ここから本文です

解決済みのQ&A

某大手スタンドで「左後タイヤに釘が刺さってる」と言われ修理したんです。でもスタ...

snak2600ayameさん

某大手スタンドで「左後タイヤに釘が刺さってる」と言われ修理したんです。でもスタンドに寄る前に車検場でタイヤチェックしてもらってたから(2つの距離わずか200m)"こんな 短い走行で釘刺さるか!?"と疑問に思ったので車に詳しい方の意見を聞きたくて。スタンドの対応で気になる事もあり→持ち運び圧チェック機械が壊れてるから別のでチェックすると左が死角になるとこに移動させられた(こんな事初)。点検してるの見てればよかったんですが別の場所にいて「やはり釘刺さってました」とタイヤ持ってこられた。まさか大手スタンドが故意に釘刺したりしないですよね?私の考え過ぎでしょうか?

補足
ちなみにスタンドの人に「右後タイヤは圧2.0なのに左は1.5しかないから釘刺さってる可能性有」と言われた。仮に車検場出てすぐ釘踏んだとしてもわずか200mの走行で0.5も圧減るものでしょうか?
  • 質問日時:
    2008/1/25 18:03:12
    ケータイからの投稿
  • 解決日時:
    2008/2/9 04:04:17
  • 閲覧数:
    5,516
    回答数:
    5

ベストアンサーに選ばれた回答

yarusenai100さん

最近これと同じ状況の質問増えましたね。
別の質問でも答えたのですが、かなり前ですが私がガソリンスタンドでバイトしていた時に、そこのオーナーから「女性で車の事を何も知らない様な人が来たら、
タイヤにクギを刺して新品タイヤを売りつけろ!そうしたらお前達にタイヤ1本で1,000円のボーナス出してやる!」と言われていました。
刺さった釘を確認しました?でもこればかりは時間を戻して確認する事ができないので、次回からは必ずタイヤチェックの時は自分も一緒に見る事です。

スタンドでタイヤのチェックです!と言われても「結構です」と断わるしかないでしょうね。
その分、貴方もタイヤのチェックを怠らないようにね。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(4件中1〜4件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

kazurou501430さん

ワイヤーがあるから簡単には刺さらないのです。
仮に刺しても釘の頭が磨耗しているかどうかで解りますが、それだけで判断は危険です。
釘の頭が削れる、または磨り減っていない場合は工作の可能性もありますが、ちょっとでも削れたり、頭に傷がある場合はパンクとして処理されます。
自分でこまめに点検しましょう。

farmtoriko0210さん

スタンドの人に「右後タイヤは圧2.0なのに左は1.5しかないから釘刺さってる可能性有」って、僕も言われました。

全く同じセリフでした。

挙句の果て、空気を3.0ぐらいまでパンパンに入れ、洗剤を垂らして、「ほらここから泡が出てる」と。。。
「そりゃパンパンにすれば漏れるよ」と思いましたが、
それはたぶん、京都南IC付近のスタンドの人で、車が浜松ナンバーだったから、余計そう言われたのでしょう。。。

「理想はタイヤ4本交換だけど、これ1本だけでも交換した方が良いですよ」
と言われましたが、帰りの高速代なども必要で、お金がなかったので、
「パンク修理3000円で」で押し通しました。

それから2年くらい同じタイヤを使用しましたが、何ともありませんでしたよ。

jt150turbo5mthbさん

1.スタンドが工作した。
2.車検場→スタンドで釘を踏んだ。
3.車検場以前から釘を踏んでいた。
の三つが考えられますが・・・・・

どれかと言えば偶然刺さった2または3を信じます。
例え死角に持って行かれたとして、もしあなたが見に行ったらどうやって細工するんでしょうか。
別の回答者の通り、簡単に釘を刺すことは出来ません。

また、車検場でタイヤチェックと言ってもどこまでどのようにしたのか判りません。
その時後ろ左右とも2.0と言われたので有れば確実ですが、見逃しも考えられます。
もしかしたら既に釘が刺さっていたかも・・・・・

くぎの頭を見れば車に刺さっていたのか判る場合もあります。
今後は疑わしいので有れば、事が起こる前にご自身で注意するしかないですね。

venustouganeさん

パンクなんて1m走ったって刺さる時は刺さります。

はっきり言って、パンクしてないタイヤに釘を刺す事は容易ではないですよ。

サイドに刺さっていれば直ぐに空気が抜けパンクしている事に気付くだろうし、トレッド面の下にはスチールベルトが編み込まれているので容易には刺せません。車の車重が有るから刺さるのです。手で刺すには硬くて厳しいですよ。数秒では刺せません。

補足について

車検場の確認は山の深さの点検だけだったのでは無いでしょうかね。
恐らくその前から刺さっていたのだと思います。
___________________________________________________


パンク箇所の確認は、規定よりかなり高めに空気を入れ薄めた洗剤液を吹き付け漏れの確認をします。
パンクしてない場所はどんなに空気圧を高くしても漏れません。パンパンにしたから漏れるのではなく、釘が貫通しているから漏れるのです。
そして、通常の空気圧で漏れてなくても、走行中のタイヤの変形で徐々に漏れますので停止中に確認するにはパンパンにして確認するのです。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/1/26 20:16:56
  • 回答日時:2008/1/25 18:46:46

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する