ここから本文です

二葉亭四迷がI love youを「私、死んでもいい」に翻訳した経緯を具体的に記述する...

seiei504さん

2007/11/2914:51:19

二葉亭四迷がI love youを「私、死んでもいい」に翻訳した経緯を具体的に記述する本や書類資料を探していますが、なかなか見つかりませんでした。情報提供のご協力を皆様にお願いしたいのです。

閲覧数:
9,559
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2007/11/2920:55:17

説1: ロシア語の作品である「あひゞき」を翻訳する時に考案した。
説2: 小説「浮雲」を書くときに、翻訳語として使った。
説3: そのエピソードは、実は「坪内逍遥」のものだった。

このあたりから実証を探してみては、いかがでしょうか。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

soriabaroloさん

2007/11/3013:21:08

ツルゲーネフの『片恋』(原題アーシャ)の中の、
「Я люблю Вас」を「死んでもいい」と訳したようです。
http://www.byeryoza.com/topic/log1/iloveyou.htm
http://www1.odn.ne.jp/siberia_fl/siberia/main_menu/essay/037_siberi...

米原万里のエッセイ『不実な美女か、貞淑な醜女か』(新潮文庫)に詳しく説明されているそうです。
http://www1.cds.ne.jp/~rimland/words/25.html

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kaki20021102さん

2007/11/2923:11:29

明治時代は、女性が男性に対してはっきりと好意を持っていることを告げるのは、
大変下品なことであり、たとえ男性の側がその女性を愛していることが明らかでも、
女性は「私も愛している」などと口にするべきではない、という社会的な通念があったから。

邦訳に際して、しかし女性もその男性を愛していることがわかるセリフをあてはめたのだ。

と、大学生の頃、近代文学講義で先生の説明を受けたことがあります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する