ここから本文です

ヤクルトとクロレラはどう違う?

khskh157さん

2010/8/922:28:52

ヤクルトとクロレラはどう違う?

味は同じですが・・・。
クロレラは、10本くらい入って、99円。
ヤクルトは、5本入りで177円など。
どう違うんですか?
やはり、高い方が体に良い成分が、一杯入っている?

閲覧数:
9,136
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

arararamamaさん

2010/8/1100:39:07

ヤクルトには「生きた」乳酸桿菌が150億個入っています。もともと人の体内にいる人腸菌を強化培養した菌が入っていて、生きて腸まで届き整腸作用が期待できます。
強化培養というのは胃酸や胆汁に負けないように鍛えることです。それによって生きて腸に届き、働いてくれるわけです。

安価な乳酸菌飲料は乳酸菌が死滅菌であったり、もしくは生きて腸に届くほど強くない菌、乳酸菌飲料に味を似せた物があります。

ヤクルトは研究でデータがきちんとでていますよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/8/1308:11:02

基本的に大した差はないと思います。
ヤクルトが高いのはヤクルトおばさんが販売してる価格が影響してます。
スーパーで安く売るとヤクルトおばさんの存在価値がなくなるので、スーパーでも値下げせず売っているのです。
10本で180円位が適正価格じゃないですか。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

samuiganaさん

2010/8/923:04:22

まず
販売元会社が違います


その安いクロレラには、普通の乳酸菌がいますがビフィズス菌はいません

ビフィズス菌は乳酸菌の一種ですが
乳酸菌を人工的に新種へ変えた物です
ビフィズス菌は、胃酸で死なないから腸まで届くとよく見るし聞くはずです

ヤクルトにはビフィズス菌が入っているに比べ
クロレラには入っていないので安いのです

クロレラ社の商品にもビフィズス菌が入った商品があります
そちらのほうが高くなってます

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する