ここから本文です

絵画における、パースとはどういうことを指すのですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

hand_limit_heightさん

2010/11/923:44:50

絵画における、パースとはどういうことを指すのですか?

閲覧数:
39,624
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アップロード写真

カテゴリマスター

shiro9ma531さん

編集あり2010/11/1001:10:52

hand_limit_heightさん絵画におけるパースとはどういうことを指すのですか?・・・・・・お知りになりたいのですね。

★☆★貴方がご質問された、『パース』という言葉の概念は、もともと英語のperspective(パースペクティブ)から来ています。
日本では英語に弱い国民性というのか、省略が好きな国民性で、長い英語などを短縮する傾向があります。

【・・例・・】
よく使う言葉に“リストラ”という首を意味した略語を使いますが、もともとは英語のrestructuring(リストラクチャ―リング)という言葉です。(意味も一部のみ強調して頻繁に使います・⇒本来は、再建する。不採算部分の部門の縮小などがもとも意味)
↓・↓・↓
つまり、質問の用語パースpersも略語で、perspective(パースペクティブ)のことで遠近法・透視法のことですよ。

≪その他の意味には:≫
*見取り図。
*視野、視角、(物の)見方のこと。
*全体の展望。
*写真撮影で使用したレンズの焦点距離の違いによって変化してみえる、写真像の遠近感のこと。

がありますが、絵画におけるパースとは、以下の様なことですよ。
・・・・・・・・・・・

★英語のパースペクティブの意味は:
①「遠近法」②「透視図法」③「透視図」などを総称して示す言葉(概念)です。

その概念の一部を利用して、特に、【日本では“遠近法”、“透視図”のことをパース(pers)と称する事が多いといえます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E8%BF%91%E6%B3%95

『遠近法』の特徴を挙げるとすれば、以下の2点です。

1).建物を観ても、同じ大きさ・長さの・太さの柱でも、見る側の人の視点から遠いほど小さく、より近くの柱ほど大きく描くことが遠近法である。

2).人間の特殊なものの見方や感じ方であるが、ある角度からの視線では物はひずんで見えるという特徴がある。 (これを短縮法と称する)
ことが挙げられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに、透視図法によらない遠近法の代表としては、近くを明確に描き遠くを不明瞭かつ沈んだ彩度で描く「空気遠近法」がある。・・・・・という説明も加えられている。


※※※絵画におけるパース(遠近法・透視図法)は、近代絵画の技法としてわが国にも影響を与えています。
また、パースについてはこの知恵袋の中でも、こんな質問があります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1348122178

「絵画において、線遠近法は大変重要で、パースが狂っていると、「ちょっと惜しい絵」と思ってしまいますが、パースが整いすぎている絵もなんとなく味気なく感じます。皆さんはどう思われますか?」

★☆BAに選ばれた回答者のアンサーは、貴方にも参考になると思いますよ。★☆ ⇔ 是非読まれて、パースの認識を高めてください。

**************
参考となるサイトや本です。

http://www.weblio.jp/content/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%94%BB

②一点、もしくは二点透視図法における、底面になる「正確な正方形」の描き方と一辺の「高さ」の求め方(もしくは描き方)は、http://www.7andy.jp/books/detail/?accd=31406969
『パース!マンガでわかる遠近法 デヴィッド&マグといっしょにパースのアドベンチャーワールドに出かけよう!』
★★★★★ 著者/訳者:デヴィッド・チェルシー/著 みつじまちこ/訳 ::出版社名 マール社 ・・販売価格 1,680円

http://pers.fwood2.com/
http://pers.fwood2.com/2007/03/blog-post.html

・・・・・・・・・・・・・・・
こんなところでご理解ください・

質問した人からのコメント

2010/11/11 21:12:28

とても良い回答していただき、有難うございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chou2ryuさん

2010/11/1019:19:16

難しい説明はほかの回答者にまかせて。

奥行きをあらわした、こんな絵です。

投稿画像

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アップロード写真

カテゴリマスター

編集あり2010/11/1000:14:31

パースはパースペクティブの略で、そのまま遠近法の事を示します。

絵画に於ける遠近法には、建築などにも使われる一般的な「透視図法」に加え「空気遠近法」や「色遠近法」などが代表的ですが、無意識のうちに使っている重なりによる遠近、画面の上下の遠近、あるいは逆遠近法などというものもあります。

「透視図法」 建築物や立体が消失点に向かって遠くに行くほど小さく描かれる技法。一点透視図法、二点透視図法、三点透視図法など。

「空気遠近法」 遠くのものほど彩度が低くまた明暗のコントラストを弱く描く技法。

「色遠近法」 色彩の違いからくる強弱によって、物体の前後を表現する技法。

「重なりによる遠近」 手前のモノの輪郭が奥のモノの輪郭の上に重なる遠近法。

「画面の上下の遠近法」 画面の下に描かれたものほど近く、上に描かれたものが遠くに感じる人間の感覚を利用した技法。

「逆遠近法」近くのものが小さく、遠くのものが大きく描かれる絵画独特の技法で、大きなものがより強調される技法。



色々と分析し分類するとこの他にも色々な技法があります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する