいとかおかしくないとかの価値判断は(少なくとも私には)できません。ただ「基本的に大人から始めた人にはそんな権利はありません」というのは字義通りに理解する限りにおいて明確に間違っています。


以下は質問に派生して大人の楽器初学者について少し考えたことです。

音楽産業全体から見た場合、大人になってから楽器を始める人々というのは非常に重要だと思います。質問者の「金儲けの養分」との表現の仕方に賛同はしませんが、結果的に音楽教室や音楽教師に対する金銭上の対価の支払いが発生することは事実です。

ただ、金銭を支払う結果、音楽を教える人や楽器メーカーなどがある程度潤うということは音楽産業や教育にとってプラスの面の方が大きいと思います。仮に大人向けの音楽教育市場が次第に縮小する場合、長期的には以下の事象の発生が想定されると思います。

1.食えなくなる教師及び教室が増える

2.大人向けの教材が売れなくなる

3.売れていたであろう楽器や音源や音楽系の雑誌や本の売上も落ちる

4.初学者が音楽に親しんでいれば行っていたであろうコンサートやイベントなどの観客が減る

これって世の中の音楽を愛する人(おそらく質問者もそうなのだと思いますが)にとって良い事なのでしょうか?大人になってから始めるひとは経済的に余裕があるケースが高いと類推される為、音楽市場への波及効果って結構あるのではないでしょうか。

たとえ上手くならなくても、結果的に音楽を好きな人が増えた場合って、即ちリスナーが増えるということでもあるので、今音楽を奏でてる人にとっては重要なお客さんだと思うんですよね。(演奏者って誰かに聞いてほしいから音楽やってる人達であるという至極真っ当な仮定を立ててます)。だとすると音楽市場の裾野を狭めるような質問者の初学者に対する考え方は、市場全体にとって本当に良い事なのでしょうか?勿論冒頭に書いた通り、大人の初学者は嫌いだ、という感情を持つ事自体は特に良否を決めれるものではないですが、音楽市場の発展という視点で考えた場合やや問題があるように思います。

私は音楽市場がより健全な形で維持発展してほしいと思っています。で、大人が新たに楽器を始めるというのは僕としては健全な形の発展の一形態です。手段は何だろうと、音楽を趣味とする人が増えないと、結果として優秀なプレーヤーや教師が食えなくなるわ、音源が高くなるわ、コンサートのチケットは高くなるわ、で音楽好きとしては好ましくない状況になるだけだと思うのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ejj_cpbさん

2014/8/1003:47:54

可笑しいです。

楽器って上手くならなきゃいけないんですか?

権利がない訳ないじゃないですか


楽器するのに年なんて関係ないです。

と 小学生から楽器やってるやつが言ってみる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

san_gary_royさん

2014/8/709:31:57

いやはや、狭いなあ、料簡がさ。

大人になってから楽器始めて上手くなった人はいくらでもいるよ。
才能と耳の良さと、どれだけその音楽(楽器)に打ち込めるかだよね。

ワシをこの道に誘ってくれたS氏は23歳からサックスを始め26歳からプロとして活動していた。45歳までプロ生活をしていた。
ワシも高校生の頃はトランペットを吹いてS氏と一緒に当時のサラリーマンの倍以上のギャラをもらっていた。22歳のころかな。

今はギターを弾く。ギターに触れたのは22歳。アレンジの勉強のつもりで始めたが。
子育てで中断。43歳を過ぎて再び猛特訓したさ。きちんと先生についてね。

今は趣味と実益を兼ねてアマチュアだが演奏活動している。
日帰りの演奏ツアーでもアゴアシ(食事と交通費)別で1~3万程度のギャラを頂く。
まあ、機材は自分のアンプなどは持ちこみだがね。

ワシの回りや友人にはこんな連中がたくさんいるよ。
一流とは言えんがそこそこの技量は持っているし、譜面も読めないアマチュアレベルではない。彼らは好きで始めた音楽で結構年齢が行ってから始めた人も多い。

初見は聞くし、その場で耳コピで譜面もかける。本番直前に譜面が回ってくるなんて事もよくある事。自己流とはいえ、人様に聞かせるアレンジもできる。
ワシも当然そのくらいの事はやる。

要は音楽が好きなのさ。ワシも本業は別に持っておるよ。だからギャラはその日に使ってしまう。

何でそんな考えになるのか理解が出来ん。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。