ここから本文です

空手、合気道、テコンドー、カンフーの違いを教えてください。

konoki_nannoki_0077さん

2008/7/1911:17:46

空手、合気道、テコンドー、カンフーの違いを教えてください。

閲覧数:
4,257
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

scull4999さん

編集あり2008/7/2217:47:01

空手・・・琉球で発生した中国武術を元にした武術。中国武術同様に、少林流、那覇手、首里手、御殿手(うどんでい)など様々な種類がある。明治以降に日本に入り、日本古来の拳法などと融合して発展した。試合では実際の打突を行う組み手と、型の表演がある。
※空手の源流が韓国のテコンドーやテッキョンと言うのは事実ではありません。こういう「ウソ」を主張しているのは韓国人だけで、歴史的な裏づけはありません。空手が琉球から伝わってきたことはさまざまな研究から明らかで、源流をたどれば「半島ではなく台湾、華南(広東省や福建省)」になります。

合気道・・・大東流を学んだ植芝盛平が創始した武術。大東流から学んだ「合気」を技術の中核に据え、打突よりは関節技、投げ技を主とする。
※これも「韓国のハップキドーに似ている」ではなく、ハプキドーが日本の合気道を韓国化したものです。

テコンドー・・・日本支配時代に流入した空手を元に韓国で発生した格闘技。打突、特に脚による打突を主とし、ダメージその物よりも「美しく決めること」を評価する。各種の蹴り技が空手などに逆に影響を与え、「かかと落とし(ネリョチャギ)」などが有名。別名「脚のボクシング」。

カンフー・・・功夫と書く。元々は「長い時間をかけた修行の成果」の事で、多くの中国武術がこの功夫を重視する事から、中国武術の代名詞となった。実際にカンフーと言う武術が存在する訳ではなく、中国に伝わる伝統武術のうち、打突を主とする「拳法」の総称となる。
中国武術には他に関節技を主とする「擒拿」、投げ技を主とする「シュッ角」などが徒手武術として伝わる。
太極拳や形意拳、八卦掌などが中国武術として有名だが、一般的な「カンフー」のイメージでは少林拳をはじめとする「外家拳」が多い。
外家拳は太極拳などの内家拳と異なり筋骨を鍛える外功を重視し(無視する訳ではないが、どちらかと言えば内功より外功を重視する程度)、鍛え上げた肉体で拳打を行う。実際の武術よりは映画で紹介されている「イメージとしてのカンフー」の方が認知度は高い。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cof_300さん

編集あり2008/7/2613:30:18

質問とは違う内容ですが付け加えると☆空手キョクシンの創始者は朝鮮のテッキョンを若い時に学んだ。いわば最強空手のルーツ。☆合気道は打撃がないだけハップキドーより偏っている。試合もしない…SAは打撃がある☆テコンドーの噂、日本で1番強い武道家はテコンドーを使う人らしい☆中国拳法は八極拳が若い人には有名。技の中にはお百姓さんがヒシャクを担いだ形があったする。
以上。ご参考まで

oh_romeo_kunさん

編集あり2008/7/2121:31:57

空手
韓国の古武道カラやテッキョンが(カラテ?)源流とゆう事を最近知りました。主に突きと蹴りで闘います。極真が最強です。

合気道
投げ技関節技が主の武道です。韓国のハップキドーと似ていますね。
誰でも植芝、塩田さんにはなれません。

テコンドー
テッキョンの進化系だと聞きました。蹴り技が目立ちますが危険な手技も豊富らしくルールなしでは一番実践的で強いとの話しです。

カンフー
中国の拳法。動物を真似た象形拳が主に多いです。形にこだわらない意拳と太気拳が強いです。

2008/7/1916:33:26

空手


打撃技主体の武術

テコンドー


空手より足技に特化した武術。踵落としや回転技で有名。


合気道


関節技と投げ技が主体だが、体当たりや指で相手を突いたりすることもある。当て身をいれながら受け身がとれない体制で投げたり危険な武術である。


カンフー


中国武術の世界で使われる言葉で、修練という意味。従ってカンフーという武術は存在しない。

jakuenkiさん

2008/7/1912:44:09

空手 沖縄が発祥の武術
合気道 植芝さんが創始した武術
テコンドー ホンヒさんが創始した武術
カンフー 中国武術の総称ですが、
練習や鍛錬の蓄積や、それを行った人を
言うこともあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。