ここから本文です

火傷の湿潤療法開始時期について教えて下さい。 昨日、私の不注意で1歳8ヶ月の娘...

xhoergさん

2010/3/1613:12:26

火傷の湿潤療法開始時期について教えて下さい。
昨日、私の不注意で1歳8ヶ月の娘に火傷を負わせてしまいました。
かかりつけの形成外科に行き、半透明の軟膏(?)とガーゼ、包帯の処置をしてもらいました。
痛がらないので3度の火傷との診断でした。
帰宅し、ネットで湿潤療法が火傷にも有効と知り、今日の診察で湿潤療法を希望しましたが、「まだ表皮が剥けていないので、もう少し火傷の程度をみてからにしたい。今湿潤療法やるとぐしゅぐしゅになって家で大変。」と言われ、昨日と同じ処置になりました。
子供の火傷は水ぶくれが2mm程度のものが5個位あるだけで、剥ける気配がないんですが、剥けるんでしょうか?(先生は剥けるとおっしゃってましたが…)
表皮がある状態で湿潤療法してもあまり意味がないですか?
傷などは湿潤療法で治す事もある先生なので、湿潤療法に否定的なわけではないと思います。
早く湿潤療法しないと跡が残ったり、肥厚性瘢痕やケロイドになったらどうしよう…と気ばかり焦ってしまって…

明日は休診日のため、明後日再診です。

夏井医師のHPに載っている病院は近いところでも1時間以上かかるので、できれば今の病院で治療したいです。

どのくらい経つと湿潤療法が有効ではなくなるのかが一番知りたいです。

長文、乱文失礼しました。
よろしくお願いしますm(u_u)m

補足先ほど変化があったので、報告させて下さい。
表皮が一部剥けて、きれいなピンクの肉がみえています。
ド素人の私がみてもⅠ~浅Ⅱだと思います。
水道水で洗い流し、キズパワを貼りました。
様子を見てみます。

閲覧数:
9,487
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

turuchan_40さん

編集あり2010/3/1615:31:03

すでに湿潤療法を知って見えると言う事は、私の過去の回答や湿潤療法での火傷治療経過のブログも見られていると言う前提で回答します。
http://ooyakedo.exblog.jp/
私の場合は、右手が最初の大きな総合病院の皮膚科では深達性Ⅱ度~Ⅲ度と言う診断でしたが、湿潤療法の病院(外科)では浅達性Ⅱ度~深達性Ⅱ度ではないかと言われました。
もちろん後者の方が正解でした。

熱湯での受傷でしょうか?
火傷としては本当に2mmの水疱が5箇所だけですか?
もしそれが2cmだったとしても、Ⅲ度の火傷は考えにくいと思います。
痛がらないだけの理由で、そのレベルの火傷をⅢ度とするのはどうか…と思います。

この症例は大学病院でⅢ度で植皮と言われていて、実際は浅達性Ⅱ度だった物です。
http://www.wound-treatment.jp/next/case/960.htm
全ての水疱を除去しなくては判らないですね。

浅達性Ⅱ度~深達性Ⅱ度の症例です。白くなっている所が壊死している部分です。
http://www.kakita-clinic.com/heisa3.html

Ⅲ度熱傷の症例です。全層壊死しています。
http://www.wound-treatment.jp/next/case/968.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/case/982.htm

とりあえずは、上記症例とあなたのお子様の状況を照らし合わせて見て下さい。
深達性Ⅱ度~Ⅲ度の火傷では痕が残ります。

水疱だけなら、半透明の軟膏(多分ワセリンだと思いますが)とガーゼの保護でも、潰れなければ5日程は大丈夫ではないかと思いますが、何とも言えませんね。(私の場合は潰すまでの1週間程は大丈夫でした。)
水泡膜がある状態でラップや被覆材での湿潤療法を行うと、水泡膜がふやけてすぐに破れてきますが、その方が逆に治療できますし、感染症抑止の管理もしやすいと思います。

多分その医師でも、水泡膜が破れてしまえばちゃんと湿潤療法を行う事が出来ると思いますが、余りにも心配ならば、一度遠くても夏井医師のサイトに登録してある病院で見て頂いた方が安心できると思います。
遠方で通えない旨を相談すれば、(そんなに酷くなければ)ご自分での処置を教えて頂けると思います。

私の過去の回答例です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1134543846
この質問者さんは帰省先でのお子さんの火傷でしたが、湿潤療法の病院までの往復3時間の道のりでも「行って良かった」とコメントされています。

まずはお子様の火傷レベルをはっきり知る事が先ではないかと思います。
それで今後どうすれば良いかを考える事が出来るのではないでしょうか。

休診日中に水疱膜が破れてしまった場合は、眉毛カット用の鋏でで上皮を切り取って、患部をぬるま湯で洗った後、ラップやキズパワーパッドでの処置を行えば良いと思います。
軽い火傷(浅達性Ⅱ度まで)であれば、通常はこまめな洗浄と被覆材の貼り替え(1日2回程)の繰り返しだけで治って行きます。

<家庭でできるすりむき傷,裂傷,熱傷の治療-皮膚外傷のラップ療法->
http://www.wound-treatment.jp/next/wound245.htm
これが湿潤療法の基本的な処置で、ここではラップを使用していますが、キズパワーパッドでも同じ効果です。参考にして下さい。


大した火傷ではない事を祈ります。




-補足です-

fubukinuenoさん。お久しぶりです。
書き込みに時間をかけすぎて、気が付いたら回答がかぶってしまいました。
どうもすみません。


★再び補足です★

昨日ベストアンサーを頂いた回答例です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1138073686
この方も湿潤療法の病院が遠方だったので、ご自分で2歳のお子様の火傷を治療されています。(決してご自分で治療される事を勧めている訳ではありません)
参考になりますかね?

質問した人からのコメント

2010/3/16 22:05:39

降参 お二方ご回答ありがとうございます
今回は色々勉強になりました
近くで納得のいく治療が受けられなければ、遠方でも行かないと後悔しますよね
今回は大丈夫そうですが、万一の時の教訓になりました
本当にありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fubukinuenoさん

編集あり2010/3/1614:52:13

湿潤療法は今の段階で受診したほうがよいと思います。湿潤をしている病院への通院が無理で今のお医者さんに信頼をおかれているのならそのまま継続して通院されたほうがお母様の負担は少ないですし経済的に楽だと思います。ただ、どうもそのお医者さんは湿潤療法を誤解して治療に当たられているようなので、そのお医者さんがなさる「湿潤療法」と正式な「湿潤療法」は異なることだけはご承知下さい。湿潤ではガーゼは使いません。そして水ぶくれの状態で軟膏を出すこともないと思います。湿潤では水ぶくれは早々に取りますので。まあ、水ぶくれが大きくなるのを待っているのかもしれませんが。あと、受傷してすぐの段階で「3度」の診断を出すことは湿潤療法でなくてもありえません。納得しておられるならよいと思いますが、是非ご自身で湿潤以外の火傷の治療法・システムもいろいろ調べてみてください。ちなみにうちの娘は湿潤療法ではないところで治しました。湿潤で治された方のブログはturuchanさんの回答からたどっていってみてください。

娘の場合も水ぶくれは最初小さいものが2,3個でした。で、3日後くらいに巨大な水泡になり、すぐ水泡を破って処置しました。写真を貼ります。

水ぶくれ2,3個のときの写真
http://blogs.yahoo.co.jp/fubkinueno/folder/557940.html?m=lc&p=3

大きい水疱になったときの写真
http://blogs.yahoo.co.jp/fubkinueno/5837978.html

湿潤療法をすれば痕が残らないとかケロイドにならない、という理解は間違いです。あくまで「痕が残りにくい」「早めに、よりきれいに治る」「植皮の可能性を最大限回避できる」という治療法だと解釈したほうがよいと思います。

湿潤療法は今ある水ぶくれの皮が取れ、患部に新しい皮膚が覆う(上皮化と言います)までの間だけ有効な治療法です。上皮化までは湿潤療法なら浅い2度で2週間~4週間、深い2度以上のものなら数ヶ月ほどかかることもあります。ただ、他の治療法よりは格段に治りが早いです。他の治療との組み合わせはしないので、どうするかはご自身で選んでください。

~補足~

turuchanさんへ

ご無沙汰してます。こちらこそかぶってしまって申し訳ありませんT▽T。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。