ここから本文です

「分かる」の語源を教えてください

質問者

space_origin_amaraさん

2009/7/2716:27:04

「分かる」の語源を教えてください

閲覧数:
1,688
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kmkr69218さん

2009/7/2716:29:23

「分かる」とは、「分ける」と言うことである。「分かる」と「分ける」は同語源である。「理解する」とは「分ける」と言うことである。「理解する」ためには「分割」しなければならない。「理解する」ためには「分別」しなければならない。「分別」の「分かれる」と「別れる」も、日本語的に同じ語源である。

日本語に「理(コトワリ)」と言う言葉があるが、「事(コト)」を「割る(ワル)」から「コトワリ(理)」である。「理解する」の「理」の字を日本語の「コトワリ」に当てている。漢字の「理」の由来だが、右側の「つくり」の「里」は、「田んぼに線を引いて、筋道をつける」と言う意味である。左側の「へん」の「王」は「玉」の意味である。つまり、「玉」に筋があるものが「理」で、「筋に従ってポンと割れる」意味となる。対する漢字の「解」の由来は、「牛の角を、刀でバラバラにする」ところにある。つまり、「理解」の「理」も「解」も、「分割する」ところに重要性が存在する。
日本語の「分別」は、中国語では「分辨」と表記する。日本語では簡略化されて「分辨」の「辨」も、「辯論」の「辯」も、現在では「弁」と表記するが、本来は違う漢字である。昔は「弁理士」は「辨理士」、「弁護士」は「辯護士」と表記した。「辨」の字の由来は、「刃で分ける」ところにあり、「分ける・わきまえる・考える・区別する」の意味がある。「辯」には、「分ける・明らかにする・言い争う」の意味がある。ちなみに日本では、哲学の「弁証法(dialectic)」の「弁」の字には、「辨」を当てる学者も「辯」を当てる学者も居り、定まることがなかったようである。つまり、「辨」も「辯」も、「半分・分ける」と言う共通の意味を持ち、中国語においても「分ける」ことと、「明らかにすること」、「わきまえること」、「考えること」は、意味的に繋がっていると言うことになる。

英語で「分析する」ことを「Analysys」と言う。「Ana」は「ばらばらに」と言う意味、「lysys」は「分解」と言う意味である。「lysys」は「Loose」と語源が同じである。大陸合理論(大陸合理主義)の祖であるルネ・デカルトは数学の解析幾何学の基礎を築いたが、「解析幾何学」を英語で記せば「analytical geometry」である。またデカルトは、「方法の四準則」で、「複雑な問題を、単純な小部分に分割すること」を挙げている。
大陸合理論と対比されるイギリス経験論の祖とされるのがフランシス・ベーコンである。ベーコンは、「分析」を「Dissection」と言い換えた。「Dis」は「分離」と言う意味、「sect」は「切る」と言う意味である。つまり「Dissection」は、「切り分ける」と言う意味になる。「Dissection」は「解剖・解体」と訳せるが、「理解」の「解」の文字も、「牛」と「刀」と「角」で「動物などを解剖する」と言う意味になる。

参考までに前述の「弁証法(dialectic)」だが、語源的にはギリシャ語で「ディアレクティケー(形容詞)」に辿り着き、それと密接に関連する名詞が「対話(問答)」をあらわす「デイアロゴス(Dialogos)」である。「ディアレクティケー(問答法・対話法・弁証法)」とは、「ディアロゴス(対話)」の「テクネー(技術)」と言う意味になる。「Dia」は「割る・分かつ」、「Logos」は「コト・コトノハ」と訳せないこともないから、日本語の「コトワリ(理)」と対応して面白い。「デイアロゴス(Dialogos)」は、現在の英語では「dialogue」に当たる。

「人類は『知(智)』と言う名のナイフで、世界を一刀両断にする可能性を有している」


※参考文献 「宗教とオカルトの時代を生きる知恵」(谷沢 永一 ・渡部 昇一 著/PHP研究所)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

アップロード写真

知恵袋マスター

fontomanieさん

編集あり2009/7/2716:42:33

「分ける」の派生語です。
曲げる→曲がる (曲げられた状態になる)
止める→止まる (止められた状態になる)
当てる→当たる (当てられた状態になる)

分ける→分かる (分けられた状態になる)
“混沌としたごちゃごちゃの状態がきちんと分析されて明確になる”

ちなみに「分かる」と「理解する」は主語が違います。
私には【あなたの気持ちが】分かる。
【私は】あなたの気持ちを理解する。

「人の気持ち“を”分かる」と言うのは間違いです。
「人の気持ち“が”分かる」と言わねばなりません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する