ここから本文です

気管切開中の呼吸管理、酸素投与について。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

eee_ri_koooさん

2010/4/822:36:30

気管切開中の呼吸管理、酸素投与について。

呼吸器病棟で勤務している3年目看護師です。

気管切開している患者様が幾人かいるのですが…
一方はTピースで酸素投与をされており、
一方はトラキマスクで酸素投与をされております。

Tピース、トラキマスクの利点欠点がなんなのか、
どのような特徴の違いがあるのか…

参考書、インターネット、文献で調べても答えが見つかりません。

知恵をいただけるとありがたいです。
よろしくお願いします<m(__)m>

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
10,542
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

docterhawkさん

2010/4/1001:56:09

耳鼻科医です。

Tピースは気管切開孔に入っているカニューレが
Tピースの先にはまるようになっていなければ普通
使いません。従って通常はカフ付のカニューレ(商
品名ボーカレイトなど)を入れてそれにTピースを
つなぐ事になります。

一方、トラキアルマスクはカニューレの形を問わず
気管切開孔の上にかざしておけば済みます。
従ってカフなしカニューレでも用いる事が可能です。

Tピースとトラキアルマスクの違いは、供給源から
流れてくる加湿された酸素にどの程度室内の空気
が混じるか、という点です。
Tピースは50%O2が流れてきたら、基本的にその濃
度のまま気管内にO2が流れます。湿度も変わりま
せん。
トラキアルマスクは気管切開孔と酸素が流れてくる
チューブの出口の間にマスクの形のスペースがあり、
マスクに穴が空いていて外気が混入してきますので
気管内に入るO2濃度はO2供給源の濃度よりも
低くなります。室内の湿度が低ければ、気管内に
吸いこまれる空気の湿度も低くなります。

肺炎、肺水種などで高濃度の酸素を必要とする
状態ではTピースを用い、病状が改善して高濃度
である必要がなくなればトラキアルマスクを用います。
また、上気道閉塞のため気管切開が必要だが、
肺には問題はない、と言う場合、高濃度酸素は必
要ありませんので、最初からトラキアルマスクを用い
ます。

高濃度酸素を下気道へ確実に入れる必要性が高
ければTピース、そうでなければトラキアルマスク、と
おおざっぱに覚えればいいでしょう。

質問した人からのコメント

2010/4/13 14:01:24

わかりやすく解説していただきありがとうございました☆
看護師としてこれからも成長さていけるよう頑張ります(^_-)-☆

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する