ここから本文です

解決済みのQ&A

数学と関数電卓の"exp"について

install_dot_exeさん

数学と関数電卓の"exp"について

数学の授業では、例えば「exp(n)」は自然対数の底eのn乗のことだと聴きましたが、関数電卓だと、例えば「exp(23)」と入力すると、「10の23乗」の意味になります。
なぜ違うんでしょうか?数学では「eのx乗」の意味だけだと捉えていいのでしょうか?

  • 質問日時:
    2009/6/14 23:23:29
  • 解決日時:
    2009/6/15 21:44:18
  • 閲覧数:
    6,164
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

nekozabutongさん

指数関数を英語に直すと an exponential functionとなります。
一般的にはその理解でよいはずです。

数学でeのn乗を同じ大きさの文字で書くときはexp(n)ですが、電卓には同じ意味の計算はe^y等の表式であります。
10のn乗のことも指数関数ですが、電卓ではE+15、E-05の様に表現されます。
単にそういう表記であって、電卓の仕様です。

質問した人からのお礼

  • 降参なるほどよく分かりました。ありがとうございます。
  • コメント日時:2009/6/15 21:44:18

グレード

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する