ここから本文です

解決済みのQ&A

看護師です。先日 心臓血管外科のOPE後患者を見ました。OPEはCABGです。いつも沢山...

mr_relax21さん

看護師です。先日 心臓血管外科のOPE後患者を見ました。OPEはCABGです。いつも沢山のシリンジがついて帰ってきます。

OPE後数日でペルジピン(降圧剤)とイノバン(昇圧剤)を併用していました。経過は長文になりますので省略しますが、どの様な場合に併用するのか教えてください。

  • 質問日時:
    2010/11/21 11:45:56
  • 解決日時:
    2010/11/22 00:03:01
  • 閲覧数:
    1,415
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

mskzhana31gさん

どちらも術後心機能の補助の目的かも知れませんね。

イノバンは分類上では昇圧剤になりますが、実際には心臓の収縮力を高めてポンプ機能を向上させる目的に使われることが多いです。つまり昇圧剤というより強心剤としての使用です。
ペルジピンはCa拮抗剤ですから、血管拡張による降圧作用があります。血管拡張により心臓のいわゆる後負荷が減りますから、これも心臓機能回復の一助となるはずです。
ただし、過度の降圧には困りますから、このような併用のケースはたぶん元々高血圧の患者さんの場合が多いのではないでしょうか。

同じCa拮抗剤としてヘルベッサーを用いるケースも多いと思います。こちらのほうが冠動脈拡張作用も強いので、より適しているかも知れません。が、徐脈傾向が強い場合には使いづらいと思います。(ペルジピンは徐脈悪化の恐れが少ないです)

追加:ペルジピンの内服薬はCa拮抗剤のなかでも脳血流によい?とかで脳梗塞後にもよく使われていたかと思います。ですからそのような既往のある場合にも好まれるかも知れませんね。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 編集日時:2010/11/21 21:48:08
  • 回答日時:2010/11/21 13:38:57

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

cherry79yummyさん

きちんとお答えするつもりだったのですが、mskzhana31gさんのお答え以上に付け加えることがなかったので。

ドパミンは単純に昇圧作用を期待するだけではなく、心収縮力を高める強心作用もあるということが、この状態を理解するポイントではないでしょうか。

kamemi_weekさん

イノバンは 使用量にもよるけど 1.5γ位なら 利尿作用もありますよ。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2010/11/21 13:55:58

sinsendaikiさん

ただ、術後の血圧コントロールで併用してるのではないかもしれないですね。

サリペックスは急性心不全の治療でも使われますし、副作用として過度の血圧低下がみられるので昇圧剤を使ってるのかもしれませんし・・・・・・・

僕もよくわからないので、主治医に聞かれるといいと思います。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する