ここから本文です

解決済みのQ&A

江戸時代の武士の禄高(給料)はお米でした。200石とか、30表2人扶持とか言い...

ID非公開さん

江戸時代の武士の禄高(給料)はお米でした。200石とか、30表2人扶持とか言いますが、当時の米の値段は今は幾らになりますか。
また2人扶持とはどういうことですか。
1石=10斗
1表=4斗 で現在の計量と同じでしょうか。

  • アバター
  • 質問日時:
    2005/1/10 22:14:23
  • 解決日時:
    2005/1/10 22:43:33
  • 閲覧数:
    5,098
    回答数:
    3

ベストアンサーに選ばれた回答

biyakusian8972さん

200石の知行取りの侍は、百姓付きの土地を領地として与えれ、その年貢を得る者で年貢米は三つ五分物成渡し(知行高の35パーセント)が実収なので70石が手元に入る。これは1俵に3斗5升で換算して200俵であり、百俵30両で換算すると60両です。1両8万円で480万円。
蔵米を30俵支給される侍は、年に3回に分けて支給されるので切り米取りと言います。1俵は3斗5升入りで計10石5斗が収入で、役料を2人扶持もらうので、これが1日に玄米5合で1ヶ月に1斗5升の二人分で年間に3石6斗が上乗せされます。
合計14石1斗は約40俵で12両となり約100万円。
ただし、江戸期も長いので1石が1両ぐらいの時や幕末(1860頃)は2両以上になった。
給米は1俵に4斗でなく3斗5升しか入らないのは、5升が藩主などへの上納で減らされるから。

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

ID非公開さん

1石は当時も10斗です。ただ、石高通り全部は支払われなかった藩も多かったようです。

  • アバター

ID非公開さん

価格については時代によって違うので一概には言えない。
扶持米というのは、一人扶持は、一日当たり男は5合、女は3合換算で毎月支給される米のこと。
30俵2人扶持というと、本給が30俵で家族手当的なものが2人扶持となる。

  • アバター
  • 違反報告
  • 編集日時:2005/1/10 22:29:30
  • 回答日時:2005/1/10 22:28:14

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する