ここから本文です

解決済みのQ&A

ヨウ素‐でんぷん反応の発色機構について ヨウ素‐でんぷん反応の発色機構について知...

bridge_of_friendship_yesさん

ヨウ素‐でんぷん反応の発色機構について
ヨウ素‐でんぷん反応の発色機構について知っているかたがいらっしゃいましたら教えていただけませんか?

  • 質問日時:
    2008/6/5 23:53:42
  • 解決日時:
    2008/6/20 03:35:30
  • 閲覧数:
    3,897
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

gbf225さん

らせん構造を取るデンプン分子の中央部分にヨウ素が取り込まれることにより,発色すると広く記載されています.しかし,ヨウ素デンプン反応は大変鋭敏であり,I2だけでこのような濃い発色があるのかどうか疑問です.また,デンプンの種類による色の違いなど十分説明がありません.

取り込まれる化学種は,I5-であるという論文がいくつあります.5個のヨウ素が直線上(少し折れ曲がっているようですが)に並んだアニオンで,らせん構造が長ければさらにヨウ素がつながる(弱く接触する程度に)可能性が示唆されています.

このような,アニオン種がらせん状のデンプン分子に包み込まれると安定に存在し,これが濃い青色を呈するとする説明の方が妥当ではにかと思います.

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/6/7 00:35:31
  • 回答日時:2008/6/6 23:31:50

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

jmys9797さん

ヨウ素はそのままではほとんど水に溶けず、ヨウ素イオンの存在下で[I3]-イオン(無色)の状態で存在します。

ヨウ素澱粉反応ではヨウ素分子が澱粉のらせん構造に入り込み安定化することでヨウ素分子の色が現れます。

[I3]- ⇔ I2 + I-
(無色) (紫) (無色)

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する