ここから本文です

解決済みのQ&A

胃切とビタミンB12について

nursetamagoさん

胃切とビタミンB12について

看護学生です

どうしても理解ができないので教えて下さい
・胃の壁細胞から分泌される内因子(糖タンパク)と結合し、回腸でビタミンB12は吸収促される
とあります。
ビタミンB12不足となるためにビタミンB12を筋注するとあります。

私の疑問は
回腸で吸収するために胃から分泌される内因子が必要なのに、胃切後のこの内因子がない方にビタミンB12を投与されるのは何故かということ(投与しても吸収促進される因子がなければ効果がないのではないかと考えるのですが・・・、筋注によって多量に投与することで必要量のビタミンB12が吸収されるということでしょうか?)

  • 質問日時:
    2009/12/27 19:17:35
  • 解決日時:
    2010/1/3 09:48:41
  • 閲覧数:
    885
    回答数:
    1

ベストアンサーに選ばれた回答

murabkataさん

ない因子がないと、B12が腸から吸収できなくなるので
その補充として筋肉注射します。筋肉注射では、ビタミンは直接血管に入り体内で利用されます。

筋肉注射されたビタミンは腸で吸収されるわけではありません。
おそらくこの部分を間違われているものと思われます。

質問した人からのお礼

  • 経口と筋注では作用が違うということですか?
    また、調べてみます
  • コメント日時:2010/1/3 09:48:41

グレード

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する