ここから本文です

【中三高校受験 奨学金について】

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

team1115moeさん

2010/10/2100:46:07

【中三高校受験 奨学金について】

はじめまして、こんにちは。
私は、東京都の女子美術大学付属高等学校にいきたいなって思って勉強してきました。
だけど、ここにきて、父親が「都立にいけ!」と第一志望の女子美を猛反対してきました。
私は第一、二志望の高校は全て私立で、都立は第三志望でそれでも試験の教科は三教科でした。
なので理社の勉強は全くといっていいほどしていません。
それに、そう簡単に今まで目指していた女子美を諦められません。
親は経済的に危ないからと言っていたので私は「奨学金はだめなのか」と聞いたら父親は聞く耳をもちません。
父親は単身赴任なのでたまにしか帰って来れなくて話し合う機会も全然ありません。
私は成績が優秀でもないですが、女子美では【奨学金制度】として【修学の意志がありながら経済的に困難となった生徒に対し卒業時まで生徒を支援できるいろいろな奨学金制度を用意しています。】と書いてありました。
どれぐらいかはまだわかりませんが、まずは親ときっちりゆっくり話したいのに「また今度」といってすぐにどっか行ったりします。
なんだか、これにより勉強のやる気もなくしてしまい、このままでは前に進めないと思い始めています。

質問内容は↓
・親とどう時間をつくったり、話し合えば、きちんと聞いてくれるか
・奨学金について詳しく教えて欲しい
・こういうとき、どうするべきか


皆さんのは参考程度にし、最後の行動の決断は私がするのでたくさんの答えを待ってます。
困っています、助けてください!

閲覧数:
7,504
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/10/2523:42:43

1.
まずは、補助、奨学金(返済義務あり)について考えてみましょう。

東京都に住み、都内の私立高校に通う場合は、①と②を併用できます。

①「高校就学支援金」
所得に応じて、年間12万円弱~24万円弱が支給されます。(授業料に充当されます)
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/shigaku/shienkin/index0.htm

②「私立高校等授業料軽減補助」
所得が厳しい世帯に対して、年間10万円弱の補助があります。
http://www.shigaku-tokyo.or.jp/pa_jugyoryo.html

さらに、貸与制の奨学金を検討します。

③「東京都育英資金」
月額3万5千円の貸与。年間で42万円の貸与になります。貸与という言葉がある通り、将来は返済する義務があります。
http://www.shigaku-tokyo.or.jp/pa_ikuei.html

世帯の年収が350万円を下回るのなら、27万円の補助に加えて42万円の奨学金で年間70万円相当までは大丈夫ということになります。

一方、女子美術大学付属高校の授業料などは、年間80万円ですね。美術の高校ですから、どうしても授業料などは高くなってしまいます。他に、制服・教科書・画材などの費用もかかりますし(これは公立高校も同じですね)、通学定期代がかかります。
http://www.tokyoshigaku.com/school/?no=112804

まずは、保護者の方に①と②の計算をしてもらってください。世帯の所得にもよりますが、22~27万円相当の補助は受けられると思います。そうすると、本気で美術の勉強をしたいのなら奨学金を借り、年間で65万円までは手当てできると思います。あと足らない分(3年間で70万円+定期代)が3年間で100万円ぐらいになるのかな。これぐらいの金額を、保護者の方にお願いすることになります。


2.
ただね、美大附属高校に通うだけで大丈夫なの? 他に美大に向けた塾に通わなくてもいいの? 逆に考えれば、公立高校+美大受験の予備校(講習会)というセットではダメなのかな? 都立総合芸術高校も3教科だよ。総合芸術高校に通いながら、美大受験の塾を考えるという選択肢も考えて欲しいなぁと思います。

いろいろ考える話がありますね。最後は、保護者の方にお願いすることになりますが、まずはどのくらい補助があるかですよね。お父さんにここを読んでもらうなどしてもらって、補助の金額を算出しましょう。話はそれからですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

azaemnaosさん

2010/10/2318:44:58

こんばんは!付属に通う中2です!

・親とどう時間をつくったり、話し合えば、きちんと聞いてくれるか

まず質問者さんは美術は好きでしょうか?
そのことからお父さまに伝えてみてはいかがでしょうか?

・奨学金について詳しく教えて欲しい
私もよくわからないのですが要は借金、、、でしょうか?

・こういうとき、どうするべきか

しつこくアタックですね、、、
あなたのお父様は自分の子供がやりたくないことを無理にやらせる親ではないと思います。
何回も言ってみてください。
説明会も行ってみるといいですよ♪
公開授業もあります!

ぜひ、どうぞ☆

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

anzuu_ameさん

2010/10/2111:56:39

【奨学金制度】として【修学の意志がありながら経済的に困難となった生徒に対し卒業時まで生徒を支援できるいろいろな奨学金制度を用意しています。】

というのは、どこの学校でも用意しています。

あなたの親の収入が基準よりも多い場合には、奨学金は貸与してもらえません。
お金はあるけど、出したくない、はダメです。

親と話すことは、本当にお金がないのか。
それとも、そこまでお金を出したくないだけなのか。
そして自分の希望を熱意をもって話してみる。
それでもダメならば、親にお金を出してもらう間は、親の言う通りにするしかないでしょう。
高校は公立へ進学。
その先、大学や専門学校に進学する際、親が費用を出してくれない時には、
自分で奨学金を借り、アルバイトもして全額自分で払う覚悟で。

ちなみに、うちでは大学進学のために予算はとってありますが、
予算オーバーの大学に進学の場合には、自分で奨学金を借りて返すことにするつもりです。
どうしても自分が行きたいのなら、あきらめずにそれぐらいはしないと。
大学の奨学金は、経済的に裕福ても利子つきのものなら、上限いっぱいまで借りられます。
しかし、結局は借金ですから、働きながら10年近く返済するのは、結構たいへんです。

女子美を卒業して、就職できなかった人を知っています。

他の美大では、みな試験で入ってくるのに、高校からそのまま附属に進学では、
やはりほかに大学と比べて実力的に?なのかもしれませんね。

経済的事情で、希望のところに進学できなかったという人は、たくさんいますよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

honnedetalkさん

2010/10/2103:23:35

・奨学金について
簡単に行ってしまえば借金です。貸してもらえますが返さなくてはいけません。

ここから話は質問の趣旨と外れますが、現実的な話をさせてください
女子美付属高校の学費は3年間でだいたい260万円程度します。
都立の学校ならば、ニュースでもやっていますように、これが0円になります。
あなたがお父さんの反対を押し切って女子美に行くというならば
この260万円を奨学金で借りるとして、卒業後は自力で返済していくのが筋というものでしょう。
ちなみにエスカレーターで大学に上がったとして、大学の方は年額で300万円程度します。
4年間で1000万円は覚悟してください。これもご自分で返せますか?

美術系の学校はとにかくやたらと金がかかります。
学費以外にも備品で次から次へと金が飛んでいきます。
あなたがどれだけ女子美に思い入れがあるかは分かりません。
ただ、親としてもなんとなくで行かれてはたまったものではありません。
義務教育は中3で終わりです。あなたもこれらの現実を踏まえつつ
親御さんと話していかなければいけないと思いますよ。

都立にも芸術高校はあります。
また、美大には普通高校+美術予備校で入ってくる人も大勢います。
付属校にこだわることなく幅広い選択肢から検討していってください

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/10/2100:54:09

うーん…奨学金の制度は色々あるから直接、奨学金の所に聞くのが一番正解かもしれません。
でも…心配なのは、
●経済的に困難…が当てはまるか?(経済的に困難ではいが、家族が反対だから…、では、奨学金を借りる理由として認められるかどうか、

●奨学金の種類によっては、保証人がいるのがある、と聞いたことがあります。一般的には親がなると、考えると、理解がないと難しいかも…

お父さんとの連絡は手紙などはいかがでしょうか?

がんばって下さい!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する