ここから本文です

解決済みのQ&A

ドクター中松は、何であんなに稼いでいるのですか?

fwkd9097さん

ドクター中松は、何であんなに稼いでいるのですか?

ドクター中松(中松義郎)は、ネット社会以前は「世界中から認められている偉大な発明家」と多くの人に思われていましたが、今は「まあまあの発明」もある半面、「つくり話」「誇大表現」などが多いことが知られています。となると、あれだけの稼ぎがどこから生まれてくるのか疑問です。実際の年収がどれだけあるのかわかりませんが、会員制高級スポーツクラブの会員であり、選挙に何度も出て落選してもへっちゃらなところをみると、少なくとも普通の家庭以上の稼ぎをあげているでしょう。発明家はロイヤリティーが収入源だと思われますが、何の発明品で稼ぎをあげているのでしょうか?

  • 質問日時:
    2010/10/11 21:37:42
  • 解決日時:
    2010/10/13 01:08:16
  • 閲覧数:
    11,602
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

nourider164さん

高額特許訴訟が相次いでいた時代に、フロッピーディスクを開発した当時のIBMが、基本特許が抵触する可能性のある事案を見つけ、それがドクター中松が学生時代に発明した磁気レコードだったんです。当時は特許訴訟で負けたミノルタカメラが4000億も取られた時代だったので、訴訟を恐れたIBMは数十億払って特許権を買ってくれたんです。それ以降なんだか発明王みたいにもてはやされちゃって講演すりゃ高額ギャラがもらえる美味しい文化人になったんです。

例えて言えば目をつぶってフルスイングしたらホームランになっちゃったって状態。しかも本人はダッターボックスに立っている事すら知らなかった。

人生いろいろですなぁ。

質問した人からのお礼

  • お二方、回答ありがとうございます。あの特許の件でIBMからそんなにもらったんですか! マグレあたりをした方なわけですな。
  • コメント日時:2010/10/13 01:08:16

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

thor1203さん

灯油ポンプとかフロッピーディスクの特許料で結構収入があるんでしょうね。
今では殆ど使われなくなった、とは言っても一部にはまだまだ需要がありますから。

ちなみにフロッピーディスクの中松氏の特許は、ディスクそのものではなく構造の仕様がディスクにも使われているというナカビゾンという磁気シートの事です。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する