ここから本文です

アコギ、クラシックギターの合板、単板の見分け方

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

guitarbaka2006さん

2010/6/2020:19:20

アコギ、クラシックギターの合板、単板の見分け方

どのように見分ければ良いか具体的な方法を教えてください。
できれば、表板と横・裏板に別けて教えてください。

またよく「われ止め」があるかどうか?が指標となるようですが、
このわれ止めとは、どのような部分で見分けるパーツなのでしょうか?

価格で言えば、横裏のローズウッド素材でも
合板と単板では、価格帯に大きな違いが生まれますが、
例5万程度⇔15万程度
合板と単板では、音質はかなり変わってくるでしょうか?

また、合板というのは、2枚の板をつなぎあわせたものを指すのでしょうか?
それとも2枚を層状に重ね合わせたものを指すのでしょうか?

閲覧数:
5,831
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/6/2022:17:28

合板、単板

表板(トップ)は、サウンドホールを見てください。円形に刳り抜いてあるよね?その切り口をみれば直ぐに分かる。その切り口の部分が「ベニヤ板」であれば、それは「合板」ですね。

それからね、側板とバックは、慣れないと観ても分かりませんよ、簡単には。一応、見分け方は、バックを例にとると、ギターの背後から木目をみて、特徴のある木目を発見したら、その同じ部分を今度はサウンドホールから覗いてみる。同じような木目が走っているようであれば、単板の可能性があるよね。でも、バックの木目と、サウンドホールから観た木目があまりにも違う場合は、まず合板です。
ギターの型番をメモして、それをネットで検索すると、単板か合板かの目安にはなりますね。直接メーカーにメールをして確認することも大事です。側板の判定も同じようにします。

合板は「ベニヤ板」のことですよ。

それからね、オール単板と、トップは単板だけど残りは合板ギターの違いは、音だけど、「重さ」も違いますよ。合板使用のものが重さがある。アコギの良し悪しは「持った瞬間に軽いな!」と思えるギターは、良い音がします。でも、合板を使用しているモノは「重さ」があり、それがサウンドの悪さにもつながる。さらに、合板というのは、「音を吸収」する性質があるので、それも、音がイマイチよくない原因でもあります。理想は、トップはしなやかさのある響板としての性質に優れたスプルース。しかし、バックはローズなどの「硬さのある」単板が理想(トップが増幅したサウンドを、バックが反響させるのです)。

さて、サイドも単板が理想ですが、これは案外「弱い」。板が割れてくる危険があります。マーチンは、経年変化で側板が割れることがあります。僕のアコギは、割れ止めには「布」が使用されていますよ。それを膠で接着して、側板の強度を確保していますね。だから、サイドにはあえて合板を使用する作家もいるようです。

品質を考えるならば、国産の「Kヤイリ」を推薦します。僕も所有していますが、音が美しいですよ。そして、オール単板で、この価格ですからね。バックがローズの場合には、15万前後では買えませんが、それ以外の樹種であれば、15万前後でもオール単板のアコギを購入できます。
http://www.yairi.co.jp/home.html
職人さんの集団です。一度楽器屋さんで、Kヤイリを演奏してみれば、その音の良さが分かるはずです。
それから、万が一壊れた場合は、吃驚するほどに安い値段で修理してくれます。

http://www.yairi.co.jp/cgi-bin/catalog/search.cgi?cmd=item&kind=nam...
15万前後。オール単板ですね。マホガニだけども。


**
中国産だけど、音がいいのは、アリアです。これは大穴。馬鹿にしてはいけない。目隠しして演奏したら、アリアだと判断できない人の方がおおい。


http://item.rakuten.co.jp/key/10009919/


**
お金がないが、単板が欲しい場合は
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=1007%5EZS10...
動画あります。

投稿画像

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

faestivaさん

2010/6/2021:02:21

裏板は、表面の木目が、サウンドホール内を覗き込んだときの木目と異なっているから簡単に見分けられます。
側板を見分けるのは、歯医者鏡かCCDカメラでもないと、外からは分らない。
割れ止めは側板整形を兼ねて施される充て木で、ある場合とない場合があり、場所も決まっていない。
あっても、サウンドホールを覗きこまないと見えないと思いますよ。

合板と単板ではやはり音質が違います。
が、5万円と15万円というのは、造りと材の品質そのものの相違を反映しており、合板と単板の価格差を反映したものではありません。
それと、一概に合板が悪いというわけではない。特にボディは天板ほどには重要ではありません。
合板の美点は薄くても強度を稼げることです。接着剤を非常に薄く均一に塗布して貼りあわされた薄い合板は、同じ強度を得るために厚め裁断された単板よりも、音響面で優れる場合もあります。
しかし、昨今のユーザーニーズは単板に偏っているので、良い技をもった職人は、先ず単板ギターの製作に追われます。
結果的に、合板物は未熟練の職工か、中国や東南アジア製になっている。それらの音が良くないものだから、単板ニーズを補強している、といったところでしょうか。

合板は、積層したものを言います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する