ここから本文です

アジア2次予選で意外な国々が上位に来ています。 香港は中国と引き分け現在首位、...

cikachiさん

2015/9/415:08:36

アジア2次予選で意外な国々が上位に来ています。
香港は中国と引き分け現在首位、フィリピンはバーレーンとイエメンに連勝してグループ2位、グアムも2勝して勝ち点6で2位につけてます。

シンガポールは日本と引き分け、シリアにもアウェーで善戦したようです。
これらの国々は今までアジアでも下のレベルに分類されていましたが、予選での戦いぶりはレベルアップの表れだと思います。

これらの国々のレベルアップの要因は何でしょう?わかる国だけでいいのでお答えお願いします。

閲覧数:
110
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tamatamassuさん

2015/9/621:25:27

1.まだ2試合3試合の消化。2試合消化の国と3試合消化の国があることが挙げられる
当然3試合消化した国の方が勝ち点は上積みされやすい
2.まだ2試合3試合なのでそのグループで1位2位を争う国が戦ってなかったりします
3.シード国と第二シード国の殆どまだ2試合消化です

現状番狂わせと言えるのはフィリピン対バーレーンでフィリピン勝利だけです
日本イラン中国ヨルダンに引き分けに持ち込んだシンガポールトルクメニスタン香港キルギス辺りはまあ健闘はしたという程度
グァムはそもそも勝った相手はトルクメニスタンとインドですよ?
同レベルの相手に勝っただけ

フィリピン代表はハーフが多い
シュテファン・シュレック(ドイツハーフ)
ニール・エザリッジ(イギリスハーフ)
Pヤングハズバンド(イギリスハーフ)
それぞれ2部とか1部でもレギュラーにまでは至っていない位ですがプレミアやブンデスなどの経験があったり現在でも在籍したりしてます

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。