ここから本文です

同和地区とは何でしょうか?

age34ckb045さん

2008/10/3016:03:29

同和地区とは何でしょうか?

職場で同和教育を受ける事がありますが、同和地区だの被差別部落だの言われてもさっぱりわかりません。
私自身は差別するつもりなど一切ありませんが、なぜその地区出身と言うだけで差別されているのかもわかりません。
そもそも今でもそのような差別があるのでしょうか?

閲覧数:
102,734
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/10/3019:43:50

部落差別でよく誤解されるのが、きっかけが江戸時代の士農工商●●○○と言われていますが、これは過去からの差別を江戸時代に制度として明文化されたに過ぎず、はじまりは平安時代とも奈良時代とも言われてます。

○○=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%A2%E5%A4%9A
●●=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E4%BA%BA


彼らは、当時の大きな町(都等)の特定の地区に追いやられ特定の職業に従事し、彼らが住んだ町が今に言う被差別部落と呼ばれたのです。(過去形)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A8%E8%90%BD%E5%95%8F%E9%A1%8C

現在も部落差別は残っているかというと「残っているとも残っていない」とも言われますが、西日本は学校教育で差別反対を教えてきたので逆に人々の意識に残っています、ただ、差別撲滅、差別解消等の施策や、特定の職業から生まれる利益の独占等から”特権”、”利権”問題を生んでいるのも事実です。
一方東日本は北海道は歴史が浅く多分被差別部落はありません。首都圏は区画整理し町の名前を消し、住民を強制移住させて痕跡を消してしまい、学校教育からも抹消したので痕跡を探すのは素人には難しい。ただし移住先の地区は周りから白い目で見られ、被差別部落とは言われませんが差別がある事は事実です。現に東京羽村市の会社員が逮捕された事件(2003年)では、23区内の元部落民のすんでいる地区を特定し大量の葉書を送りつけています。

ともかく、特定団体や闇の勢力、利権がらみ等の話が多すぎるので、いろいろな情報をご自分で収集される事をお勧めします。

参考までに関連の情報の名前を書きますヒントにしてGoogleで検索してください。
●事件
埼玉の狭山事件、兵庫の八鹿事件、東京の連続大量差別はがき事件、ハンナン牛肉偽装事件、飛鳥会病院事件
●部落問題を取り上げた作品
小説:破戒(島崎藤村)、橋のない川(住井すゑ)、枯木灘(中上健次)
楽曲:手紙、チューリップのアップリケ(岡林信康)、竹田の子守唄(赤い鳥)
民話:鶴のおんがえし、信太の狐火
漫画:カムイ伝(白土三平)
雑誌:同和利権の真相(別冊宝島)
人物:自民党の元幹事長野○広○さん、有名俳優の三○連○○さんが出目をカミングアウトされています

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2008/11/101:15:44

近くの人権とか、平和とか語っている公民館に行ったら馬鹿らしくなるほど資料が置いてあるよ。それも地区の名前も実名で表記されているから調べるには最適だ。↓の方が書かれてる通りです。本来は神犬、仏奴といわれて神社や仏閣、それに公家に仕える特殊な人々ことを表した言葉だったようです。非人=人に非ず、とかエタも穢れが多い職に就く人など庶民では決して踏み込めない神聖さと不気味さを有していた特権階級でした。関西に多いのは鉄鋼製品を扱っていたり、神社や仏閣、それに御所が長く京都にあったためだと思われます。江戸時代以降、神聖さが失われて不気味さだけになってしまったので尊敬と畏怖が嫉妬と恐怖に変わってしまったと私は考えています。

参考文献としては
中世の非人と遊女(講談社新書)
これが一番に適切でわかり易いと思います。
他にも江戸の非人頭などで調べても良いかと思います。

差別される理由は、現在でいう3Kの職種であり、現在なら漆や染物、それに金属加工などで発生する毒に対しての知識はありましたが、当時は皆無でした。それに鉱毒なども感染すると思われてましたので、そういった症状が出ている人々(職業病で子孫にも受け継がれる)を避けるのは当然であったと思います。だから血が混じったり、関ったりすることで同じ症状に苦しむ=病気になると考えたのではないでしょうか。特に神聖を剥奪されてからは、よりその思いが強くなったでしょう。そうした考え(感染者とは接触を避ける)が数百年間にわたり続いて来た結果、習慣化したのだと思います。以前、私は友人をエタ(地区出身者)と呼んでいたから何も知らないと差別になるのでしょう(友人は言葉の意味が分からない)。

ヨーロッパではジプシー(ロマと自称されているが統一されていない)、ユダヤ人(ナチスが有名だが、金融業の例からも卑しい職に就いて差別されていた。ゲットー(ユダヤ人街)などは有名)。韓国のパクチョン。諸外国でもあります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ptmamayakkoさん

編集あり2008/10/3017:00:51

すでに回答されているように、エタ・非人の階級の人たちが住んでいた地区のことです。

これに関しては、同和地区の人間とそれ以外の人間では、大きく見解が変わってしまいますので、逆差別という説明を鵜呑みにするのは避けてほしいと思います。

確かに、過激派は存在しましたが・・・。

その行動なりの差別があったからと言われています。(だからと言って暴力はいけませんが・・・)

農民は貧困の上、身分も低く、不満が多かったため、それを解消するために国が認めた差別、それが「人にあらず」→えた・非人です。その時代、えた・非人は、身分は低かったものの、高収入だったため生活は安定していました。職業は、革細工や民芸品などの技術職、十手持ちなどのおかっぴき等です。

しかし、国が差別を廃止した際、その高収入の利点だけがなくなり、いままで浸透してきた差別は残り・・・。

ですから、働きたくても、差別により働く場所がない、収入がない、貧困な状況に追い込まれたのです。

そこで、さまざまな暴投を起こした者もいますが、逆に同和地区の人間というだけで道を歩いていただけで、リンチにあったり、殺されたりということもあったようです。

働くことが困難なため、職能援助として、運転免許を無料で取得できたり、安く入れる借家などの支援があったようですが、現在は廃止されています。また、差別が廃止されても、しばらくの間、「同和地区出身である」と、戸籍上に明記されていたようです。

今でも、各都道府県に同和地区の支部がありますよ。名前は、ちょっと忘れてしまいましたが・・・。


確か、同和地区出身だからという理由で、冤罪になった方もいるはずです。石川さんだったかな???同和地区の人は、教育もまともに受けられませんでしたので、彼は、その当時平仮名も書けなかったそうですよ。

実際に私も、同和地区という理由で彼の両親に反対され、婚約破棄されたことがあります。まだ、6年前の話です。

私が小学生の頃も、それが理由で自殺した方がいらっしゃいました。


地域によって、根強く残っている所と、そうでない所があります。

確か、関西の方が根強く残っているはずです。駅前などで、ビラを配っている事もあるようです。


双方の視点から学習できると良いと思います。


もし、本当に知りたければ、公立高校を尋ねるといいですよ。

千葉県の話になってしまい、他県は分かりませんが、各学校に必ず同和教育担当の教員がいるはずです。勉強会も開かれていますし、全国大会みたいなモノも存在します。少し異様な雰囲気はありますが、興味があるなら調べて足を運んでみてください。

今も場所によっては根強く残っていると、感じることができるはずです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

h_osamu5077さん

2008/10/3016:53:07

何らかの理由で差別される階層にはめ込まれた人を
決められた場所に住まわせました。
その決められた場所(地区)を被差別部落や同和地区と
呼んでいます。
何かの理由!何かの理由!!で差別される階層に
はめ込まれたので、差別されるようになりました。
しかし、はめ込まれたのは先祖であり、現に在住している人は
その階層にはめ込まれた理由になった事をしていません。
はめ込まれた理由が何かは分かりませんが、
仮に階層を決める時に殺人を犯して差別階層にはめ込まれたとしても、
現に在住している人が殺人を犯した訳ではありません。
しかし、未だに差別されるという事はよっぽどの事があったのかも知れません。
ネットで何故差別されるようになったのか調べると色々書かれていますが、
先祖代々差別される理由が分かりません。

一つだけ言うならば、ある時点から差別をほっておいた国等に責任があると
ある団体が言い出してから、国等から多額の補助金や、税金免除や、その他諸々の
優遇(いわゆる逆差別)を受ける様になったという事で、
差別がなくならないのではないかと思います。
また、そういう利権(逆差別)を失いたくない為に、差別されている側の方が、
差別!差別!!と声を上げているというのも現実にあるようです。

最近の若い世代は部落差別がある事すら知らない方がほとんどです。
それでは利権がなくなるので、差別があると声を上げているのです。

昔の差別と今の差別は方向が違うと思います。
差別されている人が差別がなくなると困るし、
差別していた側の意識に差別が薄れているという状況。
矛盾していると思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

i2001042さん

編集あり2008/10/3016:38:50

同和地区とは何でしょうか?→

下にWikipediaのアドレスを掲載しておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A8%E8%90%BD%E5%95%8F%E9%A1%8C
まずはこのページをじっくり読んでみてください、比較的公正な意見で書かれていると思われます。以下wiki引用ですが、


他の質問に関して→

(―引用―)「部落問題は、現代の日本において一種のタブーであると言われる。」

という認識を持ってください。

つまり、どうして?何で?
あるよ、ないよ、とは一概に個人なかなか口に出せない。

なぜタブーかは、いろいろ説明できますが、
差別の存在が認められた以上何らかの利権がそこに発生するからという説明でご理解いただけますでしょうか?

そのため、客観的な事実だけで述べることはできない問題が多々あります。

多くの人に配慮した回答ではこれがいっぱい、いっぱいです。

(日本に関係ない例で)
アメリカでは先住民(インディアン)が差別+先住民の権利回復を求めて。アメリカ合衆国をあいてに、裁判を起こしたことがありました。その結果、見事勝利をおさめ、土地を強制的に得ることができ、カジノを作る権利を得ました(カジノが莫大なお金を生むこと、賭博であることはわかりますよね。)
カジノが経営できることになったことで、莫大な財力を得ることができるようになりましたが。
一方でいまだに、アメリカでは、差別はなくなったわけではありません。

なぜなら、土地を得た先住民がいる以上、そこには、いわゆるあとから来たアメリカ人の生活があったわけで。むしろ、土地を奪われたり町にカジノができてそこに逆差別的状況が生まれたため、精神的な差別はむしろ大きくなるであろうことは理解できますよね。

黒人差別についても、キング牧師は有名だと思いますが、逆にマルコムXという人物がいたことはご存知ですか?

差別をうけた→権利の回復、損害賠償、差別に関する教育→?差別はなくなる?
という簡単な公式にはならないのです。

(―引用―)かつて問題となった所得格差やインフラストラクチャー整備の遅れ、進学率の違いは住宅改善事業などの同和対策事業により指定地区ではかなり解消され、若い世代では差別意識は薄れてきている。

というのが多くの人の認識だとは思われます。
しかしながら、部落の影を感じることは自身の人生経験からも感じることがあります。
結婚、就職等ふとした拍子に現れることがあることも否定できません。
興味があればネットで調べると多くの問題が上がってきます。
ですが、ネットの情報はページごとに、偏向している傾向があるのでいくつかのページを見比べて、調べてみてはいかがでしょうか?いろいろ学ぶこと、考えさせられることが多いと思いますよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bwds98さん

2008/10/3016:31:46

今は、表立ってはありません。

言葉として覚えている位で良いのではないでしょうか。

戦前の人でも、もう口にする人は少ないですよ。

参考までに、それらの言葉で、検索してみて下さい。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する