ここから本文です

解決済みのQ&A

ジギタリス中毒とカリウムの関係について教えてください。

makoto_7_31さん

ジギタリス中毒とカリウムの関係について教えてください。

低アルブミン、低カリウムの状態ではジギタリス中毒になりやすいと伺いました。低カリウムだったのに高カリウムになりました。ジギタリスのどのような作用でカリウムの値が低から高値に変動するのでしょうか。高カリウムもジギタリス中毒と言えるのでしょうか。どうにもジギタリスの作用が理解できません。よろしくお教えお願いします。

補足
ありがとうございます。どうにもわかりづらいジギタリスの作用機所もわかりやすくご説明いただき助かりました。高カリウムになるということはジギタリス中毒としてかなり進行している、重篤と言えるのでしょうか。
  • 質問日時:
    2010/8/30 23:06:39
  • 解決日時:
    2010/9/14 08:27:05
  • 閲覧数:
    6,867
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

docterhawkさん

ジギタリスはNa/K ATP aseという能動輸送を担うタンパク質を
阻害します。このタンパク質は、細胞内のNaイオンを細胞外へ
細胞外のKイオンを細胞内へ交換的に運びます。
ジギタリスがN/K ATPaseを阻害すると細胞内のNa濃度が上
昇します。細胞膜にはNa/Ca交換チャネルというのもあって、細
胞内のCa1分子を細胞外へ、細胞外のNa2分子を細胞内へ
交換輸送しています。
細胞内のNa濃度が上昇するとNa/Ca交換チャネルは細胞内の
Naが上昇しすぎないようNa/Ca交換をとめます。その結果、細胞
内のCaが細胞外に輸送する働きが弱まり、細胞内のCa濃度が
高まります。
心筋細胞はCaによって収縮力をましますので、ジギタリスは細胞内
Caを上昇させることによって強心剤として働くのです。

腎臓の遠位尿細管にもNa/K交換ポンプ(ATPase)があります。
ここでは尿細管中の原尿からNaを血管内に再吸収し、血管内から
原尿中にKを分泌します。ジギタリスがここに作用すると、尿からのNa
吸収は低下し、K排泄が減少するため、血清中のKは上昇します。
副腎皮質ホルモンのアルドステロンは逆にNa再吸収・K排泄を促す
ためKは下がりますが、ジギタリスはその逆に働くわけです。
実はジギタリスはステロイドホルモンと構造が似ています。そのため、
女性ホルモン様の女性化乳房などの副作用が出る事があるのです。

低カリウム血症の状態でジギタリス中毒が起こりやすい機序は、細胞
内K濃度が低下した状態(ジギタリスが過度に効いている)で細胞外
K濃度が下がると、膜電位が上昇して不整脈を起こしやすくなる
(=ジギタリス中毒)というものだったように記憶しています(ちょっとここは
自信がありません。間違っていたらごめんなさい)。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する