ここから本文です

衣川 みなれし人の 別れには 袂までこそ 波は立ちけれの ・現代語訳 ・季語 ・...

sukkommtikmsskkrymuknsok12_formさん

2009/11/521:32:30

衣川 みなれし人の 別れには 袂までこそ 波は立ちけれの
・現代語訳
・季語
・季節
・切れ字
・何句切れか? を教えて下さい

閲覧数:
536
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

makisawakureさん

編集あり2009/11/522:17:09

新古今和歌集 巻第九 離別歌 源重之 題知らず
重之集 315
続詞花集 別歌 683
新撰朗詠集 餞別

衣川の水馴れの樣に見馴れた人との別れには、袂まで浪が掛かった様に涙があふれてしまいます
季語という概念は和歌には無いが、無季
季節不明
切れ字という概念も和歌にはないが、切れ字なし
何句切れという概念もないが、切れはない。衣川で一見きれている樣にみえるが、衣川は、水馴れの枕詞。

蛇足
衣、馴れ、袂、たちは縁語。川、浪も縁語。
なみは、なみだ。比喩といっても、掛詞といってもよい。
ちなみに衣川は、岩手県を流れる川で歌枕だ。
蛇足が過ぎた。。。

質問した人からのコメント

2009/11/5 23:04:52

成功 とても参考になりました。お忙しいところどうもありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する