ここから本文です

喪中の寒中見舞いと結婚の報告が重なりました。年末で急いでいます!どのようにし...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

necosann8さん

2008/12/2411:14:50

喪中の寒中見舞いと結婚の報告が重なりました。年末で急いでいます!どのようにしたら良いのかご意見聞かせてください。

今年の10月末に入籍し、年賀状で結婚報告をしようと思っていました。ところが先日主人の祖母が他界したため年賀状を出すことが出来なくなってしまいました。喪中葉書というものも間に合わず、喪中のおしらせもできていません。喪中葉書が間に合わなかったときは寒中見舞いで喪中の欠礼をお詫びするということは検索できましたが、結婚報告はいつ・どのタイミングでご報告したらよいのでしょうか?また、結婚のご報告より先に寒中見舞い(喪中の文面にした場合)を出した時に連盟で私の名前も入れたほうがいいのでしょうか?年賀状を出すのは主人の職場のかたや友人がほとんどです。

閲覧数:
4,460
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aegeanyamatoさん

2008/12/2413:46:46

質問例の場合、喪中ハガキ、結婚報告、寒中見舞いといった定文に拘ると困惑してしまうのです。
近況報告ということで、通常(普通)ハガキを用いて綴り、投函すればよいでしょう。
例えば、縦書きで
拝啓 厳冬の候に存じ上げます。
年頭の御挨拶を戴きましてありがとうございます。
貴家には佳き年をお迎えなされました御様子
お慶び申し上げます。
実は昨年暮れ、続柄が急逝し、服喪により新年の御挨拶を
控えさせて戴きました。
なお、同年十月に、婚約相整い、婚姻届を提出致し、
新たな地にて新たな年を迎えております。
まだまだ未熟な新米夫婦ではございますが、
今後とも御厚誼のほど、よろしくお願い申し上げます。
厳冬の折柄、皆様におかれましては御自愛なされ
本年が充実した年でありますようお祈り致し
御挨拶とさせて戴きます。敬具
平成二十一年人日
※松の内(1月7日)投函の例です。
※差出人が連名の場合は、最初に書いた人(筆頭者)からみた
続柄を書くことが書式上の慣例であり、基本です。
夫が筆頭者なら夫からみた続柄を書くことになります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する