ここから本文です

若年者等トライアル雇用併用求人

tablecrossesさん

2008/6/1623:11:07

若年者等トライアル雇用併用求人

最近、職安で「若年者等トライアル雇用併用求人」というのを聞きました。
とりあえず何だろうと思い内容を見てみると企業をインターシップのような形で体験できるということで面白いなと感じました。
しかし、その応募できる企業を見てみると、休日が少なかったり、基本給が少なく手当てが高く出来高制というような企業が多く、あまりいい印象は持ちませんでした。
どなたか、実際に受けられたり詳しい方がおられましたら情報お願いします。

閲覧数:
71,150
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2008/6/1623:36:03

若年者等トライアルは、試用期間と似ていますが、少し違います。
トライアルは、未経験者や経験の浅い方が仕事に就く場合、お互いとりあえず仕事して(雇って)みましょうという制度で、35歳未満の方に限られます。
ですが、経験者はたとえ35歳未満であってもこのトライアル制度を利用することはできません。
例えば、経理経験が10年近くもあるような30歳の方が、トライアル併用求人と書いてある経理の職種の求人を希望してもトライアルでの応募はできないということです。
もちろん、通常通り一般での応募は可能です。

ただ、試しに雇うというのでは、ほんとに普通の試用期間と同じになってしまいます。
一番違う点としては、雇われた方の給与の一部が国から出る(補助として支給される)というところでしょうか。
もちろん補助として出す金額に上限はありますが、国が少し補助するからとりあえず雇ってみて(雇わないうちから判断しないで)下さいと言える点が違うかと思います。
あと1つ、一般的な試用期間として違う点は、トライアル期間は有期雇用という点です。(トライアルは最大3か月までです)
また、必ず雇用保険をかけることが条件となっています。
更に、トライアルで雇用した場合、事業所は安定所にトライアル期間中の間必要書類の提出をしなければなりません。
ですので、一般の求人より極端に悪い条件にはなっていないと思うのですが・・窓口で相談までされてみましたか?

それと、トライアル終了後ですが、トライアル期間中に仕事をしてみて(雇ってみて)双方ともにこのまま仕事してもいいなということであればそのまま正式に雇用となりますし、もしトライアル期間だけで終わりたいということであれば契約期間満了(有期雇用なので)ということで、履歴書も解雇ではなく契約期間満了と書くことができます。

因みに余談ですが、トライアルは他に、母子家庭トライアル・中高年トライアルというものもあります。


ご参考になさってください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する