ここから本文です

ギブソンヘッド エピフォンについて エピフォンを日本で作り始めた頃のモデル

yellowheart145yさん

2010/9/223:36:55

ギブソンヘッド エピフォンについて

エピフォンを日本で作り始めた頃のモデル

たびたびお世話になります。先日質問したギブソンヘッドのエピフォンレスポールカスタムについてエピフォンを日本で作り始めた頃のモデルという回答を頂きました。
やはり惜しむくらい良いものだったのでしょうか?

そこでまた気になったのですが、もうこのモデルは結構出回らないのでしょうか?
当時の定価や実売価格、どこの会社が作ったのか、日本製だから作りがよかったよなど色々知っている方がいたら教えていただけないでしょうか?

ギブソンヘッド エピフォン,エピフォンレスポールカスタム,エピフォン,日本製,エピフォンブランド,ギブソン,モデルたびたびお世話

閲覧数:
13,002
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/9/303:25:50

ご質問にある「エピフォンを日本で作り始めた頃のモデル」というのは
表現としていささか正確さを欠き、誤解を招く表現だと思います。

ニューヨークのエピフォンを買収したギブソンがエピフォンブランドの
楽器をカラマズーのギブソンの工場で作り始めたのが1958年ごろとか。
60年代初頭にはニューヨークの工房も閉鎖し(ニューヨークに残った職人が
中心となってギルドが設立される)60年代末をもって一旦アメリカでの
エピフォンブランドの製品の生産を中止し、1970年から日本での
エピフォンの生産が始まるのでその楽器が製造される恐らく
30年ほど前から「エピフォンは日本で作られている」ということです。

当時の製造はマツモク工業で配給は荒井貿易、製造中止していた
カジノが日本で生産され発売されるのは1976年ごろのこと。

1980年ごろには古くからのギブソンの正規輸入元だった荒井貿易を中心に
神田商会、日本楽器(ヤマハ)の三社により日本ギブソンが設立されるが、

1985年にノーリンからギブソンを買収した現在の経営陣は1987年に
日本の総代理店契約をフェンダーの輸入販売などで実績のある
山野楽器と結び、同年山野楽器は日本のギブソンコピーの氾濫への
対抗策として日本国内限定ながらオービル・(バイ・ギブソン)ブランドの
ギブソンのお墨付きのコピーモデルの楽器を国内市場に投入する。
製造は品質に定評のある寺田楽器と富士弦楽器(フジゲン)、
ちなみにこの年に十数年にわたってエピフォンブランドの楽器を
作ってきたマツモク工業は解散して廃業している。

そしてここからがいよいよ本題。山野楽器は1998年にオービル・ブランドを
廃止して日本国内向けにもギブソンコピーの楽器は海外市場向けと同じ
エピフォン・ブランドに統一、

質問された方が買い損なった楽器は「国内専用のオービルを廃して
全世界統一のエピフォンにブランドを統一して流通し始めた頃のモデル」と
言うほうがベター。

ご質問とは直接関係ありませんが参考までにオービルについて
リンクを張っておきます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1242579747
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1333225363

オービルの最終期はエピフォン・ジャパンのギブソンコピーと
直接関係してきます。簡単に言うとオービルのメイプルトップで
ローズ指板の68年型コピーのLPC-75、オール・マホ・ボディで
エボニー指板の57年型コピー(ただし2PU)のLPC-85が
そのまま型番を5づつ増やしてエピフォンのカタログにLPC-80、
LPC-90として載るのでおそらく品質はそのままでドサクサに
5千円づつ値上げをしたということでしょう。
定価は8万円と9万円ですね。そして57年型のLPC-90はカタログカラーは
エボニー(黒)のみですが、68年型のLPC-80はアンティック・ホワイトと
ワイン・レッドがあったようです。まあ、黒だと型番を示すシールがないと
見分けが付かないでしょう。

製造はオービルに引き続き寺田とフジゲンなのでWikiもEpiphoneよりも
http://en.wikipedia.org/wiki/Epiphone

Orville by Gibsonのほうがシリアルの読み方など参考になるでしょう。
http://en.wikipedia.org/wiki/Orville_by_Gibson

惜しむくらい良いかどうかは、人それぞれでしょうが、エピフォンに拘らなくても
むしろオービルのほうが人気があるでしょうし、例えばそのエピフォンを
作っていた富士弦楽器が製造した70年代後半から80年代前半のグレコのほうが
希少価値もあるでしょう。

ヘッドストックのデザインの変わったエリーティストを別にしても前はオービルから
後ろはエピフォン・エリートまでを射程に入れれば出物は見つかるとは思いますよ。

なお、1982年ごろから韓国でもエピフォンの生産が始まり、私が回答する前に
BAが選ばれて指摘して注意するjことが出来なかったのですが下の質問の画像の
微妙にオープンブックのシルエットがひしゃげた楽器は1989年の韓国製。
注意してください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1434444654

ご質問にある「エピフォンを日本で作り始めた頃のモデル」というのは...

質問した人からのコメント

2010/9/3 22:41:52

成功 どちらの方も素晴らしい回答ありがとうございました!より正確に質問内容にそっていただけた方にBAで!ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

frycrybabyさん

編集あり2010/9/300:07:46

ホントそっくりですね。
惜しむか???と言われれば。
全く惜しくないです。
所詮コピー。
エピの日本製で欲しいのはカジノかなぁ。。。。。
これは330のコピーらしいが、本家Gibsonより良いらしい。。。。。


Epiphone Elitistは今も日本製かと。
寺田楽器で製造してると思います。


>日本製だから作りがよかったよなど

Gibsonは作り悪いよ。
塗装もいい加減だし、丁寧とはかけ離れた作りです。
画像のとは別にカスタムショップ製のも持ってるけど、酷いよ。
作りが良いのと、音が良いは違うんだなぁ。。。と実感しますよ。


んな希少だとか、作りが良いとか気にせず、思い切り弾き倒して下さい。
その方がずっとギターは幸せでしょう。
たとえGibsonが将来手に入っても、こいつは手放せないって言えるくらい好きになれば、誰も文句言わないです。
どんな音が、そのエピから出せるか?が全てだと私は思います。

ホントそっくりですね。
惜しむか???と言われれば。
全く惜しくないです。
所詮コピー。...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。