ここから本文です

解決済みのQ&A

地図を見ていると「至東京」「至大阪」と記載されているんですが読み方はどうなり...

chinpon2008さん

地図を見ていると「至東京」「至大阪」と記載されているんですが読み方はどうなりますか?

  • 質問日時:
    2008/2/17 06:56:11
  • 解決日時:
    2008/3/3 04:50:55
  • 閲覧数:
    2,697
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

xmdyr183さん

「いたる東京」で良い。「東京へいたる」などとは読まない。
「乞御期待」を何と読むか。「こうごきたい」と読む。「御期待を乞う」とは読まない。
これと同じ。
上の見当違いの回答をしたonlytheyoungunderstandさんへ
あなたは「読書」をレ点を付けて「書を読む」と読むのですか?
違うでしょう。頭の方から普通に「どく(読)しょ(書)」と読むのでしょう。
同じように「至東京」も頭の方から「いたる東京」と読むのです。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/2/17 17:44:41
  • 回答日時:2008/2/17 07:41:47

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

owaraiotokonoseizaさん

「至東京」は、文字ではなく記号です。
「←東京」と同じ意味の記号なのです。
「←東京」を「ひだり矢印東京」とは読まないように、「至東京」も口にすることばではありません。

無理に読むなら、「至る東京」です。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2008/2/17 11:17:22

onlytheyoungunderstandさん

日本語に「いたる東京」という並び順はありません。
レ点をつけて「東京へいたる」です。

論語の「夫子至於是邦也。必聞其政。」
これをなんと読むか考えてください。
「夫子この国に至るや、必ずそのまつりごとを聞く」
ではないでしょうか。
同じく「或乞醯焉」も「ある人酢を乞えば」と読みます。
日本語では「読書」(書を読む)を(読む書)にしてしまうと意味が変わってしまうのです。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/2/17 09:03:20
  • 回答日時:2008/2/17 07:19:02

nullstrings27さん

訓読みで「イタル」と読んでいます。音読みの「シ」では何のことかわかりにくい。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する