ここから本文です

旧字体を覚えたいです!

umaumauma3daiumaさん

2009/11/1902:37:10

旧字体を覚えたいです!

明治以降の文学を色々読みたいと考えております。

っていうかもういい年なので少しくらいは読んでいるのですが、
古い本を手に取るとどうしても明治初期以降に普通に使われた
「旧字体」にぶつからざるを得ません。
特に手持ちの本だと漱石全集を読む際にものすごく苦戦します。
(漱石に関しては独自の当て字もたまにあるとよく言われますが)

今出ている文庫本ではほとんど新字体になっていますが、
古い本を読むときに大いに苦労します。
書けるようになりたいとは感じませんが、
読書を趣味の範囲で楽しむためにも旧字体を覚えたいです。

「この本を読めば明治以降の本はOK!」
みたいな旧字体解説本はありませんか?
そういうのがどうしても無ければ辞書的なものでも仕方ありませんが。

閲覧数:
3,638
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2009/11/2315:23:36

★「旧字力、旧仮名力」青木逸平(NHK生活人新書)
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A7%E5%AD%97%E5%8A%9B%E3%80%81%E6%97%...
→旧字旧仮名の入門書。活字も大きく、オススメです。

★「漢字必携一級」(日本漢字能力検定協会)
→「国字」「同音の漢字によるかきかえ」「旧字体一覧」など一覧表形式でよく整理されています。

★「シリーズ日本人の手習い 旧字旧かな入門」府川充男・小池和夫(柏書房)
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A7%E5%AD%97%E6%97%A7%E3%81%8B%E3%81%...
→絶版ですが、活字体の微妙な違いも比較できて、利用価値は高いです。
図書館などにはありますので、必要なページをコピーなさると良いでしょう。

★「新しい国語表記ハンドブック 第五版」(三省堂)
→収録の「同音の漢字によるかきかえ」「表外漢字字体表」は役に立つものと思います。

★「角川新国語辞典」(角川書店)
http://www.amazon.co.jp/%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%B0%E5%9B%BD%E8%AA%...
→レビューより。「一番の特徴は、その言葉を漢字表記する場合、新字体と旧字体の両方が載っていることである。言葉を引いたときに何気なく見ておくと、自然と旧字体を覚えることができる。」
ただし、「要」など新旧漢字で字体の差異が比較的小さいものについては、単漢字項目では旧字体の掲載がありますが、見出し語においては省略されています。

★「漢検新書―知っ得ことば術シリーズ 知っ得 文豪・大家の「四字熟語術」」(日本漢字能力検定協会)
→残念ながら、絶版です。古書で出ていることもあります。
紹介文より。「近代日本の文学・文化を担った文豪・大家の著作から、四字熟語を集めて文脈の中で紹介。作家独自の造語も含む。」
「近代日本の文豪・大家17名の作品に現れる四字熟語の中から、約350語を選りすぐって、著者別にまとめて排列。」

★「広辞苑 第六版」(岩波書店)
http://www.amazon.co.jp/%E5%BA%83%E8%BE%9E%E8%8B%91-%E7%AC%AC%E5%85...
→別冊収録の「漢字・難読語一覧」「歴史的仮名遣い早見表」は使えます。
「漢字・難読語一覧」には約6000字の漢字と、ある程度の旧字体(たとえば、広辞苑では「囘」を「回」の<異体字>として考えているようですので、<旧字>としては掲載していませんが、実際には近代の書物には活字としてよく登場します)が併記されています。
また、「早見表」には字音仮名遣いによって漢字を仕分けしていますのでたいへん参考になります。
ただ、「広辞苑」本文の見出し語には、「角川新国語辞典」のように旧字体の漢字表記が併記されていないのが残念な点です。

★「「完璧」はなぜ「完ぺき」と書くのか―これでいいのか?交ぜ書き語」田部井文雄(大修館書店)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%AE%8C%E7%92%A7%E3%80%8D%E3%81%...
→標題にもあるように、反「交ぜ書き語」の視点で書かれた読み物です。
マスコミが濫用する「交ぜ書き語」の正しい漢字表記を集めた、インデックスとしても重宝します。


(参考まで)
★「解説 字体辞典」 江守賢治(三省堂)
→「旧字」「正字」「康煕字典体」とは何か、「楷書」とは、「手書き文字と活字文字」とは・・・
活字と文字を考える上で非常に参考になりました。
残念なことに、現在入手困難ですが図書館にあればぜひ一読されることをお奨めします。
こちらのブログでも紹介してあります。
http://tonan.seesaa.net/archives/20080505-1.html

投稿画像

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wagaharakaraさん

2009/11/2100:40:37

「漢字検定 準一級」の問題集に、旧字体を現在使われている漢字に直す問題がいくつか収録されていたと思います。
ですが「この本を読めばOK!」というものは思いつきませんでした。


先に回答されている方のおっしゃる通り、旧字体が使われている本を数多く読み、辞書を引くしかないかと思います。
ですが、地道に覚えていくのも意外と面白いと思いますよ(本の内容にのめりこむのは難しくなりますが…)。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

qajiroさん

2009/11/1913:14:02

umaumauma3daiuma様

読み慣れるしかないと、私も思います。
もし、近代文学の作家で、質問者様がよく読まれている作品があるなら、それらが数十年前に刊行された本を読むことです。
内容がわかっているからすらすら読めます。 有名どころの作家なら、図書館か古本屋に行けばあります。
夏目漱石でも芥川龍之介でも宮沢賢治でも白樺派でも誰でもいいです。

それが一番の近道だと思います。 ある程度、慣れてこないと、旧字体の解説を読んでもピンときません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2009/11/1909:21:52

常用漢字(以前は、当用漢字)を決定する際に、俗字体や省略した字形を正式な字体として採用した字に「旧字体」は存在する。つまり、「常用漢字一覧表」を見れば、「旧字体」の総てを見ることができる。
しかし、常用漢字に含まれていない難しい漢字には、新字体・旧字体の区別はありません。だから、旧字体を全部覚えれば近代文学が楽に読めると思うのは、誤解です。新字体があるのは、常用漢字表に含まれているやさしい漢字だけですからね。

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.h...

近代文学を楽しく読める実力をつけるには、「旧字体を覚えること」よりも、「常用漢字表に含まれていない漢字を覚えること」が要諦です。
ほるぷの複刻本が安く売られているし、昭和50年代以前に刊行された個人全集は、旧字体使用が多いから、それらを乱読して、漢字を覚えるか、読み慣れるしかない。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する