ここから本文です

古代~近世は平均寿命が短く、あの織田信長の時代に人間五十年と言っていたほどで...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

akio4naturellementさん

2010/2/2603:05:05

古代~近世は平均寿命が短く、あの織田信長の時代に人間五十年と言っていたほどです。
しかしここでふと思い出すのはお伽話の世界。時代設定が定かで無いものもありますが、少なくとも現代の話ではない…
かぐや姫
桃太郎
花咲かじいさん
こぶとりじいさん
鶴の恩返し
…などにはおじいさん、(おばあさん)が登場し、皆腰が曲がった70代というイメージがあります。なんだかんだ言っても庶民にも年寄りは普通にいたんでしょうか?

閲覧数:
1,588
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kotori672007さん

2010/2/2616:57:32

日本人が比較的早死になのは、
1、仏教タブーで、体を作るための蛋白・脂肪が食事に少ない
2、土が火山灰土であるため土性カルシウムが少ない。このため野菜を多く摂取しても、カルシウムが不足気味
と言う理由があるようです。

人生の終末が早いから、当然その前の人生行程も、今よりずっと前倒し。
例えば女性は10代前半で嫁入りが普通で、18を越えると「嫁(ゆ)き遅れ」と言われてしまいます。「娘18、番茶も出がらし」といわれました。大奥でも、30歳を越えると、将軍が要求しても断る、「お褥下がり」と言う規則があったほどです。
平安時代の女性の平均寿命は30歳前後。あの紫式部も、亡くなったのは30半ばと言われています。
成人式である元服は15~7歳ごろが普通。
戦国武将なら初陣はその頃で、24で初陣だった毛利元就は、「とても遅い」と言われています。

老人と言うのは実年齢ではなく、結局「見た目」ではありませんか?
昔話で登場する老人は、おそらく現在の老人年齢より、相当若いですよ。30後半で初老、40代ではもうシルバー世代です。
生涯カルシウムの摂取不足で、骨が弱く、40代後半くらいで「腰の曲がる」人も、多かったそうです。
栄養問題で、寿命はやっぱり侍や公家のような上流の方が長く、庶民は短かったようです。

だからこそ、「還暦」のお祝いをするんですね。60まで生きる人って、あんまりいないから。喜寿とか白寿とかまで生きる人は文字通り奇跡に近い。

織田信長の父・信秀は、流行病とはいえ、わずか42歳で亡くなっています。
信長が「オレの人生も、50くらいまでだろう……」と思うのも、普通と思います。

質問した人からのコメント

2010/3/6 01:45:43

成功 なるほど、昔の人は老化が早く見た目も「老けている」感じだったんでしょうね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/3/206:27:57

信長の時代ゎ戦国時代、戦で死ぬ10代20代の若者が多数いて、その人たちとふつうに60歳や70歳くらいまで生きる人との平均が50歳やと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/2/2611:39:59

加齢速度が違いますし年齢感覚が違います

例えば昔は二十代の女性は「行き遅れ」「年増」と呼ばれていましたし

竹取物語も原典には「おじいさんおばあさん」のくだりはないんですよね・・・

「今は昔竹取の翁というものありけり

野山に混じりて竹を取りつつ万の事に使いける

名をば讃岐のみやつことなん言いける」

だからなぁ・・・

この場合の「翁」は「おじいさん」というよりも敬称な気がするんだよな・・・

「竹取名人」と呼ばれてる人がいる・・・・

そんな意味で「翁」だとおもうんだけどな・・・

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mira_vivioさん

2010/2/2608:16:30

おじいさん・おばあさんとは言っても、現代の私達が想像する年齢ではありません。
一寸法師のおばあさんが法師を産んだのは42歳だそうです。
つまり、40過ぎは老人なんですね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sorumaadeoさん

2010/2/2603:12:38

いたはずです。
平均寿命とはあくまでも数学的解釈にすぎず、
「死因に関係なく、すべて人間が生まれてから死ぬまで生きた時間」その平均値です。
昔の平均寿命が低かったのは、医学が未熟で、
特に早死にする赤ん坊が多かったからで、
五十年という期間が人間の生存限界だったわけではありません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kzk4465さん

2010/2/2603:09:17

その時代から平均寿命が延びたのは、主に医療等の進歩によるもので、人間が進化したわけではありません。
ですから、大部分が50歳程度で病気にかかり亡くなったとしても、健康な人なら現代と同じように長寿の方がいてもおかしくないと思います。

また、平均寿命80歳の今でこそ、おじいさん、おばあさんと聞けば70台と想像しますが、平均寿命が50歳の頃なら、50を過ぎればおじいさんと呼ばれてもおかしくないでしょうね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する