ここから本文です

異時点滅回路の話です。 例えば、スイッチがOFFの時、パイロットランプが点灯...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

here_get_termさん

2009/9/619:06:24

異時点滅回路の話です。
例えば、スイッチがOFFの時、パイロットランプが点灯して、電球が光らない理由を「電圧降下」と言う言葉を使って説明してもらえませんか?

閲覧数:
819
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/9/619:59:17

電灯の抵抗を100Ωとする。
パイロットランプの抵抗を9,900Ωとする。

スイッチがOFFの時は、電灯とパイロットランプが直列なっているから、
100+9,900=10,000[Ω]
電源電圧を100Vとすると、回路に流れる電流Aは、
100÷10,000=0.01[A]

各々の電圧降下は、
電灯=0.01×100=1[V]
パイロットランプ=0.01×9,900=99[V]

これより
電灯の抵抗による電圧降下はほとんど無いため電灯は点灯しません。
逆にパイロットランプによる電圧降下は、ほぼ電源電圧であるので点灯します。

質問した人からのコメント

2009/9/6 20:13:05

ありがとうございました。
では、もしパイロットランプよりも電灯のほうが抵抗値が大きかったらどうなりますか?

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

編集あり2009/9/620:12:15

パイロットランプが点灯するのは電球の両端がスイッチで短絡されて電球の電圧降下がなくなるためではないでしょうか?


パイロットランプと電球が直列に接続されていてスイッチが電球に並列に接続されている場合です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する