ここから本文です

〈薬局の薬学管理料について〉 医療費を少しでも抑えたいと思い、基準調剤1の遠い...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

sourpickledlimeさん

2010/9/3016:35:37

〈薬局の薬学管理料について〉
医療費を少しでも抑えたいと思い、基準調剤1の遠い薬局まで薬を買いに行きました。そこで、「薬学管理料は要りません。」と言うと・・・

薬局の薬剤師が、「薬学管理は、厚労省で薬指導されているのですよ!」と偉そうに言われ、しぶしぶ、明細から薬学管理料を抜いたのですが、すごく待たされました。さらに、支払いの時に領収書はくれたのですが、明細をくれなかったので、「ください」と言うと、「明細は要るんやね!明細も薬学管理料に入ってるんですよ!」とまた偉そうに言われ、明細を投げるように渡されました。でも、明細が薬学管理料には含まれるという薬局の主張は間違ってますよね?私は医師・薬剤師ではありませんが、医療従事者なので、薬学管理料はなおさら要らないです。そこで、この件について厚労省に問い合わせたいのですが、どの部署に問い合わせたらよいでしょうか?今後この薬局に行った時、どう言い返せばいいかと悩んでます。

補足その薬局に薬学管理量はいくらかと尋ねると100点と言ってました。30点とは言ってませんでした。大きい薬局なので、基本調剤料?だったかが40点ですが、基準調剤2の薬局60点より薬学管理料を加算するとさらに高くなってしまいます。

閲覧数:
9,098
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/10/411:17:30

問い合わせをするとしたら、各都道府県にある厚生局の医療指導また医療監査を行ってる部署に聞くのが良いです。
ただ、お薬手帳は患者さんから不要と言われれば当然算定できませんが、薬学管理料はいくら薬学管理はいらないと言われても、処方箋を受け付け調剤を行う以上、薬局は他の患者さんと同じように管理をしなければならないので、算定します。
薬学管理料を算定しないのであれば、患者さんのアレルギーの確認、併用薬の確認、副作用歴、薬の服用方法の説明、副作用が出た場合の初期症状、そういう場合どうすれば良いかのアドバイスなど一切の説明をすることはできなくなります。
それを承知のうえで、相互作用による重篤な副作用、アレルギーショック等出た場合、一切薬局に責任を問わないと言うのであれば算定しないというのも可能だと思います。
私の薬局でもしあなたのような患者さんがいらっしゃれば、上記を納得のうえ算定しないこともかのうですが、ここまで説明すると納得して頂き算定することに同意していただいています。
基準調剤加算を算定している薬局は24時間処方箋応需は勿論、問い合わせにも対応しなければならないので、深夜、早朝など何かあればいつでも薬剤師に相談できるので、算定してない薬局よりは患者さんのメリットは大きいですよ。

補足を拝見して
薬学管理料(正式名称:薬剤服用歴管理指導料)は国が定めており全国どこでも30点です。これにお薬手帳(薬剤情報提供料)の15点を加えても45点です。通常はこれが限度です。
100点となればおそらくありとあらゆる加算点数を算定して非常にグレー(不正請求に近い)な算定を行い請求している可能性がありますよ。
管理料の項目を加算し100点近くにするには、まず、長期投薬情報提供料18点、服薬情報提供料(これは処方医に提供)15点、服薬指導内容の情報提供(処方医に提供)15点も算定すれば93点となり、100点近いです。
しかし、長期、服薬情報、服薬指導情報の加算は全て患者さんの同意が必要なので勝手に算定できません。
ですから、通常、患者さんが知らないうちに100点も加算するなんてあり得ません。
是非、領収書をこまかく見てください。医療従事者であればだいたいあわかると思います。
もしそこに加算点数の内訳が記載されていなければ、薬局にお願いし、さらに詳しい加算項目の明細を出して貰い、納得いかない、疑問に感じることがあれば、厚生局の都道府県事務所に連絡をし相談することをお勧めします。

質問した人からのコメント

2010/10/6 13:02:31

降参 皆様、丁寧な回答ありがとうございました。全ての方をベストアンサーとしたいのですが、一人しか選べないので、問合せの場所を書いていただいたminminkminminに決定させていただきました。その基準調剤1の薬局で文句をすごく言われましたが、薬学管理料は算定されませんでした。でも次回から行きにくいので、基準調剤2の別の薬局に行きました。こちらは管理料をはずすことに文句は言われませんでした。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mayu_mayu27さん

編集あり2010/10/312:41:53

薬剤服用歴管理指導料の30点ですね?

確かに、この30点は「管理なんかいらない。薬情もいらない。薬の説明もいらない。服用方法も聞かない。なので算定しないで」と強く言えば、算定不可の項目です。あくまでこの算定不可は厚労省の話ではなく、全て仕事をやった上での算定という事なので、仕事を欠いているのであれば算定はしにくい、という解釈です。厚労省は「算定」以前に、薬局としての管理、うんぬんはしなければならない、が大前提です。

なので患者さんに「算定するな」と言われれば、算定しにくい項目です。
ただ、薬局は算定しないので管理をしない訳には参りません。管理(カルテを作り、項目を埋める)をしなければ監査でやられてしまうので、結局管理自体は薬局は行うんですね。

診療報酬は実に納得のいかない項目が多いですが、医療機関にお勤めでしたら、特に病院は?という項目が医学管理料などでかかってきますよね。ちなみに当局では医師でも薬剤師でも算定しております。

ちなみに、当方は基準調剤加算は取っておりません。

<補足>
薬剤服用歴管理指導料のこの30点はまだ外せる見込みはありますが、それ以外も外せと言われたのですか?
「薬学管理料」を全て外せと・・・?
それは厚生労働省に問い合わせても「無理」と言われるでしょうね。
薬局はそういう事が全て揃って初めて厚生労働省に経営の許可をもらっている訳で、厚生労働省も許可を与えている薬局にはこれらを算定する「許可」を与えています。それを患者さんがいくら「払わない」と言っても払う必要が生じてきます。払いたくないのなら、自身で免許や許可を取ってお薬を仕入れて服用する事でしょうか。それに達するまで莫大なお金がかかるので、それを考慮して厚生労働省が加算事項を作っている訳です。それに習えない場合は、残念ながら健康保険をつかわないほうがいいですね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2010/10/313:47:46

薬学的管理料は不要というのは、病院で、自分のカルテは作ってくれなくて良いから、その分安くしろと言うのと同じことです。あなた個人が要らないと思っているかどうかに関わらず、薬局側には、記録管理しないといけない義務があります。つまり、そういった仕事も含めて、タダ働きしろと言うのと同じことです。

【追記】
薬学管理料は、必要最低限(通常患者さんの希望で付けたり外したりする点数ではない)のもので、30点のみです。それ以外に、お薬手帳の有無で15点付くか付かないか。100点も行くことは、特別な調剤が必要であり、かつ併用上の問題があったりして医師との連携が必要など、いくつかの特殊事例が重なった相当なレアケースです。おそらく、あなたの場合は該当しません。薬学管理料以外の、調剤技術料(調剤行為自体のコスト)もごっちゃになっているのかもしれませんね。その点に関しては、その薬局の言うことはテキトーかも。また、明細書の発行も、管理料とは無関係です。領収書と同じで、基本的には出すモノ。

薬学管理料のうちの30点に関しては、最低限必要なものとご理解下さい。薬歴という薬局版カルテの管理は、保険調剤の必須事項なんです。また、調剤技術料に含まれる、基本調剤料(受付料)と、調剤料(調剤行為自体の手間賃)、薬剤料(薬価ベース計算の薬代)も、相手が医師だろうが薬剤師だろうが、それ以上減らしようがありません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する