ここから本文です

価数についてです。 CuやFeやSi、Pbなどには価数が2つありますよね。これの理由を...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

runmen1500shさん

2008/9/2418:03:38

価数についてです。
CuやFeやSi、Pbなどには価数が2つありますよね。これの理由を教えて頂けますか?
ひどいものでは窒素なども。。。
「両性酸化物」と言われても意味が分かりません。精解お願いします。

閲覧数:
1,569
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tcdd815さん

2008/9/2420:19:25

ある元素に安定な状態の価数が複数あることと、「両性酸化物」は全く関係ありません。

極論を言えば、どんな元素にも、たくさんの価数があります。
Cu4+なんてのも、やる気になれば作れるかもしれません。
しかし、これはきわめて不安定で、すぐに安定なCu2+などになってしまいます。
質問者様のおっしゃる「価数」というのは「安定な価数」のことで、Cuなら1+、2+、Feなら2+、3+、Sn(Si?)なら2+、4+、Pbなら2+、4+の価数がたまたま安定です。
安定な価数は別に1つとは限りません。2つぐらいあっても普通です。
おっしゃるとおり窒素もそうです。
イオウなら
H2S→-2、SO2→+4、H2SO4→+6
の3つがあります。単体、つまり0も含めれば4つですね。2つおきでなんだか規則的。
マンガンなんかは2+、3+、4+、6+、7+などがあります。

理論的にその理由を述べるとなると、電子軌道の概念を元に説明することになります。
今の教科書にはほとんど書いてないので、詳しく知りたければ学校の先生に聞いたりしてみてください。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kikancho24さん

2008/9/2603:43:05

温度とか、ようすによって、酸素が化合する
鉄の、分子の数が違うから。

化合する、ひりつが違うから。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する