ここから本文です

民法187条2項の前の占有者の占有を併せて主張する場合には、その瑕疵をも承継する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

horoguramudiskさん

2009/8/207:46:32

民法187条2項の前の占有者の占有を併せて主張する場合には、その瑕疵をも承継する。

という意味なのですが瑕疵(かし)とは、ある物に対し一般的に備わっていて当然の機能が備わっていないこと。あるべき品質や性能が欠如していること。

継承するとはどういうことでしょうかよろしくお願いします。

閲覧数:
577
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koredemoka16さん

編集あり2009/8/208:08:37

この場合の瑕疵とは、善意と悪意の問題を示します。
悪意占有者から占有を引き継いだ場合に、占有開始時の「悪意」という瑕疵が適用されるということです。

①自分だけの占有で時効取得をしたい場合、占有開始時に善意であれば10年でOKです。
②悪意で占有開始した相手から譲り受けた場合であれば、相手が占有開始した時から20年経過すればOKです。
②の場合で、相手が15年占有、自分が5年であれば占有はOKですが、
相手が5年で、自分も5年等の場合、相手と自分を合わせれば10年になりますが、
相手の5年を主張するには、悪意も継承されるので、10年では×です。
当然、自分の善意だけ主張しても良い訳ですから、後10年待つ必要はなく、後5年で①が成立ですね。

質問した人からのコメント

2009/8/2 09:27:38

有難う御座いました。
継承されるものが解って助かりました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する