ここから本文です

解決済みのQ&A

軟膏の 「リンデロン」 と 「ゲンタシン」 の違いを教えて下さい。 どのような時...

ruriruriruri_jpさん

軟膏の 「リンデロン」 と 「ゲンタシン」 の違いを教えて下さい。

どのような時に、それぞれ効果的なのでしょうか。

  • 質問日時:
    2009/12/4 01:09:02
  • 解決日時:
    2009/12/18 07:55:31
  • 閲覧数:
    37,571
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    500枚

ベストアンサーに選ばれた回答

jr_east2004さん

どちらもの軟膏剤も、医師(皮膚科、外科など)が、患者さんの容態
によって処方して出される薬剤です。

「ゲンタシン」は、外用抗生物質の軟膏で、おもに外傷や手術傷あと
の感染予防、

「リンデロン」はステロイド成分の基剤に感染予防のために「ゲンタシン」
の抗生物質成分を配合したもので、ステロイド適用となる疾患に使わ
れるようです。

ただし、いずれの薬剤も強力で、処方には専門医の判断が必要です。

個人で勝手に使用するのはやめてください。重い副作用を引き起こす
ことがあります。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

junktakuroさん

ゲンタシン:抗生剤の軟膏です。
一般的に、化膿止めとして用いられます。傷口に塗ったりします。

リンデロン:ステロイドです。
一般的に、湿疹・皮膚炎などに用いられます。

商品としては、全く異なるものです。

但し、リンデロンには複数の規格が存在します。
リンデロンV軟膏、リンデロンVG軟膏、リンデロンDP軟膏という商品です。

リンデロンV軟膏:単なるステロイド(分類:strong)。
リンデロンDP軟膏:リンデロンV軟膏より、強力なステロイド(分類:very strong)。
リンデロンVG軟膏:リンデロンV軟膏+ゲンタシン(抗生剤)の混合。

手元にある薬が、リンデロンのどれなのかを見て、使用したほうがいいですね。

kurakama2000さん

リンデロン:皮膚の赤みや痒みをとる薬です。湿疹や皮膚炎の治療に用います。

ステロイドには炎症をとる強い作用があるのですが、同時に免疫力を落とし細菌に感染しやすい状態をつくります。抗生物質のゲンタマイシンは、そのような状態における細菌感染を防ぐ働きをします。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2647709.html

ゲンタシン:細菌を殺菌する塗り薬です。化膿性の皮膚病に用います。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2634710.html

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する