ここから本文です

「具体の内容」って表現は変ではありませんか?

jr8vvaさん

2008/7/901:06:04

「具体の内容」って表現は変ではありませんか?

私の職場では「具体の内容」という表現を時々使う方々がいます。どうでも良い話ですが、日本語的に変ではないかと思います。
せめて「具体的な内容」ではないかと思います。
でも、文法的に誤っていると上手く説明ができません。どなたか説明できる方がいましたら、ご教示願います。
あと、「基本の考え」とかも聞かれますが、不可解です。

閲覧数:
3,990
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

exdiscusさん

2008/7/901:45:53

具体そのものに内容は無いため「具体の内容」といわれても、ん?と思うのだと思います。
たとえば「具体的な意味」と「具体の意味」では全く異なるものですよね。
「基本の考え」も同様に基本そのものに考えはないので違和感が生じるのだと思います。
考えとは本来、人や時として動物のための動詞ですからね。

「●●的な」とすることにより、●●の意味ではなく指し示す事象の核を指すことになります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kirdemureさん

2008/7/923:38:26

現代の日常語として使われる頻度、という観点からお答えしますと、
「具体の内容」は、やはり「変」といわれて当然だと思います。
よほど観念的な、特別な意図があるのでない限り、
日常会話で、一般人はそういう語の使い方はしません。
たとえば、放送局のアナウンス原稿では、決して採用されない表現です。
社会通念的に、「一般人の語彙」としては
「具体の」という用法は、ほぼ、無いに等しいと言えます。
名詞「具体」が、日常的表現で使われるのは、「具体的」「具体性」「具体化」
「具体例」「具体案」・・・というように、あとに直接かかる語をつけた形です。

「具体の内容」は、普通の人の語のレベルでいえば、
やはり「日本語的に変」です。
それを使う方は、実際には
「具体的な内容」「内容の具体化」「内容の具体性」などのうちの、
どれかを指しているものと思われます。

しかし、「基本の考え」は、一般的に使われる語ですし、
通常の表現として、普通の日本人には通じるはずです。
「基本となる考え」あるいは「基本的な考え」に近い、あるいは等しい
内容だと思います。
何かについての「もとになる考え」ということでしょう。
アナウンス原稿でも、こちらはOKです。
「基本」は「具体」とちがって、「基本」だけで独立して使う例は
いくらでもありますし、「基本の」という使い方も一般的です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アップロード写真

知恵袋マスター

fontomanieさん

編集あり2008/7/903:35:34

必ずしも変ではありません。
この場合の「の」は所有格ではなく“~の属性をもった”という意味の連体修飾語を作るはたらきをするものです。
「苦渋の決断」、「畢生の大作」、「究極の選択」などと同類で、明治時代には多く見られましたが、次第に形容動詞化していきました。
「意外の結果」→「意外な結果」、「異常の言動」→「異常な言動」、「猥褻の行為」→「猥褻な行為」
「特別の事情」/「特別な事情」は現時点では併存状態ですね。

「具体」は“体を具(そな)える”という動詞句であり、“体を具えた”という連体修飾語になっても不都合ではありません。
「憂国の士」「忘恩の徒」と言えるなら、「具体の案」とも言えるのです。

「的」の有無は慣用の差という側面があります。
「進取の気象」という言葉があると同時に「進取的の気象」と言った例もあります。
>古来農業を主としてゐるので、動(やや)もすると進取的の気象に乏しいが、…
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/ikeuti.html
>彼は国学・神道が専門であるが、蘭学の影響をも受け進取的の思想を有していた…
http://shushen.hp.infoseek.co.jp/keihu/mutobe/mutobekei1.htm

こうして「具体の」と「具体的の」という二つの言い方が生まれ、後者が上に述べたように形容動詞化して「具体的な」になったわけです。
ですから、どちらが優勢か、一般的か、標準的かと言えば、「具体的な」のほうに軍配が上がるかも知れませんが、「具体の」は変だとは言い切れないと思います。
下記の例などは一種の“業界語”と見られてもしかたがないのかなという気はします。
>個別具体の事務・事業等の見直しを行い、政府として平成13年度中を目途に実施計画を決定する予定です。
http://www.gyoukaku.go.jp/jimukyoku/koueki/gutaika/index.html
>こういう考えでございますから、具体の内容について私は申し上げることはできません
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080606/plc0806062124009-n2...

「具体の内容」という表現に対する違和感は理解できます。
これに対して「基本の考え」は、私のようなへそ曲がりでない方でも、それほど違和感はないのではないでしょうか。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する