ここから本文です

旧式化して退役した戦闘機(その他軍用機含む)は退役後どのように処理されるのです...

tatugon0315さん

2009/12/1209:02:52

旧式化して退役した戦闘機(その他軍用機含む)は退役後どのように処理されるのですか?

閲覧数:
1,147
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/12/1213:26:06

様々なケースがあります。


他国に中古機として販売されることもあります。例えば、アメリカ軍では旧式機でも、途上国にとっては新型機になる、なんて事も良くある話ですから、中古の戦闘機の他国への販売も多い。


標的機として運用されることもありますね。無人操縦機に改造し、ミサイル実験の標的にされたり。


また、軍隊の展示施設や、基地のゲートガードとして、展示品としての余生を送るモノも。


もちろん、鉄クズとして、完全にスクラップ化、ということもあります。


アメリカには、「飛行機の墓場」と名のつく場所が幾つかあります。そこには、退役した戦闘機やらが大量に並べられていて、そのままスクラップにされるか、もしくは、部品取り用とされるか。


また、現役復帰の可能性を残すものは、いわゆる「モスボール」と呼ばれる保管状態に置かれます。例えば、世界初の実用ステルス機たるF-117は、退役後、モスボールされているらしい。


民間に払い下げられるのも、よくある話。例えば、イギリス軍を退役した、ハンター、ライトニングなどは、民間アクロバット会社で活躍しています。イタリア軍を退役したF-104も、民間で活躍中。聞くところによると、交換部品のストックが大量にあるらしく、まだしばらくの間は、飛行可能らしい。


日本では、この「民間払い下げ」について、諸説あります。プラモデルメーカーが、屋上に自衛隊を退役したF-104を展示しているのは有名ですが、これを民間所有、と解説する報道媒体と、書類上での防衛省からのレンタル、とする報道媒体もあります。さらには、スクラップされたF-15などが、機首などの大まかな外見をとどめたまま、民間のレジャー施設などで展示されていた、なんて話も有名。ただし、これが、「法律違反にあたり、問題となった」なんて説もあります。

質問した人からのコメント

2009/12/18 16:45:46

降参 ありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ibusukih2000さん

2009/12/1620:31:08

このようになるのさ。

投稿画像

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oozoramamoruさん

2009/12/1404:05:25

航空自衛隊の場合
原則的にはスクラップです。様々な素材の塊ですからそれなりに屑としての価格を算定して、民間業者に買い取りを依頼して売上は国庫に戻入します。
武器ですので再生不能状態にします。 以前は切断する程度でしたが、寄せ集めて外見を再現した民間業者の事が(なぜか)大問題にされてしまってからは、一手間かけてかなり破壊してか大問題にされてしまってからは、一手間かけてかなり破壊してから基地の外へ運び出すようになりました。
使用出来る状況でなくとも形が整っているだけでも嫌な人は嫌なのでしょうね…。
運の良い機体は展示機として基地内に飾られたり、民間に貸し出されて公園や博物館で余生を送る事になります。
ラジオコントロールの無人機に改造して標的にして太平洋に沈太平洋に沈めた物も有りますが、現在は実施していません。

なお、過去には航空自衛隊が米軍から無償供与された機体が有りました。これらは米軍に返却しました。多数は米軍の手によってスクラップにされましたが一部は他国に再供与されました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

s20090403さん

2009/12/1217:55:55

日本の場合 F104は一部改造して硫黄島で標的機として運用して破壊されました
他の機体は運が良ければ 防衛省からの無償貸与として公園等に飾られたり
民間施設に展示されたり 自衛隊基地に展示物として残ります
それ以外は使用時間の残っているパーツは外されて部品として保管され他の機体に使用されますし
残りはスクラップ処理されて金属になりますが
スクラップ゛処理の段階で完全に壊されなかったパーツが流れることもあるようです
米国などは中古機を輸出したり供与することも多いです

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

ytadanukiさん

2009/12/1211:49:53

他のかたが回答してくれているとおりですが
日本の場合、姿のまま払い下げられることはありません。
公園などに展示されているものは、あくまで所有権は防衛省にあり、貸し出しているだけです。
しかし、それがボロくなって公園などから撤去するとき、わざわざ無価値なものを百万円前後の輸送費をかけて、返してしてもらってからスクラップにするというのは馬鹿げていますから、書類上返してもらって、その場所の近くのスクラップ業者にクズ鉄として払い下げます。そのとき、絶対クズ鉄として解体すること、絶対姿のまま転売しないことを条件にするんですが
ごくたまに、あれ?と思うことがあります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tkhrsh1959さん

2009/12/1211:21:32

先日見つけた画像です。
武器を外した後で民間に払い下げられてこんな用途に使われていたりするんですね。
http://www2.famille.ne.jp/~t-copo/news/kissa/kissay.html

運搬費を別にして、F86FやF104Jがいくらで買えたのか知りたいですね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する