ここから本文です

後藤組元組長が、創価学会との関係を綴った本を宝島社から出版したようですが、今...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

simoki_no_nekoさん

2010/5/2222:12:03

後藤組元組長が、創価学会との関係を綴った本を宝島社から出版したようですが、今後の展開を予想してください。

創価学会が、暴力団と言論戦を展開するのでしょうか?
それとも、黙殺でしょうか?

今日、買いに行きましたが、売れきれでした。

皆様のお考えを宜しくお願いします。

閲覧数:
435
回答数:
7
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hirota_deyoさん

2010/5/2313:56:49

「そういう事実はございません」

言論戦を展開したら、世間に知られてしまいますし、ボロもでてくる。
余計なことはいっさいいわないと思いますよ。
実際に週刊文春の取材でも、そう回答をよせています。

ちなみにこの本に書かれている内容では、暴力団と山崎正友の個人的な事件、つながりと判断するのは、間違えです。
なぜなら、山崎正友の「後任の担当者」の存在がかかれているのですよ。

当時、山崎正友は創価学会の顧問弁護士でしたが、後任の担当者も幹部であると思われます。=本の中では、実名は明らかにされていません。
週刊文春では、予想はしています。

裁判に訴えるというのは、あるかもしれない。
出版社はニュースソースを秘匿しますから、裁判になったら勝てませんので。
これは、いつもの創価学会の作戦でもありますよね。

質問した人からのコメント

2010/5/23 19:49:43

感謝 まあ、私の成りすまし質問をする人まで現れましたが・・・。
そうでしょうね。
実際に学会員さんの回答を拝見すると、後藤組組長への批判はありません。
アンチなる幻想に向かっています。
安全な敵ですね。
皆様有難うございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜5件/6件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2010/5/2317:23:54

別にどうもならないでしょう。

後藤組元組長が、創価学会との関係について、富士桜自然墓苑のことを書いているようですが、そもそもその問題は、墓苑建設に携わった開発会社の社長・日原某が、以前から親交があった元組長に、墓苑建設反対運動の「鎮圧」を依頼したことが発端ですが、そこに創価学会の関与は一切ありません。

また、墓苑建設で、日原某と創価学会側の代理人として接触したのが、元顧問弁護士・山崎正友。

山崎は、自らが経営する会社の赤字を補てんするために、墓苑開発で裏金をせしめたことが、すでに知られています。

その墓苑開発で山崎正友は、後藤組元組長と親しくなり、後々個人的にお世話になることになるのですが、元組長側から見れば、墓苑開発で学会側の代理人を務めていた山崎は、学会の代表であり、例え山崎が自分の個人的都合で裏金をせしめていた事実があるにしても、山崎が学会の意を受けて行動していたと思っていても、特に不自然なことではないでしょうね。




元組長が、著書の中で「創価学会との関係」と書いているのは、実は山崎正友との個人的関係を超えるものではないのです。


考えてみれば、参院選まであと2か月を切りました。

この時期に、このような本が出版されたのは、明らかに「選挙対策」ですね。

この本のことを、多くの学会員が知れば、創価学会は火の玉になって、参院選に臨むことになるでしょう。

そして、参院選の結果、アンチの方たちは地団駄を踏んで悔しがる(笑)

おまけです。

>なぜなら、山崎正友の「後任の担当者」の存在がかかれているのですよ。

こういうふうに、山崎正友の後任に、学会幹部が就任し、学会と暴力団との間に密接な関係があったかのように思わせるのが、、反学会マスコミの常とう手段です。

アンチ創価の方たちは、ここで話題になっている書籍について、著者が書いたままで出版されているとでも思っているのでしょうが、それは違います。

多くの著作の場合、出版社の意向で、編集者が原稿に手を加えることは常識です。

著者の原稿のままではインパクトが弱いと、デスク、あるいは編集長がが判断すれば、編集者が加筆して話を誇張・歪曲し、甚だしい場合は捏造までするのが当たり前のように行われており、そこが名誉棄損で告訴される原因になっているのです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2010/5/2301:43:58

言うまでも無く、ダンマリでしょう。

後藤氏の本の中で、池田センセーに対して「実弾」を使用した(けど、センセー本人には直接撃っていない)記述もありましたので、「言論戦」なんてまず無理でしょう。


「憚りながら」は本当に読んだ方が良い本だと思いますよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2010/5/2301:03:54

黙殺するだろうな。

下手に反応すると、関わりがあったと勘ぐられると
考えるだろうし、ばかばかしいから取り合わないと
でも言っておけば、内部的には言い訳が立つような
組織なんだろう。

↓下の人、最近こんなのが多いから気をつけよう。バクショバクショ

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/5/2300:44:12

↓ゴラァ〜真似ハン。。( ̄皿 ̄)バクショ

間違って、オメェ〜の質問に答えてしもたやんけ。。バクショバクショ

紛らわしい事するなだっぺ。。バクショ

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/5/2300:31:31

『憚りながら』(宝島社刊=5月15日発売)
ですよね。
黙殺するでしょう。
ますます創価が嫌になりました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する