ここから本文です

解決済みのQ&A

電気工事おけるアース線の選定について 本線は使用する電流や敷設のやり方で電線の...

joker555goさん

電気工事おけるアース線の選定について 本線は使用する電流や敷設のやり方で電線のサイズを決めると思うのですがアース線の選定基準がよくわかりませんので教えてください 。

  • 質問日時:
    2009/11/6 10:02:17
    ケータイからの投稿
  • 解決日時:
    2009/11/8 18:24:13
  • 閲覧数:
    12,880
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

fishing_burster_sannjyouさん

低圧回路のアース線サイズと判断します。

地絡した時に安全に電路を遮断できる装置を付けた場合には、
アース線に流れる電流は、1線地絡電流なので、流れても数A程度です。
※B種接地抵抗(本当は28条接地です。兼用しているだけ)を130Ω、D種接地抵抗を20Ωとすると、200V÷150Ωは1.33Aです。

この場合は、漏電遮断器が動作します。
よってC種及びD種は、1.6mm(2sq)で現実的に問題ないのですが、
漏電遮断器が付いていなとか、不動作って事も考えられます。
そのため、実際の計算は、最大の故障電流と継続時間から、線の過電流耐量を考慮して算出します。

それじゃどうやって計算するかっていうと、
MCCBの定格遮断電流から、接地線のサイズを求めます。
MCCBの遮断電流が50Aの場合、接地線のサイズをAmm^2とすると
A=0.052×50=2.6mm^2
これより使用する電線サイズは3.5mm^2となります。

この数式の根拠は内線規定の付録に載っています。
いろいろな本に載っている負荷の接地線サイズは、全てこの式から出たものです。



補足
これより大体使用する電線より1、2サイズ位下やな、って感覚でわかりますので、複雑?な計算をしないで、2サイズ下で間違っているといけないから1サイズ下を使おう。って考えより、「1サイズ下」って言う人もいます。
施工条件によって配線に使用する電線サイズは、変わるのでこれでエエの?って感じますが、
安全方向なので、太い電線を使用することに問題はない。

  • 違反報告
  • 編集日時:2009/11/6 11:15:53
  • 回答日時:2009/11/6 11:02:53

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

paiotaku2さん

電技では
A種接地工事(10Ω以下):2.6mm以上
B種接地工事(1線地絡電流で150を除うした値):4mm以上
C種接地工事(10Ω):1.6mm以上
D種接地工事(100Ω):1.6mm以上
となってます。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する