ここから本文です

解決済みのQ&A

「特定疾患療養管理料」について

express_kitaguniさん

「特定疾患療養管理料」について

先日、家族が風邪をひいたので、診療所で診察を受けてきました。
「請求明細内訳書」を見せてもらったのですが、風邪で診療所にかかったはずなのに「特定疾患療養管理料」(診療所)225点が加算されていました。
風邪は、「特定疾患」に該当するのでしょうか?

心当たりとしては、過去数年前に、その診療所に肝機能障害で通院したことがあるくらいですが…。
家族に詳しく聞いたところ、今回の風邪の診察では肝機能障害のことについては、ひとことも触れられなかったそうです。

これって、診療所側の診療報酬の不正請求ではないでしょうか?

  • 質問日時:
    2010/10/25 17:42:17
  • 解決日時:
    2010/10/28 09:41:55
  • 閲覧数:
    3,778
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

ryu_sei_823さん

肝機能障害でも慢性の場合でないと特定疾患療養管理料は算定出来ません。
そして、肝機能障害の悪化を防ぐ為に日常生活の注意などを指導しなくては算定出来ません。
明細を持って行って病院にて確認される事をオススメ致します。
医師に直接の方が良いかも知れませんね。
事務員はカルテに沿って処理するだけなので…。


追記致します。

今回、風邪で通院されたとの事で初診料は取られていますか?
初診料を算定した日から1ヶ月以内は特定疾患療養管理料は取れない事になっていますので明細を確認してみて下さいね。
再診料を取られている場合は、病院は継続していると判断してるかも知れません。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 編集日時:2010/10/25 20:02:40
  • 回答日時:2010/10/25 19:51:56

質問した人からのお礼

  • 「請求明細内訳書」を家族に見せてもらったところ、初診ではなく再診となっていました。改めて家族に確認したんですが、やはり肝機能障害の件は一言も触れられていなかったそうです。病院側に苦情を言いたくても、カルテと個人情報を握っているのは病院側ですから、怖くて泣き寝入りするしかないのが実情です。
    何年も前に診断された肝機能障害が、今頃になって再診扱いで、しかも主訴の風邪としての診断に優越しているとは…。
  • コメント日時:2010/10/28 09:41:55

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

pontaro_mさん

医療事務ではないので、詳しくはないのですが、病院からの言い分としては、特定疾患が発症していないかを診たと言う事になるのでしょうか。
どうぞお大事になさってください。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する