ここから本文です

国語 表現技法 省略法、直喩法、隠喩法、擬人法の 意味、見分け方を教えてく...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

awry525さん

2010/11/2312:04:52

国語 表現技法

省略法、直喩法、隠喩法、擬人法の

意味、見分け方を教えてください

閲覧数:
5,080
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/11/2722:08:52

[省略法]
見分けるのはかなり難しいです。
ですがほかの文章でもうすでに使われている表現の場合、
それが省略されていることがあります。
例えば 「春はあけぼの」「夏は夜」の場合
この場合「をかし」「いふべきにあらず」「わろし」などの形容詞が来るのが適切ですが、
あえて省略することで文章を短くし時間を強調しているんですね。

[直喩法]
これはまぁコツを覚えれば簡単ですね。
「~のようだ」を使い表現する方法です。
例を言うならば
「私は宇宙人のようだ」みたいな感じです。

[隠喩]
↑とは逆に、「ようだ」を使わず何かにたとえて表現する方法です。
「ようだ」を隠しているので「隠」という文字がつかわれているんですね(は?
例文は
「私は星だ」「私は神だ」「あの人のあの食べっぷりはブラックホールだ」みたいな感じです。


[擬人法]
人でないものを人に例えていることですね。
ここで紛らわしいのが、人でないものが人の動作をすることも擬人法に分類されることです。
たとえば
「海は私にそっとささやいてくれた」
「若さは若さでしかない。時はそう言った。」こんなのも擬人です。



例文はちょっと変ですが、
インパクトがある例文のほうが勉強も楽しくなるし覚えやすいのでいいんですよ、これで(

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する