ここから本文です

26次元というのを聞いたことがありますが、誰も知っていませんどうか教えて下さ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

roisukureyonさん

2008/8/1117:26:11

26次元というのを聞いたことがありますが、誰も知っていませんどうか教えて下さい。

閲覧数:
2,907
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hoory1960さん

2008/8/1200:17:34

マサチューセツ大学に勤務していた南部陽一朗先生が提唱した「超ひも理論」です。

物理学の進化は異なる現象の統一です。

ニュートンは地球の落ちる現象と、落ちない月を同一の力学で説明しました。
マックスウェルは磁場と電磁気を同一の方程式で説明しました。

でも力の4大要素(強い力・弱い力・電磁力・重力)の統一は困難を極めました。
強い力:陽子と中性子を繋ぎ止める力
弱い力:中性子が壊れる力(放射線を出す現象)
(アインシュタインはこの4つの力の統一を夢見てました)

そして提唱されたたのが、南部陽一朗の「超ひも理論」です。
この「超ひも理論」の解を求めると26次元が出てくるのです。
(現在では10次元でも「超ひも理論」の解が得られると知られています)

またダークマターもこの解の産物です。
26次元の世界には、強い力・弱い力・電磁力が干渉しない次元(重力しか干渉しない次元)が出現します。

この理論と、天体観測(観測されてイいない以上の重力がないと銀河運動の説明が付かない)が重なり、ダークマターの存在が提唱されています。

質問した人からのコメント

2008/8/19 01:12:37

大変詳しい説明ありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

touhokutaro1さん

2008/8/1120:11:38

超ひも理論の初期の頃の余剰次元数ではないでしょうか?段々と必要数を絞ってきており今は11次元まで少なくなったと思います。リサ・ランドールは5次元を考えているようですが?よくわかりません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する