ここから本文です

量子論と量子化学と量子力学の違いって何ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

kat_tunewsさん

2008/4/2315:46:58

量子論と量子化学と量子力学の違いって何ですか?

閲覧数:
1,366
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/4/2315:58:50

量子論を「定性的」に扱ったものが量子化学、「定量的」に扱ったものが量子力学ではないでしょうか。また、量子論は理論の総称、量子化学と量子力学はその具体的な手段と考えてよろしいかと。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2008/4/2904:40:01

なんか、ふざけた回答しかないね。

量子論だと、前期量子論の話から最新の場の量子論まで含むような
非常に大きな枠組みを表すと思います。
量子力学と量子化学はその一分野と言えるでしょう。

そして、量子力学と量子化学の違いですが、
ほとんど同じようなものでしょう。
まして、「定量的か定性的かの違い」なんて嘘も良いところです。
大きな違いは、物理学科の科目か化学科の科目かということです。

量子力学ですが、電子や光子が波と粒子の両方の性質を持つという
事から発展した ħ という小さな数字が関与する物理の分野です。
ほとんど完成してるのでしょうが、観測や解釈の問題など未解決の部分もあります。
大学で量子力学の講義を受けた人だと、
化学と密接に関連する部分では水素原子(クーロンポテンシャル)の問題を解きます。

量子化学ですと原子や分子の構造の話がメインになる訳ですが、
これは量子力学では後の方(勉強しない人も居る)ような物理の内容を使います。
これをまじめに勉強すると、物理をちゃんと勉強した人でもかなり苦労します。
なので、計算は程々に、結果を中心に書いてある本が多いように思います。
分子などになると電子の数が増えるので水素原子のように厳密に解けないので、
数値計算を使った研究などもあるようです。

量子力学の本にも原子や分子の事をしっかり書いている本もありますが、
非常に少ないですね。
それだけ難しい内容なのです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2008/4/2415:01:24

量子論…前期量子論+量子力学

前期量子論…量子力学の理論体系の完成以前に考え方、多くはボーア仮説に基づき、不完全な理論
(量子力学から見ると一部間違いもある)

量子力学…重ね合わせの原理と不確定性原理+いくつかの定義から理論的に得られる学問体系
(理論的に完成しているが、応用ではいまだに発達している)

量子化学…量子力学のなかで化学に役立つ部分を取り出して、寄せ集めた分野

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する