ここから本文です

解決済みのQ&A

湯布院と由布院

hacchidesuさん

湯布院と由布院

先日九州に旅行して大変ゆふいんが好きになりましたが

由布院と湯布院

二つの表記があるのはなぜでしょう?

知りたい疑問です。

  • 質問日時:
    2009/8/31 16:49:03
  • 解決日時:
    2009/9/1 00:10:11
  • 閲覧数:
    353
    回答数:
    3

ベストアンサーに選ばれた回答

untamaghiruさん

本来は「由布院」が正しい表記です。
「由布」という表記は平安時代の「和名抄」にも見られる由緒あるものです。


ただ、1955年(昭和30)に「由布院町」と「湯平(ゆのひら)村」が合併したときに、町名(自治体名)を「湯布院町」としたことが表記の混乱を招く原因となりました。

町名の発音は「ゆふいん」とするけれど、湯平(ここもすぐれた温泉地です)の「湯」の文字を残すことで、旧・湯平村に配慮したのです。
また由布院温泉も当時は全国的にはほとんど無名の温泉地でしたから、「湯の街」であることをアピールする意図もあったでしょう。

なお自治体としての「湯布院町」は、2005年(平成17)に近隣の2町と合併し「由布(ゆふ)市」となって消滅しました。


今は存在しませんが、つい最近まで50年間にわたり正式な自治体名として「湯布院町」の表記が使われてきた影響は絶大でした。
上記合併の経緯を知らなければ、「湯布院」のほうが正式な表記だと誰もが思うはずです、なにせ自治体名ですから。

旧湯布院町では、単一の温泉地名としては「由布院温泉」、町内にある由布院温泉・湯平温泉・塚原温泉などの総称として「湯布院温泉郷」という表記の使い分けを考えていたようですが、旅行業界や出版業界にこの使い分けを徹底させるのは無理な話でした。

やがて単一の温泉地の表記としても「湯布院温泉」が多用されるようになり、本来の「由布院温泉」という表記をしのぐ勢いになってしまいました。
こうなった現状に鑑みて、現在では温泉地名も「由布院」「湯布院」どちらの表記も正しいという見解になっていますが、伝統的な表記は「由布院」が正当で、JRの駅名も国鉄時代から「由布院」の表記を採用しています。

質問した人からのお礼

  • 成功みなさんありがとうございます。
    よくわかりました。
  • コメント日時:2009/9/1 00:10:11

グレード

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

minoruy4910さん

以前には、「由布院」と言っていたのに、いつ頃からだったか、「湯布院」と変えられているのが、私にも不思議でした。

九州旅行のガイドブックは「湯布院」ですが、JRの駅名は「由布院」です。
市名も「由布市」です。
思うに、温泉地としてアピールするよう、対外的に「湯布院」を使用しているのではないでしょうか。

詳しくは、下記の「ウィキペディア」ご覧ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E5%B8%83%E9%99%A2

xyzview_oyajiさん

春に別府に行ったときに教えてもらいました。
町名とインターチェンジは「湯布院」。駅名と温泉名は「由布院」。
でも地元じゃないと覚えていられないよね。

理由は下記を参考にすると分かります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E5%B8%83%E9%99%A2%E7%94%BA

  • 違反報告
  • 編集日時:2009/8/31 17:16:24
  • 回答日時:2009/8/31 17:13:26

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する