ここから本文です

解決済みのQ&A

大学受験の後期日程は難しいんですか?

nothrs9314さん

大学受験の後期日程は難しいんですか?

国立大学の理系の学部を受けようと考えています。
そこで質問なのですが、大学受験の後期日程は難しい(問題が?パスするのが?)と聞きました。
詳しくは分からないのですがこれは信じていい情報でしょうか?
また、なぜ後期日程は難しくなるのでしょうか?
大学を受験するとき、こういった作戦(?)を立てなければいけませんが、あまり詳しくありません。
皆さんの協力が必要です。
よろしくお願いいたします。

  • 質問日時:
    2008/6/17 22:54:04
  • 解決日時:
    2008/6/24 20:43:41
  • 閲覧数:
    6,550
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

pegasussky08さん

最大の理由は定員が少ないことです。
倍率が上がるから偏差値も上がる。
が、合格者最低点を前期と比較すると後期のほうが低い場合もあります。
センターがよかった優秀な学生は前期で決まってしまい、
失敗組がリベンジするのが後期。
でも彼らは出来は悪くないので偏差値も下がらない。
前期に合格して入学手続きすれば後期は受けられないので後期の倍率はグッと下がります。

2月頭から始まる長い受験期間は早期決着がベスト。中だるみします。後期は出来れば受けたくないもの。
しかし、後期は、二次試験ナシとか「小論文のみ」とか、科目的に受けやすくなっているのも事実。

地方国立大では逆に、前期が文系3科目とかで後期が科目数が多い場合もあります。
あれは、前期で優秀な地元出身者を獲得しておきたい目的と後期で商業・工業高校出身者を取りたいと
いう意図が感じられますね。

作戦としては、ごく、オーソドックスな進学校の指導に従えば、下記のような流れになります。

①推薦/AOでいけそうな大学で、行きたいところがあれば1本に絞る。(年内)なければ、②以下の受験日程をこなす。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
②1月下旬のセンター試験に全力を尽くす。国公立志望校は、だいたい3~4校候補に上げておく。
③2月から始まる私大をランク別に、3~4校、個別試験かセンター利用で出願しておく。
(難関校は個別で挑戦する。入りやすそうな私大はセンター利用で十分)
④センター試験後の1月末。自己採点で大手予備校の合否判定にかけ、先生と相談して国公立前期・後期を各1校
出願する。
⑤2月上旬 私大を順次受ける。
⑥2月中旬~下旬の私大合格した中で一番行きたい大学1校に「入学金」(25万~40万)を払う。※返ってきません。
全部落ちていたら、追加出願できる私大に出願する。
⑦2月下旬に、国公立前期試験を受ける。追加出願した私大があれば3月にかけて順次受ける。
⑧3月上旬に、国公立前期の合否発表を受け、(1)合格してたら行く(後期は辞退)
(2)落ちてたら後期を受けるか、入学金を払った私大に行くか決める。
⑨3月中旬に、国公立後期を受ける。
⑩3月下旬の、国公立後期の合否発表を受け、(1)合格してたら行く(2)落ちてたら私大にいくか、
浪人を決断する。

いずれにしても、「早期決着」「センター重視(逃げ切り)」が、成功の方程式です。
後期で地元を離れた国立とかに受かったら、下宿探し・引越しがたいへんです。これ、ほんと。

ここで一番大事なことは、「合格したら行きたい大学だけを受けること」。
でないと、この知恵袋で入学してからまた悩み相談、「仮面浪人」をしたいとか、「編入に挑戦したい」とか、4月、5月は
多いんですよ。優柔不断で親泣かせなことになってしまいます。「行きたくない大学は1校も受けるな」ということです。
だから、後期は出願しても受けない人も多いんですよ。

だいたい、前期は第一志望で高い目標を受ける。後期は同じ大学でもいいけれど偏差値があがるから、レベルを下げて
出願するから、合格しても悩む場合が多いのです。後期で、ほんとうに受けたい大学がなかったら、受ける必要はないし、
先生は安全策をとれというけれど、難易度が上っても、前期と同じ大学に出願する、というのもある意味正しいと思う。
まあ、前期が経済学部で偏差値60なら、後期は経営学部で偏差値58にするとか、学科を変える場合があってもいい
ですけどね。

親、先生のアドバイスも大事ですが、出願する大学は最後は自分で納得できる大学だけを受けること。
いくら周囲がすすめても、自分自身が面白くなかったら4年間持ちませんし、払った学費が勿体ない。

それから、偏差値や難易度は、同じ60でも75%でもやや幅があるのです。
一番正しい比較は、ホームページ等で公開している前年の入試結果の、「合格者平均点、最低点」(%)だと思います。
この数パーセントの差は、大きい。同じ点数をとっても、志望学科には落ちて隣りの学科なら受かっていて悔しい思いをする
ってこともあるのです。

実際、ある有名私大にほぼ成績の同じA子さんとB子さんが受験したとき、最初、同じ社会学部を志望していて、
A子さんはそのまま社会学部に出願・受験、B子さんは出願直前でデータを見て、昨年の合格最低点や実質倍率の低い
法学部に変えた。結果は、A子さんが不合格で、B子さんが合格した、というケースがあります。よくあることです。
出願は、データ、情報を制することが有利です。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/6/18 03:34:43
  • 回答日時:2008/6/17 23:44:58

質問した人からのお礼

  • 皆さんありがとうございました。
    BAに選ばせていただいた方は受験本番までのプロセスも書いてくださり
    とても分かりやすかったです。
    改めて大切だと感じたのは「行きたい大学に行く」ということです。
    充実した4年間を過ごすためにも妥協はしたくないですね。
    一生懸命がんばります。本当にありがとうございました!!
  • コメント日時:2008/6/24 20:43:41

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

hanhanhyanさん

問題が難しくなることはないとは思います。ただ倍率が高いということ。後期は合格人数がかなり少ないですからね。

maribon03さん

後期は定員が少ないので、一般的には、合格難易度は高いです。

tecnical_errorさん

定員が少ないので、倍率は高くなります。しかし、受けるのは皆、前期に落ちた人です。
東大京大だったら間違いなくレベルは下がります。

それ以外の大学の場合、前期ではもっと難易度の高い大学を受けた人が安全パイとして受験します。
よって必ずしも受かりやすいとは言えません。

前期で受けるところより入りやすそうなところを狙うのが、浪人を防ぐにはよい方法です。
もし意中の大学が決まっているならばそんな打算は要りません。再チャレンジしてください。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する